コラム

 公開日: 2014-07-05  最終更新日: 2016-06-19

【開発秘話】なぜ?レアメタル(希少金属)の結婚指輪を作ろうと思ったのか。

指輪の制作を通して、かけがえのない体験と、愛と進化の物語を分かち合うのが、僕の仕事です。

具体的には、金属アレルギーにならない素材であるタンタルやハフニウムというレアメタル素材で、金属アレルギーの心配がなくて、ずっと身につけても安心な結婚指輪の制作に力を入れています。


では、どうしてこのようなレアメタルの指輪を作るようになったのか?

今日は、この仕事を始めることになった、きっかけのお話をしたいと思います。


なぜレアメタルの指輪を作るようになったのか?


僕は、昔からずっと、

「なぜ、ジュエリーは金とプラチナの2つの選択肢しかないのだろう?」

「金やプラチナよりも、もっといい素材はないものか?」

と疑問に思ってきました。


実際に、金属の性質をよく研究し、探求してみると、

すべての金属の中で最も黒い金属・タンタル
(元素記号Ta 原子番号73)

すべての金属の中で最も重く、最も希少な貴金属イリジウム、
(元素記号Ir 原子番号77)

金属自体がいろとりどりの美しい発色をする金属・ジルコニウムや
(元素記号Zr 原子番号40)

ジルコニウムと同じ仲間で、白く美しく輝くハフニウムや
(元素記号Hf 原子番号72)

軽くて丈夫なチタンなど、
(元素記号Ti 原子番号22)

指輪制作に使える金属素材は、金とプラチナだけではなく、他にもたくさんの選択肢がある事が分かってきました。

しかも、これらはどれも、金やプラチナ以上に金属アレルギーの心配が無く、強くて丈夫な素材でもあるのです。美しさの点でも退けをとりません。

イリジウムの指輪

他にも、ニオブやバナジウム、ルテニウム、パラジウム、タングステンのような珍しいレアメタルも、美しい指輪として開発してきました。


情報発信をはじめて


そんなレアメタルの指輪を独自に開発・研究してきましたが、当初は、まさか、こんなに購入を希望される方が多くなるとは予想もしていませんでした。

なぜなら、当初は自分が美しいと思うものを一生懸命作っていただけでしたし、むしろこういう珍しいものの価値は、分かる人にだけ分かればいい、とさえ思っていました。


ところが、そんな制作秘話や、僕が面白いと考えるレアメタル素材の特殊な性質など、マニアックな情報をこのブログを通して情報発信するうちに、国の某機関の方や、物質材料研究所の方、エネルギー関連の研究・流通を考えている方、京都大学大学院で化学を専攻されていた方、人工衛星のパーツを作っている方、等々、特殊な分野の、面白い方々が訪ねて来てくださるようになり、

「じぶんたちの結婚指輪をレアメタルで作ってほしい」
という依頼もたくさんいただくようになりました。


世界のほかのどこにもない物語や知識を分かち合うことで、世界がじぶんのほうに近づいてきてくれる、

しかも、この仕事は、人から感謝され、幸せになっていただける、という素晴らしい仕事だということに気づきました。


転機


こうして、進んできたのですが、もうひとつの転機が訪れました。

それは、当時大事にしていた女性(現在は妻)との出会いです。

出会ってすぐ、彼女が金属アレルギーに悩んでいる、ということを聞いたとき、自分が作っているタンタルやハフニウムの指輪が金属アレルギーに悩んでいる人の役に立てることに、はじめて気づいたのです。

タンタルやハフニウムが金属アレルギーの心配がないことは、もちろんよく調べて知ってはいましたが、それは当たり前すぎて、悩んでいる人の役に立つなんて、意識をしていなかったのです。

それから、金属アレルギーについての知識や解決策を情報発信するようになり、いまでは、金属アレルギーに悩む方が、南は沖縄や鹿児島、北は北海道、さらにはシンガポールや韓国から、多くの方からお問い合わせをいただくようになりました。

喜びの声もたくさんいただいています。


代官山の工房


工房は、代官山にあるのですが、工房内には独自に開発した加工機器類などが並んでおり、秘密事項を多く含んでおりますので工房内部は公開しておりません。

ですので普段は、代官山までお越しいただける方とは、工房の近くの代官山駅前のカフェで、お打ち合わせをさせていただいております。また、代官山まで来られない方とはメールのやり取りと試作の制作を行なって、遠方からでもご注文いただけるように運営の工夫をしています。

タンタル、ハフニウムなどは(イリジウムも)材料費が高価なので、店舗を構えずブログとホームページのみで運営することによって、なるべく価格は抑えるようにしています。

店舗があったら気軽に立ち寄れていいのに、というお声もいただくのですが、一般の宝飾品のように実際の価格の中に店舗の家賃がかなりの割合を占めることは避けたいので、今の運営スタイルをとっています。

代官山は、カフェの雰囲気がとてもいいので、カフェでの打ち合わせは、自由な雰囲気です。

代官山で打ち合わせ


広告宣伝費も、ブログがメインですので、ほとんどかかっていません。通常の宝飾店では広告費と販売コストの比率は販売価格の40%以上ですから、大きな違いだと思います。

また、インターネットで結婚指輪をご注文(お問い合わせ)いただくのは、信頼性の点でも心配があるかと思いますので、なるべく僕の顔が見えるようにし、制作の裏側や人となりが透けて見えるように工夫しております。

ですので、ご注文の際はお問い合わせいただく必要があり、すこしだけお手間をいただくのですが、上記のような理由ですのでご了承いただきたく思います。


以上、僕がレアメタルの指輪を作ってきた、これまでの立ち上げ以来のお話をさせていただきました。


ほかのどこにもない価値をお届けさせていただけることを嬉しく思っています。


お問い合わせはこちらからどうぞ!

↓    ↓

金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2016年・2017年、年末年始も休まず営業いたします。

気付けば今年もあと2ヶ月。 つい先日まで真夏だったはずなのに、急に冬の訪れを予感するような、そんな季節に...

[ 営業日・営業時間 ]

鍼灸によるヒフの炎症。金属アレルギーかも。

鍼灸治療とは東洋医学で用いられる治療法のひとつで、鍼や灸で体表のツボから刺激を与え、さまざまな病気を改善し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

じんましんの原因は何?金属アレルギーかも

突然、蚊に刺されたような大小の赤い発疹が発症し、強いかゆみが起こるじんましん。その特徴は全身のあちこちに現...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

結婚指輪も気をつけなければいけないアトピーの症状

アトピー性皮膚炎は現代社会に増え続け、もはや国民病ともいえるアレルギー疾患です。子どもの時にかかって大...

[ 指輪とアレルギー ]

金属アレルギーと間違う主婦湿疹とは?

手は乾燥、水仕事、紫外線など常に刺激を受けやすく、またいろいろな物に触れる機会も多いので肌トラブルも発症し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ