コラム

 公開日: 2014-07-11  最終更新日: 2016-06-19

金属アレルギーでもつけられるピアスの選び方

「金属アレルギーでもつけられるピアスを教えて下さい。」

という質問をいただきました。


ピアスの場合、体に付けたキズに金属をこすりつける状態なわけですから、指輪の場合よりも、選ぶ素材には、気をつけなければなりません。

もちろん、金属が使われていないプラスチックのピアスを選ぶのも安全性の点ではいいのですが、どうしても安っぽい雰囲気になってしまうのは否めません。

やはり、宝石と組み合わせたりするには、金属の輝く雰囲気が似合いますよね。

ですので、今日は、金属アレルギーにならないピアスの選び方を、僕が13年以上研究を続けている金属工学的な見地から、書きたいと思います。


金属アレルギーとは?


こちらの記事、「金属アレルギーの方に朗報!金属アレルギーにならない結婚指輪」でも書いていますが、じつは、金属アレルギーの根本的な原因は、現代の医学でも見つかっていません。

詳しくは、「金属アレルギーの方に朗報!金属アレルギーにならない結婚指輪」をお読みください。


チタン製のピアスは安心?


それで、市販品の中から選ぶ場合は、金属アレルギーの心配が少ないと言われるチタンを選ぶといいのですが、世の中に出回っている「チタンピアス」と呼ばれるものは、ポストの部分はチタンでもキャッチの部分は別の金属だったりするので注意が必要です。

そして、時々、チタンでないものもチタンと言って売られていることもあるので、ヒドいものです。

実際、アマゾンで「チタン ピアス」と検索してヒットする製品も、よくよく書いてある文章を読むと、ポストはチタンだけれど、ヘッドは真鍮だったり、キャッチはステンレスだったり、そんなものばかりです。

これには理由があります。それはなぜかというと、特にキャッチの部分などは、複雑な形状のプレス加工で作る必要があるので、プレス加工が難しいチタンが使われることはほとんどありません。


真鍮、サージカルステンレスには注意!


上記の理由で、ピアスのキャッチの部分は、プレス加工が簡単なサージカルステンレス(鉄×クロム×ニッケル合金)やシルバー(銀×銅合金)、真鍮(銅×亜鉛合金)、洋白(銅×ニッケル合金)にロジウムメッキを掛けたもので作ってあることが多いです。

ニッケルと言えば、金属アレルギーの大元みたいな金属ですし、アルミニウムや亜鉛や銅も溶け出してイオン化しやすいので、そんな金属で出来たピアスを着ければ、アレルギー反応が出て、かゆくなる事はあたりまえでしょう。

医療用ステンレスと言われるサージカルステンレスも、所詮はステンレススティールです。組成は、鉄とクロムとニッケルですから、金属学的に言ったら、これで医療用として大丈夫、と言われているのが信じられないくらいです。

ですので、ピアスの材質を見て、「真鍮」、「ステンレス」、「クロム」と書いてあるものは避けたほうがいいです。「ロジウムメッキ」と書いてあるものもありますが、ロジウムは金属アレルギーの心配が少なくても、メッキはすぐにはがれる上にロジウムメッキには必ずニッケルメッキが下地で施されていますので気をつけましょう。

ちなみにチタン合金も世の中に出回っていますが、多いのは形状記憶合金であるチタン×ニッケル合金や、強度が高いチタン×アルミニウム×バナジウム合金であり、ニッケルやアルミニウムが含まれているものは、金属アレルギーの原因になります。

やはり、純チタンが安全です。


オール純チタンのピアスを選びましょう


ですので、金属アレルギーに悩んでいる方は、やはり、ポストもキャッチも全て純チタンのものを選ぶことをオススメします。

素材の中に、ひとつでも、真鍮やステンレス、ロジウムのような言葉が入っていたら、気をつけましょう。

なかなか全ての部材が純チタンでできているピアスを扱っているところは少ないですが、ここのピアスは、ポストもキャッチもすべて純チタンです。
↓    ↓
【日本製】オールチタン製球ピアス



更に言うと、チタンでも金属アレルギーが出てしまう方であっても身につけられる金属素材があります。その素材は、まったく金属アレルギーの心配がないタンタルという金属です。完全オーダーメイドにはなりますが、代官山工房では、タンタルのピアスをお作りする事も可能です。

タンタルについては、こちらの記事、「金属アレルギーの方に朗報!金属アレルギーにならない結婚指輪」で詳しく書いています。


金属アレルギーにならないピアスのご注文やご相談は、こちらから、お問い合わせください。
↓    ↓
http://ringology.org/grape1/




金属アレルギーにならない結婚指輪
RINGOLOGY 代官山指輪工房
〒150-0034
東京都渋谷区代官山町20-6-203 代官山駅から徒歩1分

ホームページ:http://ringology.org/
担当直通TEL:080-7826-6811(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/(365日 24時間)

この記事を書いたプロ

東京ダイヤモンド株式会社 [ホームページ]

ジュエリーデザイナー 廣瀬一京

東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL:080-7826-6811

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
東京ダイヤモンド株式会社の代表 廣瀬一京さん

ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという異なる分野で活躍(1/3)

 ジュエリーデザイナー、マーケティングディレクターという全く異なる二つの肩書きを持ちながら、双方の分野で話題を集める廣瀬一京さん。東京ダイヤモンド株式会社の代表、ジーニアスファクトリージャパン株式会社の執行役員として活躍する彼の足跡を辿るこ...

廣瀬一京プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

金属アレルギーにならないレアメタル素材によるジュエリー制作

会社名 : 東京ダイヤモンド株式会社
住所 : 東京都渋谷区代官山町20-6-203 [地図]
TEL : 080-7826-6811

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-7826-6811

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣瀬一京(ひろせいっけい)

東京ダイヤモンド株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
2016年・2017年、年末年始も休まず営業いたします。

気付けば今年もあと2ヶ月。 つい先日まで真夏だったはずなのに、急に冬の訪れを予感するような、そんな季節に...

[ 営業日・営業時間 ]

鍼灸によるヒフの炎症。金属アレルギーかも。

鍼灸治療とは東洋医学で用いられる治療法のひとつで、鍼や灸で体表のツボから刺激を与え、さまざまな病気を改善し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

じんましんの原因は何?金属アレルギーかも

突然、蚊に刺されたような大小の赤い発疹が発症し、強いかゆみが起こるじんましん。その特徴は全身のあちこちに現...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

結婚指輪も気をつけなければいけないアトピーの症状

アトピー性皮膚炎は現代社会に増え続け、もはや国民病ともいえるアレルギー疾患です。子どもの時にかかって大...

[ 指輪とアレルギー ]

金属アレルギーと間違う主婦湿疹とは?

手は乾燥、水仕事、紫外線など常に刺激を受けやすく、またいろいろな物に触れる機会も多いので肌トラブルも発症し...

[ アレルギー対策用ジュエリー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ