勝山宏則

かつやまひろのり

大成祭典株式会社

[ 品川区 ]

職種

コラム

 公開日: 2012-09-10  最終更新日: 2014-07-31

臨終直後の対応はどのような事をするのでしょうか?

人生の終末を迎える場所は人によって、病院や自宅、自宅以外の場所

(旅行先、出張先、海外など)と様々です。それぞれのケースで亡くなった

場合の対応を記載いたします。


【病院で亡くなった場合】

担当医師が死亡を確認後、死亡診断書(死亡届とセットになっています)を

作成し、ご遺族に渡します。診断書の主な内容は、死亡者の氏名・性別・年齢・

死亡日時・死亡した場所・死亡原因になります。

この診断書はご遺族が死亡届(葬儀後の火葬・埋葬許可証の交付請求にも必要)

を提出する際に必要です。従って、死亡診断書を受け取ったら、速やかに市区町村

の役所に提出します。また、各種保険の死亡保険金の請求手続きにも必要なので、

予め複数枚必要である旨を担当医に伝えると良いでしょう。

現在日本では8割前後の方が病院で病院で死を迎えています。病院で死を迎えると、

看護婦がご遺体の処置をし、終わると顔に白い布をかけて霊安室に安置します。

ご遺体は霊安室で故人様に線香や水を供え、迎えの寝台車が来るまで待機します。


【自宅で亡くなった場合】

必ず医師の診断を受けます。かかりつけの病院や医師がいない、医師に連絡が

つかない場合は、警察に相談して適切なアドバイスを受けましょう。医師は

死亡を確認した後、病院で亡くなった時と同様の手順で死亡診断書を作成し、

ご遺族に渡します。


【旅行先や海外出張で亡くなった場合】

自宅、病院以外の場所で突然亡くなった場合、自殺や交通事故死などと同じ様に

変死としての扱いを受けます。検死の後、行政解剖、或いは司法解剖されて死因を

特定した後、警察医が死亡診断書に相当する死体検案書を作成し、ご遺族に渡されます。

ご遺体は現地の葬儀社に依頼すれば寝台車でご自宅まで搬送してくれます。時間的な

余裕が無い時は、航空貨物便を利用して目的地まで搬送することもできます。

海外で亡くなり、ご遺体を日本に搬送出来ない場合は、現地で火葬してご遺骨を

持ち帰って、改めて葬儀を執り行うのが一般的です。この場合は現地で死亡診断書、

埋葬許可書を必ず貰っておきましょう(現地の日本大使館、領事館が発行します)

また、外国では土葬の習慣が多く火葬出来ない場合もあるので、ご遺体のまま帰国する

ケースもございます。その場合はご遺体を化学的処置(エンバーミング)して

搬送することになります。この場合は、前記2通りの他に、現地の葬儀社発行の

防腐処理証明書、空輸する航空貨物運送状も必要となります。




この記事を書いたプロ

大成祭典株式会社 [ホームページ]

葬儀 勝山宏則

東京都品川区西五反田2-10-2 (本社) [地図]
TEL:0120-351-167

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
葬儀お客様アンケート
イメージ

・進行メモを拝見しましたが、細かく準備がされており、 さすがプロだと感心しました・こちらの意見を良く聞くだけでなく、適切なアドバイス で大変助かった・...

葬儀オプション
イメージ

故人様との想い出の曲を演奏し、いつまでも心に残る美しい音色をお届けすることで、ご遺族や来訪者様の心を癒し、暖かみのある雰囲気を演出いたします。私達はそ...

 
このプロの紹介記事
葬儀・葬祭ディレクター 勝山宏則さん

人を育て人を癒やす、信頼と実績の葬儀社(1/3)

 品川と横浜を中心に、80年以上にわたって葬祭を取り扱ってきた葬儀社「大成祭典」。その代表取締役を務める勝山さんは、銀行マンから転身して家業を継ぎ、老舗の4代目として同社の経営に当たっています。 「当社では、事務的に葬儀を執り行うのでは...

勝山宏則プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

創業80余年の信頼と実績で遺族の想いを尊重する葬送をお手伝い

会社名 : 大成祭典株式会社
住所 : 東京都品川区西五反田2-10-2 [地図]
(本社)
TEL : 0120-351-167

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-351-167

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
最近自然葬という言葉を耳にするのですが、どういったお葬式なのでしょうか?

自然葬とはお葬式の事ではなく、納骨方法になります。今まではお墓や納骨堂にご納骨されることが一般的でしたが...

[ お墓・納骨堂 ]

お子様を亡くされたご家族の葬儀へ行くのですが、注意する事はありますか?

まずご注意頂きたいのは、同じ年頃の子供を一緒に連れて弔問する事は避けた方が良いでしょう。また、自分の子供...

[ マナー ]

弔問に来て頂いた方には、どのようなものをお渡しすれば良いのでしょうか?

告別式に来て頂いた方には、会場の受付にて喪主からお礼の意を記した「会葬礼状」と「粗供養品」をお渡しするこ...

[ 会葬 ]

エンディングノートのメリットってどんな事があるのでしょうか?

弊社で葬儀を執り行った皆様から以下のような意見が寄せられております。1.自分史を作ることができる2.介護...

[ その他のお悩み・ご質問 ]

自宅はマンションです。遺体を自宅安置すると周りの目が気になって…

マンションの場合、棺がエレベータに入らなかったり、近隣住民の視線が気になるなどといった問題があるようです...

[ その他のお悩み・ご質問 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ