コラム

 公開日: 2016-09-12  最終更新日: 2016-09-27

ゲッツユニオン事件及び㈱サンシャイン問題で分かった東京都の体質 

私は、平成22年11月起きた宅建免許業者㈱ゲッツインターナショナル(代表取締役宮上(金)元伸・副社長重永剛宏)&東京都登録貸金業者㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス(代表取締役辻祐一・社員明石正敬)事件にかかわった関係で、~平成27年までの間、東京都に数えきれないほどの回数、訪問し、多数の都職員にお会いしました。

その目的は次の通り、
ゲッツの宅建免許資格及び宅建取引主任者明石正敬の資格のこと。
ユニオン貸金業者登録の資格と貸金業取扱主任者辻祐一(この件では金融庁も訪問)資格のこと。
㈱サンシャイン(株主宮上貞順・代表取締役宮上(金)昌樹)と㈱ユニオン・フィナンシャル・サービスの株主開示のこと。(貸金業法第9条「貸金業者登録簿の閲覧」の問題)等々でした。

どの部署も暖簾に腕押し、無責任・いい加減、たらい回しで、不快感を覚えました。その原因が、隠ぺいなのか、傲慢なのか。保身なのか、過去から継承された馴れ合いなのか、不作為なのかよく分りませんが、いずれも目線は組織温存思考で、都民目線になっていないことは明らか。まず問題にまともに向き合おうとする姿勢がない、一様に理解できない都の理屈を申し並べ、半身の姿勢、どちらかというと逃げ腰です。だれが責任者なのかが曖昧・・・・、結果、都庁を後にする時には毎度、やるせなく地団駄を踏んで諦めの境地に陥ることもありました。

本心は「怒り」に近い感情でした。

どの部署も責任者らしい考え方を持った職員がいない。真剣に向き合う姿勢がないという印象でした。


知人の元都役職者から聞きましたが、都人事は3年ほどの間隔で部署代え異動が常態化しているようで、各職員の気持ちはその間を如何に大過なく無難に過ごすか!という事なかれ主義の体質が生まれているようです。

ついて、私の体験を生かし東京都の無責任体質を、順次明らかにしたい

と考えます。

「東京都の体質が不良な貸金業者や不良宅建業者を生む温床になっている!」

、と言っても過言ではない。私の実感です。東京都がしっかり起立していれば未然に防げる問題なのです。

なお、私が訪問した部署は部署は次の通りです。

貸金業対策課検査指導係 貸金業登録係

◇東京都労働産業局金融部貸金業対策課の貸金業検査指導係(既に取得している都登録業者の指導と行政処分を担当)・貸金業者登録係(新規登録申請業者の審査と登録と更新手続きを担当)(都庁第一庁舎29階)

不動産業課指導相談係 免許係

◇東京都産業労働局住宅政策推進部不動産業課指導相談係(宅建業免許業者の指導を担当)・免許係(宅建免許許可と更新手続きを担当))(都庁第二庁舎3階⇒今は22階)

この主張に対する反論、大歓迎! 特に都職員からの意見をお聞きしたい。大いに議論したいです。都の体質改善を願ってやみません。

この記事を書いたプロ

合資会社大誠企画 [ホームページ]

宅地建物取引士 大森孝成

東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL:03-5725-1641

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
合資会社大誠企画 大森孝成代表

自ら多額の不良債権を抱えながら、乗り越えてきた経験を生かして(1/3)

 債務者の心強い味方となって「事業再生」と「任意売却」を柱に事業を展開する「合資会社大誠企画」代表取締役の大森孝成さん。「あくまでも債務者の利益のために働いているわけですから、その姿勢は一貫していないと信頼は得られません」と話す大森さん最大...

大森孝成プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自ら多額の不良債権を抱えながら乗り越えてきた経験

会社名 : 合資会社大誠企画
住所 : 東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL : 03-5725-1641

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5725-1641

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大森孝成(おおもりたかしげ)

合資会社大誠企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ダイレクトメールいろいろ 
イメージ

 ㈱テクノプロパティーからのDM(ダイレクトメール)  ㈱テクノプロパティーと㈱ユニオン・フィナンシャル・...

東京都から「のり弁」(黒塗り開示) なぜ非開示!理解に苦しみます。
イメージ

東京都の数々ののり弁をご覧ください。先の㈱ゲッツインターナショナル、㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス...

予備知識②:貸金業法で規定:貸金業者登録簿

なぜ、私がこのことにこだわっているかは、次の理由です。 東京都では貸金登録業者の株主(支配者) 何故か非...

予備知識①:貸金業法で規定!貸金業者登録簿/東京都では「登録台帳詳細」という
イメージ

 貸金業法第五条(登録) (内閣総理大臣又は)都道府県知事は、第三条第一項の登録の申請があった場合におい...

唖然! 東京都の黒塗り開示 これは貸金業法違反では!
イメージ

◆以前こんなことがありました◆ 東京都貸金業対策課に開示請求しました。 その請求内容は、次の通り。㈱ユ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ