コラム

 公開日: 2016-04-26  最終更新日: 2016-07-30

㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス 行政処分 業務停止60日間

処分は当り前だろう! 今ごろ処分!

H23年来、何回も通った東京都労働産業局金融頭貸金業対策課貸金業登録係&貸金業検査指導係が行った処分だが、都に情報や資料を提供してきた私として「遅い」の一言しかありません。彼らがH26年4月法廷で自らの違反を認めてから2年が経過してます。
しかし処分については都貸金業対策課に対し一定の評価をいたします。(都行政の限界なのかな~。)

そもそも辻祐一は証言で(謄本上)代表取締役と(都登録上)貸金業務取扱主任者でありながら、それは名義貸しで、実際の差配者は明石正敬だと、更に貸金業務に反しているという認識があるかの尋問で「はい」と証言。また明石正敬は貸金業務取扱主任者の資格がないのだから、貸金業務取扱主任者の設置不在の違法行為を最初から続けていたことになります。つまり都貸金業登録申請書内の貸金業務取扱主任者の名前は書面だけで都はそれを信じて認可されたものと思われます。
また、麹町から一番町へ移転も同一グループであることをカモフラージュするために設置したと思われますので、移転は一便法に過ぎず実際の彼らの拠点は従前の麹町晴花ビル3階と4階なのです。

行政処分の内容

まず処分の内容をご覧ください。(画像参照)
処分理由:貸金業務取扱主任者の設置(義務違反)=当該業者は、貸金業法の定めに反し、常時勤務する貸金業務取扱主任者を営業所に設置していない。=
業務停止期間;H28.4/4~6/2(60日間)
 



(株)テクノプロパティという会社は?

㈱ユニオン・フィナンシャル・サービスのことです。(H27年7月に社名を変更)
本社住所も H26年5月、東京都千代田区麹町3-5-17晴花ビルから東京都千代田区一番町9-14ユリパリス601号室へ謄本上と東京都貸金業登録簿の住所を変更(写真ご参照)。
※因みに前住所千代田区麹町3-5-17晴花ビルは㈱ゲッツインターナショナルと同一住所で上下階。
※ほとんどの事件で指摘された両社の一体性を回避するための一便法?見てくれのみ。
貸金業者登録番号:東京都知事(3)第31079号 H20年6月東京都貸金業者登録
設立日:平成19年10月18日
役員:役員は辻祐一ひとりが代表取締役と貸金業務取扱主任者が兼任。(辻祐一は名義貸しでと証言している?)
設立時の役員:辻祐一 堀江聡史 宮本倫宏 角政樹 宮上元伸 重永剛宏 宮上勝雄 峰尾智憲
j株主構成:(株)ミヤガミホールディングス(代表取締役宮上(金)元伸で資本100%の会社)が100%株式保有。
つまり(株)テクノプロパティは100%宮上(金)元伸が支配する会社
※因みに㈱ゲッツインターナショナルの株式はその90%を宮上元伸が保有している、つまり宮上(金)元伸が両会社の支配権を有しいる。つまり一体。

以前の謄本 宮上元伸 重永剛宏などゲッツ役員と重なります。
以前の謄本 ユニオン 宮上元伸ほか退任
今の謄本 住所を変更(麹町⇒一番町)&社名変更(ユニオン⇒テクノ)
今の謄本 ユニオン⇒テクノ 麹町⇒一番町

㈱ゲッツインターナショナルという会社は??

H27変更後のの社名は ㈱huu’z(フーズ)、更に変更して現社名㈱シレオ。そして不動産部門は屋号「麹町不動産」という名称を使っている。
※明石正敬 重永剛宏の最近の名刺 ご参照

ゲッツ最近の名刺 

住所 東京都千代田区麹町3-5-17晴花ビル
宅地建物取引免許 東京都知事(3)第85705号
役員 代表取締役宮上(金)元伸のひとり  ※元伸を除いた役員重永剛宏 大久保祐光 松山良洙 宮上すんみ 湯山朋典らが時を同じくしてH27.4/21一斉に退任という登記に奇異を感じる。
平成27年1月,社名変更して(株)huu'z(フーズ)、平成28年4月更に社名変更して(株)シレオとなる。

基本的にゲッツらの手法は不動産業と貸金業を使い分け、貸金業(ユニオン等)で相談のあった顧客からの融資を拒絶したうえで、一旦所有権は移転するが、返済次第買戻しができるとして不動産(ゲッツ)に誘導して、説明と異なる買戻しのない不動産売買契約と期限のある定期借家契約を締結させると同時に公正証(執行文つき)を作成させ、後は債務不履行を待って不動産を丸取りする手法です。
その係争事件は30数件におよび被害者からは「不当利益変換請求」「所有権移転登記抹消登記請求」「強制売却停止請求」「損害請求」で。一方ゲッツは追出し等で「建物明渡請求」「共有物分割請求」という有様です。

ことは深刻です。安易な判断は禁物です。一人で悩まない!


参考)社名変更の履歴:㈱ゲッツインターナショナル⇒平成27年1月(株)fuu'z(フーズ)⇒平成28年4月(株)シレオ

この記事を書いたプロ

合資会社大誠企画 [ホームページ]

宅地建物取引士 大森孝成

東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL:03-5725-1641

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
合資会社大誠企画 大森孝成代表

自ら多額の不良債権を抱えながら、乗り越えてきた経験を生かして(1/3)

 債務者の心強い味方となって「事業再生」と「任意売却」を柱に事業を展開する「合資会社大誠企画」代表取締役の大森孝成さん。「あくまでも債務者の利益のために働いているわけですから、その姿勢は一貫していないと信頼は得られません」と話す大森さん最大...

大森孝成プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自ら多額の不良債権を抱えながら乗り越えてきた経験

会社名 : 合資会社大誠企画
住所 : 東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL : 03-5725-1641

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5725-1641

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大森孝成(おおもりたかしげ)

合資会社大誠企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ダイレクトメールいろいろ 
イメージ

 ㈱テクノプロパティーからのDM(ダイレクトメール)  ㈱テクノプロパティーと㈱ユニオン・フィナンシャル・...

東京都から「のり弁」(黒塗り開示) なぜ非開示!理解に苦しみます。
イメージ

東京都の数々ののり弁をご覧ください。先の㈱ゲッツインターナショナル、㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス...

予備知識②:貸金業法で規定:貸金業者登録簿

なぜ、私がこのことにこだわっているかは、次の理由です。 東京都では貸金登録業者の株主(支配者) 何故か非...

予備知識①:貸金業法で規定!貸金業者登録簿/東京都では「登録台帳詳細」という
イメージ

 貸金業法第五条(登録) (内閣総理大臣又は)都道府県知事は、第三条第一項の登録の申請があった場合におい...

唖然! 東京都の黒塗り開示 これは貸金業法違反では!
イメージ

◆以前こんなことがありました◆ 東京都貸金業対策課に開示請求しました。 その請求内容は、次の通り。㈱ユ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ