コラム

 公開日: 2014-06-29  最終更新日: 2014-07-31

ある法人売買 M&A


HPアドレス 
http://www.taisei-kikaku.com/index.html

ある法人売買(株式売買)について

日本の上場企業の100%子会社を海外企業に法人譲渡する契約調印に漕ぎ着けました。

私としては、相当以前に、父から継承した製紙会社を大手製紙会社に株式譲渡し経営権を譲りましたが、買主側仲介の立場で纏めたことは始めての経験で緊張の連続でした。

当該会社については公認会計士団のもと公正な立場で会計財務・税務に関し精査(デューデリジェンス)され、一方弁護士団により当該会社が交わしている諸々の契約書内容、労働内容等の法務面で精査が行なわれました。

売主から与えられた開示期間はたった数日間の短期作業でしたが、調査後、約1週間の予定日に次々と報告書が上がってくるという手際の良い作業には感服致しました。(ノートパソコンのお陰??)

報告書受領からが大変でした。これらの報告書をもとに、買主さん並びに先生方&私らは、1週間に亘る連日連夜、議論を交わしました。

海外企業であるため、その出先機関である日本法人社長として、まずご自身の内容把握から始まり、そして海外本社への報告→本社からの質問状→回答を繰り返した関係でこのような長時間を要したわけです。加えて翻訳や通訳という難問もありました。

このように毎日がヘトヘトになる位の緊迫感で物事は進みました。

幸い大きな齟齬もなく、本社オーナー来日のもと無事調印の運びとなり安堵しました。

一番の問題点は、株式譲渡契約における瑕疵並びに表明責任です。今回売主は上場会社の連結子会社なので大きな経理的管理的不安はない筈ですが、買主は海外企業です。その点の補償(損害賠償責任)並びに対等な契約(メンツ)にこだわり、破談を覚悟したのも一度ではありませんでした。

引渡しと残金決済は1ヶ月後です。これまでの間に売主としてはプレス発表、子会社社員に対する発表&買主紹介を含めた説明会、仕入先に対する説明等、盛り沢山の作業をこなすことになります。

一方、買主側も売主に協力して沢山の業務引継ぎ作業を要します。

私としても完全な引渡しが済み軌道に乗るまでは精一杯務め上げるつもりです。



※コメント:時代は「大きく変わった」という印象を改めて実感した今回の法人売買でした。

私の場合の昭和50年代とは違い、法人売買における世間の意識、労働者権利意識、監査方法等が正に様変わりしていました。

当時買主は株式の力による会社乗っ取り屋的ダーティイメージがありましたが、平成4年バブル崩壊後、M&A(合併・売買)は当り前の一手法で余り抵抗感なく受入れられることを実感しました。また当時は公認会計士の認知度も低い時代でしたが、コンプライアンス(法令遵守)が叫ばれている昨今、「公正で独立した公認会計士」という認識のもと信頼度が増していることをも実感できました。

現に私のときは、公認会計士を当てにせず買主側の経理役員が自ら部下を引連れ財務会計を精査し、結果私の会社の株価は1円、旧会社保有の土地建物機械設備は○○億円と評価され、お粗末ながら買主の言い値で銀行の了解を経て決定してしまいました。

また当時は労働者権利意識が強く、契約案条項に「買主の労働条件は現行条件と同等若しくは上回ること」の記載があるにも拘らず、組合はこの譲渡に猛反撥しました。その理由は組合の独自調査?で買主側会社の労務政策が厳しいという譲渡後の不安に加えて一取締役がその不安を助長したこともあり、加担した一取締役の名で旧商法「商法における会社整理」条項を利用し提訴されるという一場面があるなど、法人譲渡が経営者や株主だけの意思だけではままならない難しい時代でもあったと感じます。

また、当然のことではありますが、代金の流れも売却物が担保物件ですので、右から左へ素通り!全部を弁済のため銀行へ、債務者である私の仕事は契約書等諸々の書類に押印するだけで、苦労した割には、経営責任者としてつまらなくもあり寂しくもあった記憶が鮮明に残っています。

簿外債務についても、個人企業でかつ債務超過では「簿外債務(二重帳簿)があって当り前」と見られる時代でしたので、その疑いから、私の親兄弟を含めその補償のため数年間連帯責任を負わされるという惨憺たる法人譲渡でした。

                             記:大森孝成

この記事を書いたプロ

合資会社大誠企画 [ホームページ]

宅地建物取引士 大森孝成

東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL:03-5725-1641

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
 
このプロの紹介記事
合資会社大誠企画 大森孝成代表

自ら多額の不良債権を抱えながら、乗り越えてきた経験を生かして(1/3)

 債務者の心強い味方となって「事業再生」と「任意売却」を柱に事業を展開する「合資会社大誠企画」代表取締役の大森孝成さん。「あくまでも債務者の利益のために働いているわけですから、その姿勢は一貫していないと信頼は得られません」と話す大森さん最大...

大森孝成プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

自ら多額の不良債権を抱えながら乗り越えてきた経験

会社名 : 合資会社大誠企画
住所 : 東京都目黒区祐天寺2-2-7 青埜ビル4F [地図]
TEL : 03-5725-1641

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5725-1641

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大森孝成(おおもりたかしげ)

合資会社大誠企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ダイレクトメールいろいろ 
イメージ

 ㈱テクノプロパティーからのDM(ダイレクトメール)  ㈱テクノプロパティーと㈱ユニオン・フィナンシャル・...

東京都から「のり弁」(黒塗り開示) なぜ非開示!理解に苦しみます。
イメージ

東京都の数々ののり弁をご覧ください。先の㈱ゲッツインターナショナル、㈱ユニオン・フィナンシャル・サービス...

予備知識②:貸金業法で規定:貸金業者登録簿

なぜ、私がこのことにこだわっているかは、次の理由です。 東京都では貸金登録業者の株主(支配者) 何故か非...

予備知識①:貸金業法で規定!貸金業者登録簿/東京都では「登録台帳詳細」という
イメージ

 貸金業法第五条(登録) (内閣総理大臣又は)都道府県知事は、第三条第一項の登録の申請があった場合におい...

唖然! 東京都の黒塗り開示 これは貸金業法違反では!
イメージ

◆以前こんなことがありました◆ 東京都貸金業対策課に開示請求しました。 その請求内容は、次の通り。㈱ユ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ