コラム

 公開日: 2015-12-21  最終更新日: 2015-12-22

物事の背後にあるものを見る

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。

しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問、仕事、日常生活、人間関係において共通するものだと思います。

形から入る ~物事の表面~

まずは八卦掌に話を絞りますが、八卦掌は体を使って行う運動ですので、お手本となる先生や資料があります。

「わぁ、凄い。 やってみたい! できるようになりたい!」

という衝動が、まず初めに起こり、学習をスタートするきっかけになります。

(私の場合は、最初の太極拳の師匠に勧められたことが学習のきっかけですが、後にやはり自分から「あの動きができるようになりたい!」という衝動が起こり選びました)

ですので、目に見えるもの、つまり「憧れの動き」が先行します。

もちろん、拳理に惹かれたり、「なんだかわからないけどやってみたい」という直感に導かれるケースもありますが、いずれにせよ動きが好きになれないと、学習は続けられません。

目に見えるものに囚われる

しかし、ここで問題が生じます。

中国武術というのは、非常に保守的な世界ですので、なかなか本当の学習法にはたどり着けないのです。

そこで、私たちは手に入る資料や、参考になる情報にしがみつくことになります。

目に見えるもの、耳に聞こえるもの、形あるものに執着して、そこから何かを得ようとします。

結果として、陥るのが「評論」です。

評論は害になる

実は、資料や情報にいくらたくさんの時間を掛けて評論しても、自分の学習には殆ど役に立ちません。

評論とは簡単に言うと、「どの流派、どの老師、どの人物が実力が一番上か?」という内容です。

こいういう話題は盛り上がりますし、刺激的ですので、誰しもが聞き耳を立てます。

私も、怠け心やマンネリが生じると、ついつい親しい人に向かって評論を始めてしまいます。

しかし、評論すればするほど、自分が惨めになり、相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。

八卦掌の上達への秘訣

ですので、もしあなたが本当に習得したい、上達したい、と願っているのであれば、真に重要なのは、「他人の技術の高低の評論より、その技術を身に付けるための方法論を研究すること」です。

これは、目には見えないものです。

つまり、「物事の背後にあるもの」です。

あなたがもし、「この人の技術はレベルが高い」と感じたら、その人がその技術を“どうやって身に付けたか?” その方法を研究してください。

もしあなたが、「この人の技術はレベルが低い」と感じても、そこで思考を停止してしまわないで、その人の技術の中で優れている部分を見つけて、その優れている部分を“どうやったら自分で再現できるか?” その方法を研究してください。

功夫(技術)に高低はありません。

それは方法論の結果です。

そして、どんなに低い技術でも、やがては最高の技術に至ります。

本当にやるべきことは、感情や個人的意見を介入させない、分析と研究なのです。

× 「功夫(技術)の高低の評論」

○ 「あらゆる功夫(技術)の分析と、身に付けるための方法論の研究」

分析し、研究し、自分の心身で再現できる方法論を見出したら、あとはそれを採用するか、採用しないか、決断し、採用した方法で一生懸命練習に取り組みます。

それが、上達への秘訣です。

物事の背後にあるものを見る

どんな分野にも評論はあります。

仕事、スポーツ、文化、日常生活、人間関係、私たちが色々な物事を評論するのは、娯楽でもありますし、ストレス発散でもありますし、頭の運動でもありますし、コミュニケーション方法の一つでもあります。

しかし、あなたがもしこれらの評論において、心の平安が乱されたのであれば、物事の背後にあるものを見つめてください。

それには、冷静な分析と、真摯な研究姿勢が必要です。

そうすれば、どのような分野であっても、すべてが学びの糧になり、素晴らしい関係や環境を構築することが可能となります。

物事の背後にあるものを見る

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

人間としての形成を教えて頂き、これからの人生を豊かにしていきたいと思います。

私が八卦掌を学ぼうとしたきっかけは、十年ほど前、スポーツ...

K・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

八卦掌と冷え性 ~極寒の中で体を捻りながら歩く~
イメージ

私の手足は冬でもポカポカです。以前は冷え性で、特に冬は布団に入っても足が冷たくて眠れなかったのですが、...

[ 私が八卦掌で治した慢性病(実話) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ