コラム

 公開日: 2015-09-15  最終更新日: 2015-11-13

太極拳が「上達する人」と「上達できない人」の違い

ここ数日の東京は、9月に入ってから連日梅雨のように降っていた長雨も止み、爽やかな秋空が続いています。

本日は、太極拳が上達する人と、なかなか上達できない人の違いについてお話ししたいと思います。

私は、もし太極拳を健康目的で学ぶのであれば、特殊な運動神経は必要ないと思います。

なぜならば太極拳は「本来あるべき自分の姿に戻る」という考え方が根本にあるからです。

例えば、もともと自分の体のサイズに合った血管の太さを、特殊なトレーニングで更に太くすることができたとします。仮に、それで一時的にパワーアップできたとしても、必ずどこかに無理が生じ、最後はその代償を払うことになります。

つまり「己を知ること」

とても難しいですが、運動神経の優劣ではなく、まずこれを知ることが正しく上達するための一歩なのです。

上達する人はよく観ている


私の指導経験をもとに考えてみると、短期間で上達する人は「観察眼」があります。

自分の動きを観察する、先生の動きを観察する、それだけではなく、共に学んでいる仲間の動きも観察しています。

ここで非常に重要なのは「評価しないこと」です、ただ観るのです。

集中すると心から雑念が薄れます、ただ観ることに専念できると、正しく観ることができるようになります。

ですから、上達する人は、集中力と冷静さを共に有し、さらに自分の考えを止める(評価しない)ことができる人です。

自然界の動きを観る時、おそらく殆どの人は自然を評価しないと思います。

五感が感じるものを、そのまま受けとめることができるので、人は自然を愛し、愛されることを知っているのです。

感じる(中国武術八卦掌)

よく観ている人はたくさんのことを感じている


ただ観ることに「成り切れる」人は、こだわりがないので、たくさんのことを感じることができます。

動きや音や風...、いろいろな要素をたくさん感じることができると、ここはあえて抽象的な表現を使いますが、心が「ブワッ」と広がります。

「ブワッ」と広がると、そこに空洞が生まれますので、乾いたスポンジのように先生の言葉や動きを吸収していきます。

これは、無意識の領域です。

上達する人は「学ぶ」ということを知っている人


先ほど無意識と言いましたが、実は意識的に無意識になる必要があるのです。

話が前後しますが、つまり「上達する」ということを知っている人は、学び方を知っている人のことです。

だから、意識的に無意識になることを、怖がらずに積極的に行っているのです。

「あえて」それができるのです。

それは、己が無知であることを知っている人、無知を知で満たしたいと自覚している人、つまり己を知っている人が、経験に基づいて雑念を止めることが可能になるということです。

ある程度訓練をしないと、学びという意味での意識的な無意識状態になるのは、なかなか難しいかもしれません。

逆説的な説明になってしまいましたが、しかし、この仕組みを理解できれば、学び方を訓練することで、上達できない人から、上達できる人に変わることができます。

正しい学び方の初めの一歩は、よく観察し、感じ、心に空洞を作ることです。

空洞を作る余裕と勇気がなく、心に自分の考えをギューギュー詰め込んで溢れ返っていると、無論、新しい物が入るスペースがありません。

時には通り過ぎていく一陣の秋風に、心を任せてみるのも良いものです。

観る(中国武術八卦掌)

中国武術『八卦掌』は「観る、感じる、学ぶ」の訓練ができます


ここで突然『八卦掌』という聞きなれない言葉が出てきましたが、八卦掌とは太極拳と同じく、内面を鍛える中国武術です。

太極拳の円運動に、さらに螺旋の動きと歩法を加えた神秘的な中国武術です。

先生が不思議な螺旋運動を行いながら、360度クルクル回転してしまうので、生徒は見よう見まねすら困難です。

だから、「観たい!」という強い衝動が生じます。

でも観てもなかなか解明できないので、教えていただいた基本動作を強く信じて、鍛錬し続けることができます。

未知なる動きを知りたいという、「知性」の力です。

その、どうにも真似すらできない不思議な八卦掌の学習を経験すると、格段に観察眼がつき、太極拳に関しても、さらに奥深い動き、そして思想すら観察できるようになります。

一匹の小さな昆虫にも、無限の宇宙が広がっていることを感じることができるでしょう。

学ぶ(中国武術八卦掌)

上達できる人になるためには、せめて練習している時間だけでも、自他のこだわりを無くしてみてください。

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

26

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

春光先生のペースや教え方がとても心地良いので続けられる気がします。

太極拳を学び始めてから、脚力がついて足元がしっかりしてき...

K・T
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ