コラム

 公開日: 2015-07-31  最終更新日: 2015-11-13

今ここ、という生き方 〜昼下がりのゴーヤ〜

ただいま一時帰省中です。

来週には東京の教室に戻ります。

南国宮崎にて、クーラーのない部屋で数日間過ごしていますが、予想していたほど暑くありません。

たまにスーパーに行くと、冷房が寒くて凍えそうです。

太極拳の発祥地、温県陳家溝村もそうでしたが、カッと太陽が照りつける真夏でも、緑の畑の上にそよ風が吹けば、夏の涼を感じます。

それもで毎日汗だくになって、練習と荷物整理に精を出していますが、午後はグリーンカーテン用に植えてあるゴーヤに癒されています。

昼下がりのゴーヤ

裏側から見ると、ゴーヤがハンモックに腰掛けているようです。

向こうに見えるのは百日紅(サルスベリ)の花。

ゴーヤは何を考えているのでしょうか。

水が足りなければグッタリするし、太陽が照らなければ育たないし、その正直な生き方を見ていると、人間も本来はそうだよなぁ、と思います。

夏野菜の成長は早く、本当に一日で姿を変えます。

昨日と同じ姿は、今日はどこにもありません。

このゴーヤの運命も、大きくなって種を残すのか、枯れるのか、私に食べられるのか、誰にもわかりません。

だからと言って、今日のゴーヤの美しさを否定できるでしょうか?

それは圧倒的な存在感です。

禅に「今ここ」という教えがあります。

昨日も明日もない、ただ今だけがある。

今ここに全てがある。

だから、今を懸命に生きる。

6年間の中国武術留学は大変苦労しました。28歳で中国大陸に渡りました。女性にとって恐らく28歳はとても大切な時期です。でも後悔はありません。

35歳で帰国して必死で会を立ち上げ、これから大きく花開こうとしていた30代後半、大切な時期に2度も大きな怪我をしたことで、絶望と無念さで、なかなか立ち直れずにいましたが、最近ふっきれたような爽やかさを感じられるようになりました。

それが、結果的に「今ここ」という考え方です。

過去が良かろうが悪かろうが、過ぎたことなので捕まえられません。

未来がどんなに不安でも、楽しみでも、見に行くことはできません。

なにをどう考えても、「今ここ」しかないのです。

それ以外の考え方では答えが出ず、魂が沈黙してしまいました。

今ここを懸命に生きた結果が、未来なのだと思います。

今が幸せでなければ、未来も幸せなはずがありません。

一秒後は、もう既に未来なのです。

今ここにある幸福を積み重ねていくのです。

雨の日も、猛暑の日も、切ない秋も、静かな冬も。

真夏のゴーヤが昼下がりに百日紅を眺めるように、今この瞬間を楽しむのです。

そう思うと、お腹の底から力が湧いてくるような気がします。

これが「生きる力」なのか...?

と最近思います。

八卦掌は本当に美しいです、太極拳は今でもやっぱり好きです。

最近は、どちらも同じだと感じられるようになりました。

最初の師である山口博永老師が、何度も何度も私に諭してくださった、

「太極拳も八卦掌も手段である、春光さんの目指す真の目的に到達するための、それらは手段である。手段と目的とを取り違えてはいけない」

ああ、そういうことか!

と理解できるのに、10年掛かりました。

今、純粋に練習が楽しいです。

たとえ1%しか分からなかったとしても、命の本当の意味を知るために練習を続けることに、幸せと安らぎを感じます。

それが私の目的だからです。

当会の目的である、「天人合一」の境地だからです。

13年間も、純粋に一つのことを好きでいられたこと、これだけは誇りに思えます。

中国武術を選んだこと、学んだこと、続けたこと、これからも続けたいと思えること。

帰国して5年経って、色々と経験させて頂いて、自分のやるべきことがやっと明確になった気がします。

太極拳を学び始めた頃、すぐに落ち込む私に師匠が何度も掛けてくださった、ベートーベンの言葉を思い出しました。

『苦悩を突き抜け歓喜に至れ』

「苦悩を突き抜けなければ、本当の歓喜には至れないのだよ、春光さん...」

そう師匠が何度も言ってくださったこと、10年掛かりましたが、いま本当に感謝しています。

まだまだ上手に言葉で整理できませんが、これからも各教室で、等身大で皆さんに伝えていければと思います。

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分の体について、じっくり考える事が出来ます。

ある方から太極拳のDVDを頂いたのですが、横山先生と関口さん...

M・T
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

新しい季節 ~怪我を克服するということ~
イメージ

実は2週間ほど前に、大変嬉しい出来事がありました。あまりに嬉しいので、新規開講したばかりの「赤坂見附・伝...

[ 怪我と克服(実話) ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

太極拳女性専用クラス ~中国工芸茶のひととき~
イメージ

現在、私の自宅の部屋では中国工芸茶の「Venus」が水中花となって佇んでいます。ほんのり甘くて美味しいお茶...

[ 活動ニュース ]

八卦掌の【段階制クラス】がスタートします!
イメージ

今月の2月28日(日)より、当会で開催していた「国分寺・伝統八卦掌クラス」が、レベルアップを目指した段階制クラス...

[ 活動ニュース ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ