コラム

 公開日: 2015-01-14 

百日修行(二十一日目)〜志〜

今日は誕生日で、銀座クラスの生徒の皆様からバースデーフラワーをいただきました。



何歳になっても綺麗なお花をもらえるのは嬉しいですね。

ありがとうございます☆


さて、昨年のクリスマスから始めた百日修行ですが、3週間ほど経つといよいよマンネリ期に入ります。

それは、短期間で効果の現れるものはほぼ尽きて、あとはやっぱり時間のかかるものばかり残るからです。

過激な話ですが、中国にいる私の弟弟子は、夜中に私に電話をかけてきて「しにたくなる〜」、と言っていたことがあります。

なんのことはない、八卦掌の歩法の練習で、片足で重心を支えるときに、どんなに練習してもどうしてもバランスがとれないからです。

私も「あ〜、もうダメかもしれない〜、ここまでか」と思うことは山ほどあります。

本当に真面目に練習しているとこうなりやすいです。

やってもやってもどんどん下手になっていくような気がするからです。

しかし、やればやるほど課題点を見つけられるということは、辛いようですが、自己成長能力が高いということなので素晴らしいことなのです。

太極拳の学習初期は、とにかく脚力をつけることが第一優先で、筋肉痛との闘いです。

しかし、人間は肉体的苦痛には比較的耐えられるようにできています。

反して八卦掌の学習初期は、激しい筋肉痛になることはないのですが、とにかく左右のバランスを感じながら動かなければならないので、精神的苦痛との闘いです。

人間は、精神的苦痛に弱いのです...

だから我々八卦掌を鍛錬する者は、精神を強く持たなければなりません。

健康維持を目的として運動に取り組むとしても、運動をする以上、かならず多少の苦痛はあります。

苦痛が少なければ、効果も少ないのです。

逆に、苦痛が大きくても、それに見合う効果があれば、人間は長期間頑張れます。

ということで、冒頭で挙げたマンネリ期は、この効果が見られない時期ということなので、それは当然マンネリを感じ、面白くなくなります。

しかしマンネリとは、しっかり練習を消化して短期目標をクリアした人にしか訪れないので、良いことなのです。

こうなったらもう、あらゆる手段を駆使して乗り切るしかありません。

仲間と一緒に練習するもよし。

知恵を絞って、中期目標を立てるもよし。

練習方法を変えてみるもよし。

やけ酒は...、体に悪いので飲まないほうが良いですが、気分転換に飲むのであれば、多少の二日酔いでも練習できれば良いと思います。

とにかく続けていれば必ず上達し、マンネリ期はひとまず過ぎ去ります。

私も数限り無いほどのマンネリ期を通り過ぎてきましたが、マンネリ期を過ぎると大きく成長している自分に会えることを知っているので、手段を選ばず乗り切ります。

答えは「絶対時間」です。

例えば、初級から中級に上達するとき、面白さは大抵前半で尽きてしまいます、レベルアップまで保ってくれません。

終わった後がつまりマンネリ期です。

面白さとは体が脳に送る刺激です。

新しい動きは刺激的なので、脳が面白いと感じるのです。

この段階では、まだ功夫にはなりません。

功夫とは、型をおぼえたあと、2000回くらい反復練習することによりやっとほんの少しずつついていくのです。

しかし、体が動きを覚えたら、刺激はなくなります。

脳は刺激を得られないので、他の刺激を求めようとします。

これはごく自然なことです。

だから途中でやめてしまう人がたくさんいるのです。

これが、誰もが達人になれない理由です。

ここで他に行かない、立ち止まって練習を続ける、これを実現してくれるのが、「志」です。

志が、次の段階に進むために必要な練習量の絶対時間を支えてくれます。

志のような高いものでなくても、最初に「これをやろう」と思った時の初心が正しければ、たくさんの試練を乗り越えて、動機は「志」と成ります。

中国武術なんて、時間ばかり膨大にかかって、地味で時代遅れで、周りに共感を得られない苦しい道を選んだことを、正直何度も後悔したり迷ったりしたことはありますが、志だけは失ったことはありません。

じっくり自分を見つめることができる、中国武文化の結晶のような太極拳も、人間はこんなに美しく動けるのかと感動を覚える八卦掌も、難しいですがやはり学んできて良かったと思います。

マンネリ期に突入した私は、昨日から公園練習に加えて、部屋でヨガマットの上での裸足練習を取り入れています。

足の裏って本当に複雑で高機能です。

みなさんも、たまには高性能な靴を脱いで裸足になって、自分の足の裏で身体を支える難しさを感じてみませんか?

冬の床は冷たいので、ヨガマットがおすすめです。

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
公式サイト: http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

八卦掌を習いはじめてから、一度もこけたり、ケガをしたりしていません。

運動不足だったので、体を動かしたいと思っていたときに、横...

S・A
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

新しい季節 ~怪我を克服するということ~
イメージ

実は2週間ほど前に、大変嬉しい出来事がありました。あまりに嬉しいので、新規開講したばかりの「赤坂見附・伝...

[ 怪我と克服(実話) ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

太極拳女性専用クラス ~中国工芸茶のひととき~
イメージ

現在、私の自宅の部屋では中国工芸茶の「Venus」が水中花となって佇んでいます。ほんのり甘くて美味しいお茶...

[ 活動ニュース ]

八卦掌の【段階制クラス】がスタートします!
イメージ

今月の2月28日(日)より、当会で開催していた「国分寺・伝統八卦掌クラス」が、レベルアップを目指した段階制クラス...

[ 活動ニュース ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ