コラム

 公開日: 2014-10-27  最終更新日: 2014-10-28

第一回中間報告会を開催しました!

日本の習い事は週に一回教室に通うというペースが最も多いと思います。

私も子供の頃に日本舞踊とピアノを習っていましたが、やはり週に一回の稽古でした。

三つ年下の弟も、少林寺拳法の稽古に通っていましたが、同じく週に一回でした。

なのでそういうものだと思っていました。

しかし、中国に太極拳留学していた頃、ある話を聞いてその習慣が全世界共通ではないことを知りました。

地元の太極拳武館の事務所で井戸端会議をしていたときのことです。なんと、中国や韓国や欧米では、月~金で太極拳道場に通って、土日はファミリーと過ごすらしいのです。

本当かな~と思っていたのですが、また別の機会に韓国人の友達と話をしていたら同じことを言っていました。

だから日本で太極拳を習得するのは難しい・・・

と言うのです。

私も太極拳を学び始めた頃、運動を学ぶのは生まれて初めてだったので、まったく型が覚えられず、自主練習ができないことを苦に、会社を辞めて師匠の寺に弟子入りしたので反論できません。

しかし、日本にだってたくさん素晴らしい太極拳愛好者の方はいらっしゃるので、きっと正しい練習方法で努力をすれば、日本にいても習得は可能だと思い、日本に帰ってから教室を開いて指導をさせていただいて皆さんと共に練習を重ねてきたのですが、今思うことは、自主練習さえしっかりできれば、週に一回の教室稽古でも型の習得は可能だと思います。

理論上です。

あくまで理論上は可能です。

しかし人間は理詰めでは生きていけません。

中国・韓国・欧米のスタイルを基準として、週に5日稽古して2日休むとして、教室の稽古日を省くと週に必要な自主練習日は4日です。

太極拳の一回の稽古の理想時間は2時間なので、週に自主練習に必要な時間は最低8時間です。

これを長期間継続できる方は、おそらく日本で太極拳の指導者になれるでしょう。

理由は、この嵐のように忙しく複雑な日本の社会のなかで、たくさんの誘惑に打ち克ってほぼ毎日2時間の練習時間を確保できる人は、強い意思と、強靭な精神力と、雨風に負けぬ忍耐力の持ち主だからです。

日本人は大変優秀で中国武術を学ぶのに非常に適していると私の師はおっしゃっておりましたが、優秀さが裏目と出て高度に発展した社会でてんてこ舞いになっているのは私だけではないと思います。
(私はてんてこ舞いの方で、優秀ではありませんが・・・)

社会は変えられませんが、自分から変わることはできると思います。

ということで、当会では授業以外の課外練習を取り入れています。

参加費は会場費だけです。

一人一人が少しずつ時間を調整して、少しでも多くの練習時間を共有して、全体の団結力でモチベーションと水準を上げていくことで、なんとか太極拳や八卦掌の習得への道を切り開こうという目的です。

前置きが長くなりましたが、昨日第一回目の中間報告会を行いました。

教室を一歩出て、自主練習の報告をする集いです。

参加者の皆さんのそれぞれの思いや夢や目的や気持ちが集って、同じ型、同じ動きをするのですが、演武する方も、見学する方も、とても自然で無理がなく、なんと言ってもとても楽しい報告会でした。

楽しさこそ学習の原動力だな、と痛切に感じました。

虚しい興奮ではなく、心の温まる楽しさは、太極拳や八卦掌を日々練習している一人一人の皆さんの真摯な心と努力の積み重ねの結果だと思います。

教室以外で練習を行うことは、初心者でなくてもなかなか難しいことです。

真剣に学んでいる人の方が、継続という難しさを痛感していると思います。

共に学ぶ仲間を大切にする心を、笑顔と共に体現してくださった参加者の方々に感謝です。

好きな習い事でも、一生好きでい続けられるのは難しいと思います。

当会では、絆を大切に、そしてできれば苦練の連続ではなく、皆さんと共に暖かな光を浴びれるような太極拳と八卦掌を目指して行きたいと思います。


少しですが、報告会の様子の写真です↓

▼開会式 (名司会のスピーチで会場は笑顔で溢れていました)


▼練習報告 (陳式太極拳には力強い動きが多く含まれます)


▼記念写真 (私だけ張り切ってチャイナを着ています、皆さんとても真摯です)


▼総評 (プログラムがシンプルで美しく読みやすかったです、製作者のセンスを感じました)



皆さんとの武縁の輪が広がりますように!


----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
公式サイト: http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

人間としての形成を教えて頂き、これからの人生を豊かにしていきたいと思います。

私が八卦掌を学ぼうとしたきっかけは、十年ほど前、スポーツ...

K・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ