コラム

 公開日: 2013-12-06  最終更新日: 2014-07-31

秋季訪中記(七)

現在、北京の師のもとに8月に怪我をした報告と謝罪のため訪中しています。
師のアメリカ滞在からの帰国が数日遅れている為、待機中です。

中国のことわざ。

「傷筋動骨一百天」

筋や骨に外傷を負ったとき、治癒にかかる月日を表したものです。

北京の窓からの光

朝起きて、北京の滞在先の窓から入る朝陽を見ていると、3ヶ月前に救急病院のICU(集中治療室)で目を覚ましたことを思い出します。

原因:過労による自宅での転倒

『頚椎 第四第五脱臼』

即死か麻痺症状が出る可能性の高い外傷。

幸運にも神経ダメージが無く、手術も成功し、その後は安静に骨癒合を待つ、という治療法でした。

この3ヶ月、リハビリも禁じられていました。

「動くようになる」と言ってくれる医師もいましたが、本当に動くまで希望を持つ勇気が持てませんでした。

25歳で太極拳を学び始めてから今年で37歳、人生の全てを懸けてきました。

一向に可動域が回復しない時期は、「全てを投げ打って鍛錬だけに懸けてきた私から体を奪うなんて神様は酷すぎる」と恨みました。

しかし、私がどう思おうと体は日を追って回復します。

体が生きようとする力は、私が思っていたよりも、ずっとずっと速く、熱く、強いものでした。

この3ヶ月、リハビリというリハビリはしませんでした。

執刀医より禁じられていたこともありますが、物理的にできないのです。

八卦掌の練功者は、数年かけて毎日ミリ単位での可動域を増やすことを考えながら練功します。

まともに動かせない体で、このショックには耐えられません。

精神的ショックというよりも、体の拒絶反応だと感じました。

八卦掌の練功者にとって、関節の可動域とは長い時間をかけて努力で築き上げた結晶なのです。

太極拳においてもそうです。

「一動全動」を求める内家拳(太極拳・八卦掌・形意拳)

※正確には内家も外家も区別はないのですが、学習初期の鍛錬方法の違いから、一般的に「内家拳」「外家拳」という分け方をします。

求めるのは全身の協調運動なので、例えば「足が治るまで、腕を鍛えよう」という部分的な運動ができないのです。

あくまで身体レベルの話で、軽症であれば太極拳運動を行うことで高いリハビリ効果が得られると言われていますが、大怪我となるとそう簡単にはいきません。精神力の強さが必要になります。

頚骨を補強する為、腰の骨も削ったので退院後の1ヵ月間は通常歩行もできない状態でした。

足に関しては、どんどん歩いて体力をつけるようにと指示されましたが、片足を庇いながら無理をして歩くと全身のバランスが滅茶苦茶になり、骨盤の位置がずれてきたので途中で止めました。

12年間かけて構築した、脳内の運動神経回路を優先したのです。

ただ、一気に運動量が減ったため、ストレス性湿疹が出たりしました。

湿疹よりも運動神経回路の保持が大切だったので我慢しましたが、動けるようになると治りました。

不思議なことに、腰の骨が痛くて歩けなかった期間、通常歩行と八卦掌の特殊な歩法はできなかったのですが、太極拳の歩法なら何とか歩けていました。

日常生活の動作すらままならないのに、難度の高い太極拳の型のいくつかが問題なく行えたことで、絶望の暗闇に落ちてしまっても光を見ることができました。

とは言え、連続的動作ができないので、まともな鍛錬になりません。

唯一リハビリとして採用できたのが、「行気」という練功法でした。

太極拳で学んだ行気法に、八卦掌の螺旋運動を取り入れたものです。

体の負担を最小限に減らして、これまで積んできた内功を存分に練れる動き。

本部道場生ですら最初の数回は感覚が探せなかったのですが、徐々に内面の流れを見つけられるようになると、私とは箇所は違えど動きづらかった部分が動いてくる、という感覚があったようです。

「行気」は体を動かしても、動かさなくても、意と気が連動すれば鍛錬できます。

「怪我をしたから得られた」というものではありません。

既に教えを受けていたもので、怪我というきっかけで発動したものです。

体は自然の法則で活動しています。

もう少し本部道場生と共に、この研究を深めてから一般クラスで指導する予定です。

・・・

現在、北京は空気の状態が刻々と変化していますが、それでも快晴の時間があります。

↓中国北京郊外の公園。二胡を弾く人や、散歩、麻雀をしている人がたくさんいます。

北京郊外の公園


↓馴染みの練功場所が緑化されていたので足を踏み入れることができず・・・

北京郊外の公園


↓ここも馴染みの練功場所。ブロックが敷かれて土ではなくなりました。赤い実が生っているのを見るのは初めてで、地面にたくさんの果が落ちているので練功できず・・・

北京郊外の公園


↓最終手段である練功場所。広いのですが風が吹きつけるので、長時間留まることができません。
北京郊外の公園


以前は他に選択肢がなかったので、歯を食いしばって公園で練功していましたが、本来中国伝統武術とは、人目につかない場所でひっそりと行うものです。

そんなに無理しなくてもいいじゃないか、部屋で体を大切にして練功しよう・・・

「養生を知らぬ者は、太極拳を修めることはできない」

これも陳式心意混元太極拳の創始者である馮志強大師の教え。

太極拳は中国国内でも高く評価されています。

そして、その太極拳理の完成度は優秀で、あえて拳書を残さず、口伝、体伝のみで伝承している他の門派の老師方も、一般の生徒に教えを広める際は、太極拳理の言葉を多く引用します。

人間の体でできることには限りがあります。

しかし、その限界に挑み、最高を求め、精神に至り、自然と合一する。

この「天人合一」の境地を、あらゆる中国思想、哲学、芸術、武術、養生学が異口同音に唱えています。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

春光先生のペースや教え方がとても心地良いので続けられる気がします。

太極拳を学び始めてから、脚力がついて足元がしっかりしてき...

K・T
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ