コラム

 公開日: 2013-05-25  最終更新日: 2014-07-31

初夏訪中修行(十七)

5月22日早朝、河南省より北京に戻りました。
中国語の感覚もだいぶ戻ったので、いよいよ師にお会いして八卦掌の修行の始まりです。

まずは朝ごはん。
北京の朝ごはん

それからホテルに戻って少し休んでから練功しようと思ったら……

北京の公園

「あ、暑い」

気温が30度を超えていました。

5月末はまだそんなに暑くないだろうと油断していたので、すっかり調子が狂いました。

近くにお昼寝している猫ちゃんがいたので、近づいたら飛び起きて逃げられました。

北京の公園

お休みのところ、起こしてしまってゴメンナサイです。

「しかし、暑い」

体が慣れません。

「おかしいな?」、と思ってよく考えてみたら、昨年の同じ時期は、まだ基本であるゆっくりとした動きの定勢の練功がメインだったので、暑さにも耐えられたのです。

昨年の8月に活勢の連環掌という、速度を出す型に進んだので、暑さがこんなに辛いのだと気がつきました。

寒い時期は、たくさん動けば体が温まるので苦にはならなかったのですが、気温が上がって初めて「活勢」という練功法の難しさを痛感しました。

アドレナリンを出すような激しい心で動いてはならないのです。

冬季訪中修行では、興奮して体温を上げることで寒さをしのいでいたので、気がつきませんでした。

とはいえ、のんびり動いていると師に叱られると思い、お会いするまでに残された時間は、必死に汗だくになって練功しました。

準備が整ってから、師にご連絡を差し上げると、翌朝の5時半に公園に来るように指示を受けました。

5時半ということは、少なくとも5時には公園に到着していなければならないので、3時半に起床するということです。

体が運動できるようになるまでに十分な時間がないと、起きて直ぐに激しい動きはできないと思っていたので早起きして公園に向かいました。

しかし、師にお会いしてまず言われたことは、

「ファンソン(リラックス)しなさい」

ということでした。

しかし、スピードは落とせません。

迷っている余裕は無いので、力を抜いて動いてみると、呼吸が追いついてきました。

そして、師はさらにもう一言、

「呼吸を乱すな」

です。

そう言われてもう一度一連の動きを行ってみると、急に呼吸が楽になってきました。

いま自分に必要なことは、心理的状態なのだ、と知りました。

型が正確に行えるようになったら、次の段階に進まなければなりません。

その際、状況によっては力を入れる場合もありますし、力を抜かなければならない場合もあります。

これは、師と弟子の一対一の伝承なので、言葉では説明できません。

師の一言一句、一挙手一投足を脳裏に焼き付けます。

早朝の練功が終わると、疲れ果ててホテルに戻ってバタンキューでした。

しかし、心は充実しています。

師の面影が残っているうちに、その日に学んだ内容を自主練功で復習します。

北京の公園

夜になると多少涼しくなるので、翌朝の早起きの辛さを承知の上で夜間練功にも取り組みます。

北京の夜の公園

どこまで行けるだろうか?

そんなことは考えません。

ただただ、己を無くして、師の口伝・体伝・心伝に全てを集中するだけです。

訪中の度に季節は変わりますが、私の八卦掌への思いは変わりません。

そして、どんどん深まってゆくのは、師への敬いの心です。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分の生涯に渡る目標を得ることができました

直接のきっかけは母に勧められてなのですが、この会に入会す...

M・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ