コラム

 公開日: 2013-03-16  最終更新日: 2014-07-31

春季訪中修行(十一)

2013年3月16日、春季訪中修行8日目。

さすがに疲労が溜まってきたのか、起きたら朝の8時半でした。

慌てて公園に行くと、土曜日だったので家族連れの人が多く、和気藹々として雰囲気でした。

休日の北京の公園

この日は暖かかったので、練功を始めるとすぐに暑くなって汗をかいてしまったので、目と鼻の先にあるホテルの部屋に戻って着替えて、再び公園に戻りました。

北京の公園

そうこうしていると、あっという間に11時を過ぎてしまい、「もう少し頑張ったらお昼を食べにいこうかな」、と思っていると突然電話が!鳴りました。

師からでした。

本当に何時ご連絡を頂けるか予想がつきません。

今すぐ師が経営している会社のオフィスに来るようにと言われたので、タクシーに乗って即移動・・・

オフィスのドアをノックして社長室に入ると、師が待っていてくださいました。

それから、「この2日間の練功で疑問に思ったことを質問しなさい」、と仰ってくださったので、頭をめぐらせてみると、色々な疑問が浮かんできます。

今までにないことでした。

今までは、与えられた課題を消化することで精一杯だったので、質問どころではありませんでした。

1つ目の質問で、ほぼ7割の問題が解決できました。

2つ目の質問で、残りの2割の問題が解決できました。

そこまでで師は満足そうに微笑んでくださり、

「もう今までのように苦練を重ねなくても良い、あとは心を用いて感じていきなさい」

「また次の段階に進む時期がきたら、その時に伝えよう」

と仰ってくださいました。

以前は自分が上達することが喜びでしたが、いまでは師に喜んで頂けることが何よりの喜びです。

多くのことを、このコラムに書くことはできませんが、それでも少しでも多くの方に中国伝統武術の素晴らしさを紹介したくて、こつこつと書いています。

まったくの初心者であった私がゼロから中国伝統武術を学んで体感してきたことを書かせて頂くと、「丹田」は結果論です。

日本では、とかく丹田を語りがちですが、丹田は既にあるものです。

あるべくしてある、結果論です。

追求すべきは命門なのです。

脚力に頼る練功は、大変苦しく、そしてすぐに衰えるものなので、精神的に参ってしまいます。

大切なのは腰、すなわち命門です

・・・

師の社長室で指導を受け、そして昼食のお供をさせて頂きました。

もう形の指導はほぼ終わり、内面を練る段階に入りました。

先日、師に教えを頂いた、「強求」と「追求」の違いについて、もう少し具体的に教えてくださいとお願いをしました。

「追求」とは、法に則り歩んでいく道。

「強求」とは、己の感情のままに求めること。

それを聞いて、半分安心して、半分反省しました。

半分は、私は少なくとも正しい理念に則って行動したいと常日頃から心がけているので、その安心です。

残り半分は、自分が貫いている理念が正しいのかどうか?という反省です。

具体的な八卦掌の技術の核心は、門下生でないと語ることは許されていませんが、目指すべき境地については大いに語ることを許されています。

この日も師より、大切な教えをたくさん頂きました。

教えを与える者と受ける者の呼吸が一致したとき、学びは芸術となります。

幸福とも呼べます。

人間と人間が、こんなにも真剣に向かい合えるのかという感動があります。

・・・

帰りは三輪タクシーでホテルに戻りました。

北京の三輪車

短い休憩の後、公園に戻り、師に教えを頂いた方法を一つ一つ心に思い浮かべながら練功を行いました。

北京の公園

今回は気候も良く(昨年の春季訪中修行では、黄砂でほとんど外出できませんでした)、集中して修行に取り組めるので、近所にある友人の茶芸師さんの茶店以外は、どこにも出掛けず残りの5日間しっかり精進します。

帰国して、日本で待っていてくださる生徒の皆さんと一緒に、この学びを分かち合えるのを楽しみにしています。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

一人でないんだと思えることが嬉しいです。

ストレスから歩けなくなったことがきかっけで、歩く練習にと...

M・N
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ