コラム

 公開日: 2013-03-12  最終更新日: 2014-07-31

春季訪中修行(六)

2013年3月12日、春季訪中修行4日目。

この日は朝7時に師と公園で待ち合わせだったのですが、天気予報があたり雨が降ってしまいました。

朝5時の時点では雨は降っていなかったので、ホテルの部屋で体を動かして準備をしていたのですが、ぎりぎりになっての雨天中止です。

弟弟子も公園まで来ていて、突然の雨に慌てて自宅に戻って行きました。

北京の雨の朝

私もとりあえず部屋に戻りましたが、緊張と早起きのせいか急に睡魔に襲われ、1時間ほど寝てしまいました。

目が覚めてから公園に行くと、春雨上がりのしっとりとした良い雰囲気でした。

松葉の露

気圧の変化で少し頭痛がしたのですが、樹の下で樹に守られるようにゆっくりと基本功を行っていると、すっかり気分がよくなりました。

北京の八卦掌の練功場所

私が太極拳を学び始めたのは、深い理由があります。

それから八卦掌に出会うまでにも、長い長い道のりがあります。

しかし、今この時、私が師の八卦掌を学んでいる理由は、とてもシンプルです。

それは、師が、

くるりと美しく螺旋されたからです。

あの時の感動は生涯忘れないと思います。

美しかったです。

今まで見たどんな動きより、美しかった・・・

考えに考え抜いて、探しに探しあぐねて、やっとたどり着いた師でしたが、目の前にした時の印象は、とてもシンプルでした。

「人間がこんなに神々しく動けるのか!」

「いや、人間だからこんなふうに動けるんだ」

とにかく、私は麻林城老師の動きに魅了されたのです。

そして何故だか、これなら人生掛けて精進すれば必ずできるようになる!と思いました。

そのあと師とは、言葉や文化の壁から何度も行き違いがありましたが、それでも師への敬意と信頼を失うことなく縁が切れなかったのは、「絶対に諦めない」、という師と同じ情熱と、あとは本当に心の底から師の動きに感動したからだと思います。

どんなに遠くても、師の背中を見ていられるというのは、有り難いものです。

この日は小雨だったので、樹の下でゆっくりと練功をしながら、昨日弟弟子が言っていた言葉を思い出しました。

「君の師父にさ、僕はどうしても左足がうまく動かない、練功しても練功しても問題ばかりでてくるので苦しいです、って言ったら、こう仰ってたんだ」

以下、麻林城老師のお言葉です。

「問題がでてくるから解決しようと努力する気になるだろう、解決すれば上達する。あるとき、探しても探しても自分のどこに問題があるのか見つけられなくなったとき、それこそが本当の苦しみだ。つまりその状態から更に上達することができなくなるのだから・・・」

やり抜いた人の言葉です。

そして、どこまでも謙虚な人の言葉です。

その先を知っている人の言葉です。

ちからが湧いてきます。

その言葉を思い出したら、急にやる気が満タンになりました。

基本功を終えると、少し雨が降ってきたので、ホテルで小休憩をしてお昼ご飯を抜いて午後の練功に公園に戻りました。

そして、今の自分の技術の限界に至るために全力で打ち込みました。

もう綺麗な真円を歩く段階を過ぎて、自分の体が行える限界の角度を出していく段階にきているので、すぐに息が上がって足がもつれますが、辛抱して続けていると集中状態に入るので呼吸は整います。

多少バランスを崩しても、何度も何度も繰り返していれば動きも安定してくるので、これが訪中修行の醍醐味です。普段は中々ここまで自分を追い詰められません。

しかし、雨で平らになっていた地面がボコボコになってしまいました。

北京の八卦掌の練功場所

師のお言葉を直接聞いても、きちんと理解できないときがあります。

同じ言葉でも、弟弟子から聞くと違った響きに聞こえ、改めて気づかされることもたくさんあります。

良友というのは、こうして得られるものかもしれない、と思いました。

この日は一日中一人で練功しましたが、師のお言葉、そして弟弟子の苦悩と共に鍛錬を積みました。

そして、もう一つ。

昨日師は私に、「日本で築いている信頼関係を大切にしなさい」、と仰ってくださいました。

私の心の焦りを見抜いて、そして私の身を案じて仰ってくださった言葉が、深く胸に染み渡りました。

帰り道は練功の疲労からか足が重かったですが、それも心地よいものでした。

店番のワンちゃんが眠たそうにこっちを見ていました。

北京の夕方の風景

明日もがんばろう!

そう思いながらホテルに戻りました

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「今はこれだけまずはやりなさい」ということなのだと思って、楽しくとりくんでいます。

以前から太極拳に興味がありました。別のきっかけから薬膳を...

S・A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ