コラム

 公開日: 2013-03-10  最終更新日: 2014-07-31

春季訪中修行(三)

2013年3月10日、春季訪中修行2日目。

今日も朝から良いお天気でした。

北京の空

前日の移動の疲労がまだ全快していなかったので、朝ごはんを食べてから公園を少し歩いてホテルに戻って今回の練功計画を考えました。

まずは、日本から持ってきた非常食をチェックします。

訪中修行の非常食

訪中修行時は、いつも体が糖分を欲しがるのでチョコレートをたくさん買って持ってくるのですが、夜中に起きて食べたりするので今回は生徒の方に頂いたお菓子以外は持ってきませんでした。

登山用のインスタントお粥は、バッチリ買い込んでいます。

午前中は、なんだか体が重くて動けなかったのでホテルの中で基本功を行いました。

極度に寒かったり暑かったりしないと、どうも気合いが入りません。

厳しい冬が過ぎて春の訪れを感じるような季節は、逆に気持ちが弛んでしまいます。

お昼になる頃にはダルくて仕方なくなり、ベッドに横になったら昏睡してしまいました。

・・・

夢をみました。

ベッドの横のテーブルに置いてあった中国の携帯電話を取って時間を見ようとする夢です。

何度も手で携帯電話を持ち上げるのですが、夢なので空振りに終わり手の中は空・・・

いくら繰り返しても時間を見れないので、疲れ果てて「これは夢だ」と夢の中で気がついたので開き直って寝てみると、今度は同時刻に日本で行われていた、吉祥寺八卦掌クラスのメンバーが話している声が聞こえてきました。

あまりにもリアルな声に驚いて目を覚ますと、3時間も昏睡していました。

慌てて公園に練功に行きます。

いつもの自主練功の場所が人で溢れかえっていたので、少し離れた場所に移動して、バッグを樹に掛けようと思ったら、水晶のような蜜を出していました。

春のエネルギーを放つ樹

「春だな~、樹もエネルギーを出しているんだなぁ」

と、またボンヤリしてしまいました。

まだ体調が本調子ではなかったので、じっくりと八卦掌の基本の歩法を行って1時間経った頃・・・

「な、なんか、なんか間違っている気がする!」

突然、ものすごい違和感を感じました。

いつも訪中修行のはじめに行っていた基本功なのですが、ぜんぜん手ごたえがありません。

「こ、これは一体どういうことだ!? これで充実感を感じられないと次に進めないじゃないか!」

狼狽してその場でグルグルと歩き回りながら考え込んだ私は、基本功を止めて、前回の訪中修行で師より与えられていた課題の動きを行ってみました。

「おおおおおー!」

血湧き肉躍る、とは正にこのことだと思いました。

日本の生活の忙しさにかまけて、基本練功が足りないと思い込んでいたのですが、自分で思っているより不足していなかったようで、逆に今の状態から更なるスピードを求めるための練功が不足していたことに気がつきました。

「信じられない」

まだまだ、“お灸に耐えるような基本功”を積んでいかないと、今の課題の高速な動きはできないと思っていたので、そうではないことがわかって、反省半分と嬉しさ半分でした。

「これまで亀のように耐えてきた」

「いや、亀さんのような忍耐力も体力もなかった」

「これはひとえに、師の教えの正しさと、恩情のお陰だ」

と感無量になりました。

練功の方針がわかったので、一度ホテルに帰って着替えました。

3月とはいえ、マックスで動いたら汗だくになる服装だったからです。

着替えを済ませてホテルを出ようと一階に降りていくと、入り口の鯉たちが前回より大きく育っていることに気がつきました。

北京のホテルの鯉

魚の動きには、いつもインスピレーションを感じます。

それから公園に舞い戻り、思い切り動ける広い場所を探しました。

北京での八卦掌の練功場所

広い場所は見通しがいいので見物人が集まりやすく集中できないので、いつもは避けているのですが、このときばかりは寄せつけない気合いが出ていたので、ずんずん歩いて地面の様子を確かめると、さっそく全力で練功をはじめました。

限界までグルグルと高速で動いていると、心が静かになって止まったようになります。

動いている体と、それを見ている静かな心。

これが、練功者にとって第一に到達すべき状態です。

真っ暗になるまで練功して、ホテルに帰って晩ごはんの時間まで小休憩していると、友人の茶芸師さんから電話が掛かってきて、茶店に行くことになりました。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「今はこれだけまずはやりなさい」ということなのだと思って、楽しくとりくんでいます。

以前から太極拳に興味がありました。別のきっかけから薬膳を...

S・A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

新しい季節 ~怪我を克服するということ~
イメージ

実は2週間ほど前に、大変嬉しい出来事がありました。あまりに嬉しいので、新規開講したばかりの「赤坂見附・伝...

[ 怪我と克服(実話) ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

太極拳女性専用クラス ~中国工芸茶のひととき~
イメージ

現在、私の自宅の部屋では中国工芸茶の「Venus」が水中花となって佇んでいます。ほんのり甘くて美味しいお茶...

[ 活動ニュース ]

八卦掌の【段階制クラス】がスタートします!
イメージ

今月の2月28日(日)より、当会で開催していた「国分寺・伝統八卦掌クラス」が、レベルアップを目指した段階制クラス...

[ 活動ニュース ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ