コラム

 公開日: 2013-01-01  最終更新日: 2014-07-31

冬季訪中修行(八)

2012年12月31日、午前7時過ぎ。

河南省から(練功服の打ち合わせ)とんぼ返りで北京に戻ったばかり
でしたが、師より公園に来るように指示を受けたので、慌てて顔を洗って、
朝食を食べて、公園に向かいました。

この日は、時間が早かったので、豆乳と油条を食べることができました。
↓人気があるので、朝グズグズしていると、すぐに売切れてしまうのです。
北京の朝食

指示された公園の場所に行ってみると、まだ雪が厚く残っています。

北京の公園

さすがに、ここで練功したら凍り付いてしまうので、近くの雪の無い場所に
移って、準備運動を始めました。

内功が安定している時ほど、たった一日練功を怠っただけで、体の変化を
如実に感じます。

長時間かけて、飛行機や列車で移動したあとの練功には慣れていたのですが、
今年の北京の冬は、例年より寒さが厳しかったので、いつものようには中々
体が動きませんでした。

寒さと焦りで準備運動に集中できなかったので、ウォーミングアップを
兼ねて、今回の修行の課題の激しい動きに取り掛かったのですが、
筋肉が温まらなかったので、すぐに足首が痛くなり、観念してしっかり
準備運動から始めることにしました。

やっと体が通常の状態に戻ると、弟弟子が来ました。

この2日間、どうやって過ごしていたのか聞いてみると、雪と寒さで師からの
連絡は無かったということで、私は少し気が楽になりました。

しかし、一時間半を過ぎても、師はお出でになりません。

弟弟子と、「今朝は何か急用ができたんじゃないかな?」と話しあって、
少し休憩していると、毎日公園を練り歩いている猫がこっちに向かって
軽快な足取りで駆けてきました。

北京の公園を練り歩く猫

黄色い猫は、我々を確認すると、また雪の中に走って戻って行きました。

「あの猫ちゃん、脚冷たくないのかな?」

と弟弟子に聞いてみると、

「慣れてるんじゃないかな?」

と言うので、

「慣れているというより、あれだけの毛の密度と丈夫な肉球がないと生き残れないんじゃない?」

と言い返すと、

「そのとおりかも・・・」

と珍しく納得していました。

北京は相変わらず寒かったですが、河南省の寒さのようなつらさがありません。

きっと師にいつ呼ばれるか解らない緊張感と、常に練功をしている2つの理由に
よるからだ、と思いました。

午前中は、さすがに長旅の疲労からか眩暈がしたので、早めに切り上げて
ホテルの部屋で休みました。

午後は、別の公園で練功です。

歩くと30分かかるので、バスに乗って行きます。

北京の公共バス

午後も、師からの連絡はなかったので、弟弟子と自主練功です。

お昼寝をして体調が戻ったので、今回の課題の一つであった、

『意・気・呼吸』、の一致を試してみました。

高速な動きを行うと、息が上がります。

しかし、きちんと基本功から行って、体を徐々に高度な運動状態に馴染ませて
いけば、呼吸は楽になります。

問題は、日本にいるときは、常に時間が足りないということです。

時間が足りないと、中途半端な練功しかできないので、上達のスピードが
遅れます。

かと言って、時間には限度があるので、私は限られた最低限の時間で、
意・気・呼吸、この3つを整えられないかどうか試してみました。

結局、心が静まると、高速な動きを行っても動作は多少誤差が生じますが、
呼吸は乱れないことに気がつきました。

型の正確さを身に付ける練功は、基本功でじっくり行えるので、
どうしても短時間しか練功できないときは、いつもより集中して心の静寂を
意識することを心に留めました。

一足飛びに上達することはできません。

また、周囲を無視して、自分勝手に独走することも武徳から反れてしまいます。

私は時々、私たち現代社会を生きる練功者は、実は早い時期から武術の核心を
目指しているのではないかと思うときがあります。

それは、戦うべき相手が、最初から自分自身であるからです。

仕事が忙しい、家事が忙しい、体調が優れない、気分が乗らない、
今日は外が寒い、暑い、買い物にいかなければならない、付き合いで出掛けなければ
ならない・・・

ありとあらゆる要因で、ただでさえ切り詰めている時間が更に削れ、わずかに残った
練功時間でさえ、体調を整えるだけで精一杯です。

それどころか、型が覚えられない、と更にプレッシャーを感じ、楽しさを感じづらく
なっています。

大変な時代だと思います。

物質や環境に恵まれていても、本当の人間性をどこに見出せば良いのか、
解りづらい時代だと思います。

特に、内面を見つめ、鍛錬してゆく、内家拳と呼ばれる八卦掌・太極拳の習得には、
時間がかかります。

ある一定期間集中して鍛錬を行ったからと言って、急激に身につくものではありません。

それは、生命の営みを体現することを最高境地としているからです。

「決めたことは必ず行う!」
「絶対にあきらめない!」

という性格の私は、時々真剣に、現代人は本当にこの伝統の技を習得することが
できるだろうか?

と自分に問うことがあります。

師は、こう仰います。

「正しい鍛錬方法で、日々怠らず練功を重ねれば不可能なことではない」

道は、もう開かれています。

歩むかどうかは、自分次第です。

私たちは、何度も迷い、挫折し、過ちを犯しますが、それでも心掛け一つで、
いつでも変わることができます。

変われるということは、生きているということです。

八卦掌の根本理論とは、

「易」

つまり、変化をすることです。

変化は、普遍という太極から生まれます。

長い道のりかもしれませんが、私たちはみんな、そこから生まれてきました。

気がつけば、12月31日。

晩ご飯に、中国の伝統的なご馳走の、『梅菜扣肉』を食べて、明日に備えて
ホテルに戻りました。

梅菜扣肉

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

他のスポーツをやってみた時、意外にうまくできたので八卦掌のおかげかな、と思いました。

現代人は兎角早歩きで、そして仕事でも何でも早い方が優れて...

R・S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ