コラム

 公開日: 2012-12-29  最終更新日: 2014-07-31

冬季訪中修行(七)

2012年12月28日。

朝起きたら、突然ホテルの部屋のネット回線が繋がりません・・・

予期していなかった事態に内心とても焦りましたが、繋がらないものは
繋がらないので、放置して公園に練功に向かいました。

今日の青いジャージのおじさんは、木に向かって激しく両手を
打ち付けています。

樹に両手を打ちつけるおじさん

これ以上、近づけませんでした。

この日は雪が降る予報だったので、空を見上げると、どんより雪雲が
覆っていましたが、

「下雪不冷,化雪冷」
(雪が降るときは寒くない、雪が溶ける時が寒い)

という、ことわざの通り、そんなに寒くありません。

前日、師より教えを頂いた一つ一つの動きを思い出しながら、練功に
精を出していると、弟弟子も到着しました。

一通り型を通した後、いつものように小休憩トークをしていると、
面白い話を聞きました。

「中国人の会話は本当に面白いんだよ」

と弟弟子。

「ふ~ん、どんな風に?」

と私。

「全てを言い切らないんだよ、半分しか言わないんだ」

「ああ、そうだよね、私も最初は意味が解らなかった」

「古代の思想が、まだ残ってるんだ」

「そうなの?」

「例えば論語にもあるんだけど、ある弟子が孔子に
 『人は死んだあと、どうなるのですか?』って聞くんだ」

「うん」

「すると孔子は、『生きることも知らずに、なぜ死を知れる!』と答える」

「嗚呼、まるで禅問答だね」

「そう、つまり禅なんだよ」

「私の最初の師も、禅僧だったから、禅問答には苦労した」

「中国の老師も、全部は説明しないんだ、ちょっと突くだけ」

「うん、うん」

「それで弟子に考えさせる、弟子が少し理解したら、また違う方向から突く」

「なるほど」

「やっぱり、自分自身で気づかないとダメなんだよ」

・・・

こういう会話は、丸一日していても飽きません。

でも練功しなければならないので、話を途中で中断すると、もう一時間ほど
体を動かして、午前の自主練功は解散しました。

この日のお昼ご飯は、中国の焼きそば。
油こってり、ニンニク、韮、たっぷりです。

北京の焼きそば

日本にいる時なら絶対たべられない風味ですが、気候に合っているのか、
とても美味しく感じます。

そして、毎日コーラかスプライトを飲んでいます。
一缶全部は飲みきりませんが、肉体疲労回復と食欲増強には、もってこいです。

ホテルに戻ると、まだネット回線は復旧していません。

念のため、受付の人に聞いてみましたが、

「なんの問題もありません」

とのこと。

まぁいいや、と思ってお昼寝をしていると、12時半に師からの電話が鳴りました。

「午後3時に昨日の公園に来ること」

「はい!わかりました!」

本当に、いつ連絡が入るかわかりません。

気を抜けないのです。

急いで弟弟子にメールをして知らせると、30分集中して寝ました。

約束の時間より、30分早く行って準備運動を済ませておこうと思い、
早めに外に出ると、雪が降り始めています。

雨だと練功が中止になることもありますが、雪では中止にならないので、
そのまま公園に向かいました。

・・・

公園に入ってすぐ、私の苦手な音が聞こえました。

北京の公園で鞭を振るおじさん

長い鞭を振り回して、地面に打ち付ける鍛錬法です。

鞭の先が地面を打つと、巨大な爆竹が張り裂けるような轟音がするので、
音に過敏な私は、とても苦手です。

この鞭の音が鳴り始めると、終わるまで心が静まりません。(怖いのです)

運良く、師に指示された場所からは離れていたので、私は足早に公園の奥へ
走り去りました。

いつもの練功場所。

北京の公園で八卦掌の修行

思い出深い場所です。

ここで色々な教えを頂きました。

この場所で、いまも変わらず師に教えを頂ける有り難さを、ひしひしと感じました。

弟弟子も到着して、二人で黙々と練功をしていると、雪は段々激しくなってきました。

師がおいでになられた頃には、すでに薄暗くなり、地面も『アイス・スケート場』
のようになっており、つるつる滑っていましたが、心身の状態が良かったので、
思いっきり八卦掌の動きを見ていただくことができました。

帰り道

練功の帰りに雪が降る

雪がたくさん空から降りてきます。

とても美しく、幸せな気持ちになりました。

師より許可を得て、週末は河南省に練功服の打ち合わせに行く予定になって
いたので、大雪になると列車が動かなくなるのではないかと少し心配になりましたが、
無事、このたびの冬季訪中修行の前半を終えて、ホッと一息をつきました。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今の自分を少しずつ受け入れながらの練習は、ちょっとした楽しみになりつつあります。

健康診断で運動する事を勧められ、以前から興味のあった中国...

K・Y
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(15

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ