コラム

 公開日: 2012-12-23  最終更新日: 2014-07-31

冬季訪中修行(一)

2012年12月22日、早朝5時。

年末のバタバタで訪中準備が整わず、ほぼ徹夜状態で深夜の2時半まで
起きていた無理が祟って、午前4時半にセットしていた目覚まし時計に
気がつかず、寝坊をしてしまいました。

嫌な予感がして飛び起きて時計を見てみると、
時計の針は早朝5時ちょうど。

5時10分に家を出発しなければ、成田空港行きのリムジン・バスに
間に合いません。

「あと、10分・・・」

しかし、着替えを済ませて布団に倒れこんで寝ていたので、そのまま
スーツケースを一階まで担ぎ下ろして、バス停までダッシュして、
なんとかバスには間に合いました。

寝不足から発生してしまった肩こりで、バスの中でも眠れず、
成田空港に着いた頃には、完全にグロッキー。
(悪循環です、反省)

煌びやかなクリスマス・ツリーも美しく見ません。

成田空港のクリスマス・ツリー

でも、毎年クリスマスは極寒の北京の公園で修行をしているので、
「せめて写真でも」と思い、パシャッと一枚撮りました。

ピンチの時は、とりあえずご飯です。

最近、訪中前の成田空港では必ずレストランで、
お気に入りの『モーニング・カレー』を食べています。

成田空港のモーニング・カレー

とても美味しいです。元気が出ます。

カレー・パワーを充電して、一気に搭乗口まで進み、搭乗までの
一時間半、並んである椅子の隅っこで、ひたすら太極拳の纒絲勁と
八卦掌の基本歩法を行って体を整えました。

しかし、飛行機に乗ってガックリです。

自宅にはテレビが無いので、飛行機に乗るときは、飛行機恐怖症の
緩和も兼ねて、座席シートにセットされてある液晶テレビで映画を
観るのを楽しみにしていたのですが、今回乗った飛行機は液晶画面が
頭上に設置されてある機種で、番組が選べません。

視力が低く、乱視で裸眼なので、ずっと頭上の画面を見上げているのも、
限界があります。

おまけに、強烈な逆風で飛行時間が長引くとのアナウンス。

揺れこそ少なかったものの、長くても3時間半で北京空港に到着する
ところ、5時間以上も掛かってしまい、疲れきってしまいました。

しかし、着陸は今までで一番見事でした。

ほとんど着陸の衝撃を感じず、着陸後も非常に滑らかな減速と走行を
行っていたので、心の中で機長さんに大拍手です。

しかし、荷物が出てくるまで、またまた30分待つことになり、
その間もメゲずに、ずっと準備運動と太極拳の纒絲勁と八卦掌の基本歩法を
行っていたのですが、あまりの寝不足と疲労で体が突っ張って全然柔かく
なりません。

あれやこれやと工夫をして動いていると、同じく荷物待ちをしていた女性に
怪しい目で見られました。

荷物を受け取ってからは、大急ぎでタクシーに乗り込みホテルに向かった
のですが、運転手さんが気を利かせて高速道路の料金を節約するために、
目的地よりだいぶ手前の出口で高速を降りてしまったので、その後
大渋滞にはまり、ホテルに到着した頃には、すでに外は真っ暗でした。

そして、予想通り極寒です。

なんとかチェック・インを済ませて、部屋に荷物を置いて、とりあえず
晩ご飯を食べに行きつけの軽食チェーン店に駆け込み、シューマイと
薄味の麺を食べてホテルに戻ると、ここにもクリスマス・ツリーが、

北京のホテルのクリスマス・ツリー

気分が優れないと、美しいものも美しく見えません・・・

部屋に戻り、スーツケースから非常食を取り出して、ドングリを隠す
リスのように、大事に引き出しに仕舞ってから、ひとまずベッドの横に
腰掛けてテレビを見ながら「ぼ~っ」としました。

訪中修行用非常食

なんだか落ちつかなと思い、よく部屋を見回してみると、室内が寒いことに
気がつき、暖房のスイッチを探したのですが、疲労で判断力が最低値まで
落ちていたので、見つけるのに15分近く掛かってしまい、なんとか暖房を
ONにして、設定温度を調整したところで、計ったかのように、

停電!!

電気が消えたのです。

真っ暗です。

カーテンを開けてみると、ホテルの全部屋が真っ暗です。

さっき見たクリスマス・ツリーも真っ黒。

もちろん、ONにしたばかりの暖房も、OFF。

オーマイ・ガッ!

中国では停電は日常茶飯事なので、引き出しに常備されてある懐中電灯の
明かりを頼りに、防寒用のユニクロの服を着込み、薄っぺらい布団を被って、
外から聞こえる「ピュー、ピュー」という寒そうな風の音を聞きながら、
寝ることにしました。

つづく

----------------------------------------------
日本中国伝統功夫研究会
会長 横山春光
サイト : http://www.kungfu-life.com
お問合せ: info@kungfu-life.com

★中国留学記はこちら↓
http://kungfu-life.com/ryugakuki/shunko_ryugakuki.html
----------------------------------------------

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

太極拳は独学では学べないということが身にしみてわかりました。

20代の頃から武術を学びたいと思っていたのですが、30代を過...

Y・M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(19

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ