コラム

 公開日: 2012-05-10  最終更新日: 2015-11-26

GW訪中記~中国茶編(二)

私は自宅に紫砂罐を置いていて、その中に散茶の『宮廷プーアル茶』を入れて寝かせています。

年代物のプーアル茶は高くて買えないので、まだ安値の新茶を買ってきて、自宅で熟成させるのです。

そろそろ残り少なくなってきたので、今回の訪中で新茶を買おうと思っていたのですが、友人の茶芸師の杨渊(ヤン ユエン)さんに『7581茶磚』というプーアル茶を紹介してもらいました。

六年物です↓

プーアル茶

今まで何度か、『宮廷プーアル茶』以外のお茶を飲ませて頂いたことがあるのですが、いつもプーアル茶独特のクセのある味が強すぎるか若しくはクセが無さ過ぎてよくわからない、という場合が多く素人の私は一途に『宮廷プーアル茶』を愛飲していました。

「宮廷プーアル茶より、絶対美味しいから、飲んでみて!」というので、試しに飲んでみたら、本当にとても美味しかったです。

中国語で「柔」と表現される上品な舌触りと、飲んだ後の何とも言えない心地よさ、そして、しっかりプーアル茶の風味があるのに全然しつこくなくて、発酵が十分でないプーアル茶にある、あの嫌な後味のトゲトゲ感が全然ない!

さすが六年物。

ホワ~ン

と良い気分になれました。

お値段も安かったので、気に入って買ってしまいました。
信頼できる友人がいると、安くても良いものがみつけられます。

『茶磚』(チャー ジュアン)の『磚』とはレンガのことでレンガの形に圧縮した茶葉を『茶磚』と呼びます。

どうしてこのような形にするのか聞いてみたら、古代中国では
馬の背に乗せて商品を運んでいたので、なるべく小さな体積で多くの茶葉を運べるように、という工夫からこのような圧縮法が生み出されたそうです。

↓専用のプーアル刀で、丁寧にガリガリ削って淹れます。

プーアル茶

中国茶の楽しみの一つに、童心に返れるということがあると思います。

私は幼い頃、水遊びや自然の植物を観察するのが好きだったのですが茶具がお湯を浴びている様子や、茶葉が開いていくのを眺めているとそれだけで無条件に楽しい気分になり、心がほどけます。

今回、友人の杨渊さんに、『紫砂杯』をプレゼントして頂きました↓

紫砂杯

可愛い二匹の金魚が仲良く泳いでいる彫刻が施してあります。こういうのがずっと欲しかったので、とても嬉しかったです。

・・・

三年前に出産をした杨渊さんは、只今ダイエット中だそうです。

私が練功の合間に杨渊さんの茶店に寄ったとき、ダイエット茶なるものを飲んでいたので、私が「何が入っているの?」と聞くと「味見する?」というので飲んでみましたが、苦くて酸っぱくて微妙な味でした。

私が遠慮して「うん、そんなに悪い味でもないんじゃない?」とコメントすると、杨渊さんは笑いながら「無理しなくていいよ、練功する人はダイエットなんかしなくていいから」と言って高級白茶の『白牡丹』を淹れてくれました。

綺麗な薄緑の「湯色」(茶水の色)を眺めながら、二人で同時に『白牡丹』を口にした瞬間、杨渊さんは、

「坏了」(しまった・・・)

と声を上げました。

そうです、先ほど飲んだ強烈なダイエット茶のせいで舌が麻痺して繊細な『白牡丹』の味がわからなくなっていたのです。

「あ~あ、もったいない!」

と二人で嘆きながら、白湯を飲んだりして舌が正常な味覚を取り戻すのを待ったのですが、なかなか戻らないので、プーアル茶を飲んでおしゃべりすることにしました。

それから15分ほど経って、冷め切った『白牡丹』を飲んでみたのですが、

「おおおっ!」

まだ舌がよく機能していませんでしたが、何層かの清々とした味わいが含まれている感覚だけはわかりました。

結局その日は『白牡丹』の品茶ができなかったので、杨渊さんは「日本に帰ってから、じっくり飲んでみて」と言って、一袋お土産に『白牡丹』の小袋をくれました。

中国茶 白茶 『白牡丹』

味の濃い飲み物や、またお肉をたくさん食べた後、そして体調の優れない日は味覚が正しく働かないので、貴重なお茶を貰ったら飲むタイミングを考えなければなりません。

一番良いタイミングは、太極拳や八卦掌の練功の後です。

心も落ち着いて、体の状態も整っているので、普段は感じないお茶の深みがわかります。

ただ、カフェインが多く含まれているお茶は刺激が強いので一~二杯がちょうど良いです。

熟茶のプーアル茶は、ロー・カフェインで、ダイエット効果もあるので、燃焼したい方は四~五杯飲んでも問題ないと思います。

(私は中国留学中、プーアル茶のダイエット効果を知らずに美味しいからと思って、毎日練習の合間にガブガブ飲んでいたら体重が減り過ぎて、体力が低下してしまったことがあるので、何ごとも適量が大切です)

訪中修行期間中の唯一の『リラックス・タイム』が、杨渊さんのお店で過ごす中国茶の時間です。

お茶だけでなく、生活の知恵や、中国独特の風習を学べる豊かな時間でもあります。

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声
A・S
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ