コラム

 公開日: 2012-05-08  最終更新日: 2015-11-26

GW訪中記~中国茶編(一)

今回の訪中では、行きつけの中国茶店で運命の紫砂壺に出会ってしまいました。

当会主催の、『千歳烏山太極拳クラス』では、月に一度中国茶タイムを行っているのですが、私が所持しているのは一人~二人用の小さい紫砂壺だけで、十数名の生徒の皆さまにお茶を振舞うには小さすぎたので、代用にガラスの茶壺で淹れていたのですが、茶葉によっては紫砂壺を使って高温の熱湯で淹れないと、中々茶葉が思うように開かないことがあったのでそろそろ大きめの茶壺が欲しくなったのです。

そこで、私が最初に気に入った茶壺がこれです↓

梨形壺

とても上品な、『梨形壺』です。

葡萄の葉の彫刻と、裏面には「读书得清趣品茗生远思」という文字が彫られており、優雅で、それでいて深遠な境地を漂わせる、きっと一生眺めていても飽きない、それどころか使えば使うほど味わいが出てくるような茶壺です。

手に取ったり、そっと撫でてみたり、文字の意味を店長の茶芸師の杨渊(ヤン ユエン)さんに質問したりしていると、私のその『梨形壺』への恋心とは裏腹に、「これが貴方には似合うわよ」と一番上の写真の茶壺を渡されたのです。

「え~、この貔貅(ピー シュウ)が乗っかってるの、なんだか大味だよ~」

と私が嫌がっていると、杨渊さんは、

「だってあなたは練武の人でしょ、この壺とても威風凛凛としてて、あなたにぴったり」

(そんなバカな・・・)

自分では優しい雰囲気を持っている“つもり”だったので、横目でちらちら上品な『梨形壺』を見ていると、「こういう風格の茶壺はまだ私にさえ使いこなせないわ、そうね、きっとあなたの日本の師匠だったら、よくお似合いになると思うわよ」と言っていたので、私はとても驚きました。

私の日本の師匠は山口博永老師といって、禅の高僧で、逞しい体格の太極拳の大家でもあるのです。

私は、こういう優しくて上品な茶壺は女性向きだと思っていたのでその旨を伝えると、杨渊さんはこう仰っていました。

梨形壺

「そうとは限らないのよ、山口老師のような熟年の禅僧で、深遠な境地に至られていらっしゃる方の手の中でこそ、この茶壺は静かに佇んでいられるわ。私たちのような三十代では、まだ無理ね。私もいつかこの茶壺が似合うようになりたいわ、それにしても残念、どうして山口老師はコーヒーしか飲まれないのかしら・・・」

私は、(これは是非とも山口博永老師にこの『梨形壺』を贈らねば!)と思いました。

茶芸師の杨渊さんとの会話はとても楽しいですし、勉強になります。

私は改めて、『梨形壺』を手に取って、鏡に映った自分の姿を見てみると今度は本当に、心底がっかりました。

全然似合いませんでした・・・

仕方ないので、杨渊さんに勧められた貔貅(ピー シュウ)が乗っかった威風凛凛とやらの茶壺を持ってみると、店内に居た常連さん含め全員に大爆笑されました。

紫砂壺

「すっごい似合ってるよ、もうそれしかないね(笑!)」

確かに、鏡に映っている貔貅くんと私は、やたらとお似合いです。

似合っているのに、周りの人に笑われ、自分でもなんだか愉快な気分になってしまい、複雑な心境でいると杨渊さんは、

「まだ、私たち三十代だもの、今の年齢にあった茶壺を使えばいいじゃない」

確かになるほど、人生は長いです、無理に背伸びをすることもありません。

私は、観念して貔貅くんの茶壺とこれから付き合っていくことに決めました。

・・・

他にも、『松鼠壺』というリスをあしらった可愛らしい茶壺もあります。

松鼠壺

紫砂壺(茶壺)は、材料が粗悪なものから上質なものまで非常に幅が広くまた素人の目では余程の粗悪品でない限り、なかなか上質な物と、そうでない物との区別がつけられないので、私はいつもこの友人の杨渊さんのお店でしか買いません。

でも、一つだけ、茶市場にいって自力で買った茶壺があります。

それが、これです↓

紫砂壺

小さくて丸くて可愛かったので、気に入って購入してから、もう三年も大切に使っています。買ってきたばかりの時とは比べ物にならないほど艶と生気が出てきました。

紫砂壺は、使えば使うほど茶葉の気を呼吸して、光沢と趣が深まります。これを、“養壺”(ヤァンフー)と言います。

上記で紹介した三種類の茶壺は、まだ 開壺(カイフー)という茶葉で煮込む目覚めの工程を行っていないので、眠っている状態です。

長く使い込むと、本当に愛着が湧いてきますし、お茶を飲むのも更に楽しくなります。

そして、自分の内面を表現できる、非常に芸術性の高い中国伝統工芸であると思います。

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

太極拳は独学では学べないということが身にしみてわかりました。

20代の頃から武術を学びたいと思っていたのですが、30代を過...

Y・M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(19

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

新規開講!「赤坂見附 伝統八卦掌クラス」
イメージ

今年は公園の梅の開花が1月より始まっています。毎年、梅の花を見ると、私の師匠である第五代伝統八卦掌正統継...

[ 活動ニュース ]

物事の背後にあるものを見る
イメージ

本日は、「八卦掌を学ぶ秘訣」についてお話したいと思います。しかしこの内容は、八卦掌に問わず、全ての学問...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

美容院で「肩が凝ってないですね~」と言われたい方へ
イメージ

本日、美容院に行ったら、とても嬉しいことがありました。シャンプーの後、鏡の前に座って施してもらうマッサ...

[ 太極拳の健康効果 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ