コラム

 公開日: 2012-05-05  最終更新日: 2015-11-26

GW訪中記~表演服の職人さんとの再会編

昨夜5月4日に無事中国北京より帰国いたしました。

今回は、4月25日に北京空港に到着してから、日帰りで河南省の表演服の職人さんに会うために列車の切符を購入するという行き当たりばったりの計画を立てていたのですが、当日にも関わらず運良く列車の切符も手配することができ旅程はスムーズでした。

北京西客站

出発前は、黄砂が吹いているという噂を耳にしていたのですが到着してみると見事な快晴でした!

夜行の寝台列車の切符が買えなかったので、夕方5時に発車する切符を買い、スーツケースをゴロゴロ転しがながら、慌てて列車に飛び乗ると、なんと到着は夜の11時という6時間列車の切符だったので、体力的に少し不安になったのですが、久しぶりに列車に揺られながら中国の雄大な景色を眺めていると、案外楽しく6時間を過ごすことができました。

翌日、表演服の職人さんは午前中は用事があるというので午後に会う約束をして、私は朝ごはんを食べに街へ出ました。

粟(小米)のお粥と包子(バオズ)

留学していた当時、ト文徳老師という『中華武林百傑』の一人に選ばれた武術家の老師より、毎朝厳しい指導を受けていた時期があったのですが、あまりの厳しさに堪えられない時、「お腹が空きました!」と言ってよく練習を抜け出して食べに行っていた露店の朝食屋に行ってみると、四年前とまったく変わらず営業していたので、嬉しくて好物だった小米粥(粟のお粥)と包子(バオズ)を食べました。

当時の記憶が鮮明に蘇ってきて、懐かしさやら、感謝の気持ちやら、色々な感情が一斉に噴き出してきて、一瞬目頭が熱くなりました。

寂しさの涙とは違います、人生を思いっきり生きている歓喜の涙です。

小米粥は穀物の味がしっかり出ていて、包子の中の具もジューシーで相変わらず、とても美味しかったです。

その後、手持ち無沙汰だったので、一人で布市場に行ってきました。

河南省鄭州市の布市場(纺织大世界)

巨大な布市場には、ありとあらゆる布が売っていて、質の良いものから低価格なものまで勢ぞろいしているので、目利きがないと変なものを買ってしまいます。

留学当時、よく通っていましたが、各店の店長と布の特色について「あーでもない、こーでもない」と討論したり、値段の交渉をしたり何度訪れても時間を忘れてしまうほど面白い場所です。

今回は珍しい生地を見つけたので、試しに数着分買ってからお昼ごはんに、“熱干麺”という麺を食べに行きました。胡麻ペーストと香辛料を絡めて食べる麺なのですが、これまた感無量になるほど美味しいのです。

外が暑かったので、追加で冷えたコーラを頼んで、ゆっくり喉に流し込むと、更に美味しさが増しました。

今になって思えば、私は中国北部の食文化と、四季の変化がはっきりしていて乾燥している気候は、体質に合っていたのかもしれません。“熱干麺”を食べ終わった後、店の外をボーっと眺めながら思いました。

そして、午後2時に表演服の職人さんの工房へ行きました。

久しぶりの再会だったので、とても嬉しかったのですが、職人さんが開口一番、「いつ結婚するの!」と聞いてきたので、「あーうー」と返事ともつかない声を出してしまいました。

日本から持参してきた、生徒の皆さまからのお土産を職人さんへ渡すととても喜んでくれて、さっそく現在注文している数十着分の細かな色あわせや、デザインの製作表作りの作業にうつりました。

表演服の生地の色見本

打ち合わせ中に、職人さんが何度も、「前回作った生徒さんたちの表演服は、サイズはどうだった?丁度良かった?」と聞いてくるので、「大体でいいですよ」と答えたのですが、(この職人さんは、通常はセミオーダーは受け付けていないのです)、「うん、そうは思うんだけど、やっぱりいざ製作に入ろうとすると考えちゃうのよね」と言っていたので、(やっぱり職人さんは職人気質だな)と思いました。

河南省にはたくさん武術の表演服を製作している工房がありますが、私はこの職人さんが一番だと思っています。

なんといっても、心が入っているのです。

日本人の感覚と、中国人の感覚の違いは確かにありますが、それでも長く着ていると、言葉にはできない心が伝わってきます。

打ち合わせが終わってから、最近の表演服製作事情について色々なお話を伺いましたが、プロ意識を持っている方との会話は、とても勉強になりますし、心が充実します。

「着る人の、年齢や性格や思い、そして生活環境を形にしたい」

そう言っていた職人さんとは、もう7年の付き合いになります。

これからも、長くお世話になると思います。

● 八卦掌・太極拳 ~教室のご案内~
● 横山春光 ~中国留学記~ (お読みいただければ幸いです)

この記事を書いたプロ

日本中国伝統功夫研究会 [ホームページ]

スポーツインストラクター 横山春光

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL:080-9172-1248

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生からの声

地震の影響で各駅のエスカレーターが止まっているので、最近は階段を使うようになったのですが、太極拳を始めてから一年・・・気がつけば、階段を上っても息が切れな...

各クラスの紹介
国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班

★公式HP「国分寺・伝統八卦掌 基礎/継承班」のご案内はこちら!【段階制班の特徴】  日曜午後の国分寺スタジオで【基礎訓練班】と【継承班】の二つの段階に取...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
太極拳指導家の横山春光さん

心身を養い、一緒に鍛錬していきましょう!(1/3)

 「太極拳」、「功夫(カンフー)」といえば、公園で行っている健康体操、若しくは気で人を飛ばす、といったイメージがあります。しかし、6年間本場中国で修業を積んできた横山さんを知れば、本当の太極拳の素晴らしさを知る事ができます。 「私たちの...

横山春光プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

指導力の幅広さ

会社名 : 日本中国伝統功夫研究会
住所 : 東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル5F [地図]
TEL : 080-9172-1248

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-9172-1248

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横山春光(よこやましゅんこう)

日本中国伝統功夫研究会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

太極拳を学んでから、自分の歩幅で生活できるようになりました。

スポーツクラブの太極拳プログラムに参加したのがきっかけで...

R・T
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
新木場・中国伝統武器精鋭コース
イメージ

4月16日(土)に、新木場にある東京スポーツ文化館にて、『中国伝統武器精鋭コース』をスタートしました。★...

[ 器械・武器法 ]

新しい季節 ~怪我を克服するということ~
イメージ

実は2週間ほど前に、大変嬉しい出来事がありました。あまりに嬉しいので、新規開講したばかりの「赤坂見附・伝...

[ 怪我と克服(実話) ]

調子の悪い時の練習が、上達の瞬間を生む
イメージ

八卦掌に休みの日はありません。通常のスポーツでは、効果的に休みの日を作ることがレベルアップに必要なこと...

[ 八卦掌を学ぶ秘訣 ]

太極拳女性専用クラス ~中国工芸茶のひととき~
イメージ

現在、私の自宅の部屋では中国工芸茶の「Venus」が水中花となって佇んでいます。ほんのり甘くて美味しいお茶...

[ 活動ニュース ]

八卦掌の【段階制クラス】がスタートします!
イメージ

今月の2月28日(日)より、当会で開催していた「国分寺・伝統八卦掌クラス」が、レベルアップを目指した段階制クラス...

[ 活動ニュース ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ