>   >   >   >  松田晃一

飲料&食品製造の悩みを解決し利益向上をもたらすコンサルタント

プロTOP:松田晃一プロのご紹介

食品&飲料製造業界の「困った」を解決する、特に飲料ビジネスに強みを発揮する!(1/3)

株式会社ティーベイインターナショナルの松田晃一さん

ミネラルウオーターや飲料ビジネスにコンサルティングが必要な理由をご存じですか?

 「2011年の東北大震災の福島第一原発の事故以来、水道水に対する不安が一気に高まり、一時的にペットボトルのミネラルウォーター特需が発生しました。これに呼応するかのように異業種からの新規参入が相次ぎ、地域の水源をベースにペットボトルのミネラルウオーター製造工場(以降、MW工場)が急増しました。ところが、中には食品製造に対する知識を十分にお持ちではない企業様も散見され、日々の生産や販売にご苦労されるのみならず、何よりも食品衛生に関する知識をお持ちでない場合には大きな品質上のトラブルにいたってしまう事例も発生しております」
と、株式会社ティーベイインターナショナル代表取締役の松田晃一さんは熱意をもって話します。

 松田さんは、キリンビール&キリンビバレッジに30年勤務し、製造や品質管理だけでなく工場建設(8年)にも長く携わり、幅広い経験を活かして飲料ビジネスのコンサルティングを行っています。
また、大学時代は食品微生物を専攻し、現在は生物工学における技術士の資格を取得、さらに、会社勤めをしながら経営学修士(MBA)を取得したことで技術面だけのアドバイスだけでなく、会社経営者の立場にたった実践指導も行っておられます。

「ペットボトルのMW製造の場合、容器コストが大部分を占めます。そのため、従来の熱に強くて頑丈なペットボトルを容器メーカーから購入してホット充填する方式に代わって、最近はほとんどの事業者様が常温充填方式を採用されております。自社工場内で軽くて安価なプリフォームやペットボトルを製造し、最終的にミネラルウオーターをペットボトルに充填し、製造されております」

 それの何が問題なのか、松田さんに伺いました。

「製造原価を下げるという点では大変よいことと思います。問題はホット充填方式に比べて常温充填方式ではやはり微生物リスクが高いということです」

 製造設備がまだ、新しいうちは問題が露見しませんが、数年の稼働で一気に問題が多数、顕在化する場合も多いそうです。

「決して難しいことではなく、基本的なことを知り理解して製造さえすれば、問題がおきることありません」

 プロの目線で松田さんが指導されているということですね?

「見様見真似でMW事業を始められた事業者様もたいへん多いように思います。また、比較的大規模の飲料工場でも日本全国を見渡すと約数年に1回の頻度で微生物的な問題が発生し、製品回収の事例も報告されています」

<次ページへ続く>

【次ページ】 得意分野は売上向上と工場内のコストダウン。その取組み姿勢としてはまったく異なる

松田晃一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

30年超の飲料製造経験を活かした技術指導と会社利益向上

会社名 : 株式会社ティーベイインターナショナル
住所 : 東京都港区高輪2-13 [地図]
TEL : 080-5448-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5448-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田晃一(まつだこういち)

株式会社ティーベイインターナショナル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
5月11日「飲料製造における殺菌および充填技術の基礎と微生物事故防止に50名を超える申込をいただ
イメージ

開催場所は東京代々木の全理連ビルです。まだ、申し込み可能ですので、ご希望の方は次のURLからお申込みください。...

6月27日 DrinkJapan専門講演 ビール&飲料の世界の最新製造技術の紹介

ドイツミュンヘンで開催されたDrinktec 2017を中心に、現在の最新のビール醸造技術と飲料は充填技術を中心に紹介す...

[ ~独Drinktec 2017を例に~ ]

おもしろサイエンス 飲料容器の科学(日刊工業新聞社)を2018年3月16日出版しました。

おもしろサイエンス 飲料容器の科学(日刊工業新聞社)を2018年3月16日出版しました。飲料の容器や中味に興味の...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ