コラム

 公開日: 2012-07-22  最終更新日: 2014-07-31

韓国の海外進出戦略とクールジャパンとの違い

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

先日、中央大学商学部の徐先生による文化的ムーブメントが生み出す競争優位についての
講義を受講いたしました。

韓国は、K-Popや、韓流ドラマを輸出し、製品/サービスで回収するというモデルを取っています。

以下のようなプロセスです。

1。大衆文化の流行

 政府支援によって韓流ドラマを安価に輸出し、
 K-Popのイベントを、大企業との協賛で無料で提供しています。

 これによって、対象となる市場にコンテンツが届きやすくなるともに、
 コンテンツホルダーの資金回収をはかります。

2。関連商品の販売

 DVDや、キャラクターグッツなどの関連商品の販売が増加します。

 実際のところ、CDなどの販売は、海賊版が多いため、
 売り上げの約8割は日本だそうです。

 また、他の国では海賊版が多いため、
 youtube等で無料で韓流コンテンツの露出を増やし、
 韓国商品の販売につなげているようです。

3。韓国商品の販売増加

 韓国コンテンツに触れた現地の消費者は、
 韓国商品への好感度が上昇し、
 電化製品(サムソン、LG)や、生活用品などの
 韓国商品の売り上げ増加につながっているようです。

クールジャパンとの違い

 韓国では、若年層向けのポップカルチャーを
 輸出して、韓国のファンを増やそうとしています。

 韓国企業が力を入れている新興国市場は、若年層が多いためです。

 若年層が初めて触れる海外音楽やドラマを韓国製にすることによって、
 韓国への親近感が増えるため、韓国製品の売り上げにつながるようです。

 このため、東南アジアの国の一部では、あこがれの韓国製品という
 ポジションになりつつあるようです。

 これに対して、日本のクールジャパンは、伝統文化を輸出して、
 日本のファンを増やそうとしているようです。

 日本の伝統文化はすばらしく、ある程度年齢の高い層には人気があると思います。

 しかし、対象国の若年層に対して遡及できるか?他の商品の売り上げにつながるかというと
 難しいところがあると思います。

 自分が歌舞伎に行っても、工芸展、民芸展に行っても、
 10代20代の若年層の姿は少ないです。

 一方、ライブに行けば、若年層の姿を見ることができます。

 J-Popもある程度の人気があるそうなのですが、
 アーティストが現地に行きませんし、
 ライブも高いのでなかなかK-Popほどの人気にならないようです。

 まずは、日本の若者文化を輸出し、若年層のファンを増やす方向に
 力を入れてみたら良いのではないかと思いました。

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com
http://www.japanipsystem.com/ask/index.html


Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

プロシード国際特許商標事務所 [ホームページ]

弁理士 鈴木康介

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 [地図]
TEL:03-5979-2168

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

今回の申請は、類似したサービスを行っている競合企業の存在に気づき、慌てて商標の申請しなければいけなかったともあり、スピードが重要でした。私自身、自分で商標...

 
このプロの紹介記事
中国商標に強い弁理士 鈴木康介さん

ビジネス戦略に合った知財制度の利用方法を提案。中国ビジネスに強みも(1/3)

 ビジネスが軌道に乗ったと思ったら、商品名が他の企業の商標を侵害していることがわかった。せっかく認知されてきた商品名を変えるわけにもいかず、パッケージやチラシ、看板などを作り直すには膨大なコストがかかる―――こんな事態も、あらかじめ商標登録...

鈴木康介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中国商標・中国知財に強い!

事務所名 : プロシード国際特許商標事務所
住所 : 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 [地図]
TEL : 03-5979-2168

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介(すずきこうすけ)

プロシード国際特許商標事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
イギリスのEU離脱の影響
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。EUからイギリスが脱退することになった場合の知財の影響を現地...

[ イギリス ]

2011年までの中国商標出願件数
中国商標出願件数

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。iPadの商標権訴訟など、近年、中国の商標権訴訟数は増える傾向に...

[ 中国商標 統計 ]

Docomoの呼び出し時間の変更方法
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。知財ネタではありませんが、備忘録代わりに。自分はDocomo...

[ iPhone ]

妖怪ウォッチの商標
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。子どもたちに人気の妖怪ウォッチですが、どのような商標を取得し...

[ 商標登録 ]

中国商標局のデータベースの更新
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。最近、中国商標局で中国商標検索をしたさいの検索結果に不具合が...

[ 中国商標 調査 検索 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ