コラム

 公開日: 2012-06-17  最終更新日: 2014-07-31

中国商標で先使用権はあるか?

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。

「我が社は既に中国でビジネスをしているので、日本で言う先使用権※1が認められるのではないか?」と言われるかたがいらっしゃいます。

一応、中国商標法第31条※2には、「商標登録出願は、他人の権利を侵害してはならない。また、他人が使用した結果、一定の影響力のある商標を、不正な手段により先に登録してはならない。」と言う規定があります。このため、法上の所定要件を満たせば、先使用権を認める事になっています。

しかしながら、実務を考えると、先使用を主張する場合、

1.商標権者が不正手段によって登録したことを立証する。
2.自分の未登録商標が一定の影響力を中国において有することも立証する。

と2つの要件を立証する必要があるため、要件を満たすことがなかなか困難です。

海外企業の場合、自国ではその商標を使用していても、中国で未使用のことが多いため、
中国国内で一定の影響を有することを立証するは困難です。

このため、紛争を避けるために、早期に中国商標出願を行った方が、
費用も時間も節約できます。

ご相談・お問い合わせ・取材はお気軽に
↓↓↓
03-5979-2168(平日9:00~17:00)
メール info@japanipsystem.com
http://www.japanipsystem.com/ask/index.html

中国商標
Facebookで中国知財情報をまとめています。
http://www.facebook.com/Chinatrademark

Twitterは、こちらです。
↓↓↓
http://twitter.com/japanipsystem

マイベストプロ東京 中国商標・中国知財に強い弁理士
プロシード国際特許商標事務所の取材記事はこちら!
http://mbp-tokyo.com/suzuki/

<参考>
※1 商標法 第32条(先使用による商標の使用をする権利)
他人の商標登録出願前から日本国内において不正競争の目的でなくその商標登録出願に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務についてその商標又はこれに類似する商標の使用をしていた結果、その商標登録出願の際(第9条の4の規定により、又は第17条の2第1項若しくは第55条の2第3項(第60条の2第2項において準用する場合を含む。)において準用する意匠法第17条の3第1項の規定により、その商標登録出願が手続補正書を提出した時にしたものとみなされたときは、もとの商標登録出願の際又は手続補正書を提出した際)現にその商標が自己の業務に係る商品又は役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されているときは、その者は、継続してその商品又は役務についてその商標の使用をする場合は、その商品又は役務についてその商標の使用をする権利を有する。当該業務を承継した者についても、同様とする。
2 当該商標権者又は専用使用権者は、前項の規定により商標の使用をする権利を有する者に対し、その者の業務に係る商品又は役務と自己の業務に係る商品又は役務との混同を防ぐのに適当な表示を付すべきことを請求することができる。

※2 中国商標法 第三十一条
申请商标注册不得损害他人现有的在先权利,也不得以不正当手段抢先注册他人已经使用并有一定影响的商标

お読み頂きありがとうございました。
弁理士 鈴木康介(特定侵害訴訟代理権付記)
Web:http://japanipsystem.com/

この記事を書いたプロ

プロシード国際特許商標事務所 [ホームページ]

弁理士 鈴木康介

東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 [地図]
TEL:03-5979-2168

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

今回の申請は、類似したサービスを行っている競合企業の存在に気づき、慌てて商標の申請しなければいけなかったともあり、スピードが重要でした。私自身、自分で商標...

 
このプロの紹介記事
中国商標に強い弁理士 鈴木康介さん

ビジネス戦略に合った知財制度の利用方法を提案。中国ビジネスに強みも(1/3)

 ビジネスが軌道に乗ったと思ったら、商品名が他の企業の商標を侵害していることがわかった。せっかく認知されてきた商品名を変えるわけにもいかず、パッケージやチラシ、看板などを作り直すには膨大なコストがかかる―――こんな事態も、あらかじめ商標登録...

鈴木康介プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

中国商標・中国知財に強い!

事務所名 : プロシード国際特許商標事務所
住所 : 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階 [地図]
TEL : 03-5979-2168

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5979-2168

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

鈴木康介(すずきこうすけ)

プロシード国際特許商標事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
イギリスのEU離脱の影響
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。EUからイギリスが脱退することになった場合の知財の影響を現地...

[ イギリス ]

2011年までの中国商標出願件数
中国商標出願件数

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。iPadの商標権訴訟など、近年、中国の商標権訴訟数は増える傾向に...

[ 中国商標 統計 ]

Docomoの呼び出し時間の変更方法
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。知財ネタではありませんが、備忘録代わりに。自分はDocomo...

[ iPhone ]

妖怪ウォッチの商標
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。子どもたちに人気の妖怪ウォッチですが、どのような商標を取得し...

[ 商標登録 ]

中国商標局のデータベースの更新
イメージ

プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介です。最近、中国商標局で中国商標検索をしたさいの検索結果に不具合が...

[ 中国商標 調査 検索 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ