コラム

 公開日: 2018-02-12 

スルーしないで! 〜 緑のハガキと黄色い封筒が届いたら要チェック‼︎〜

皆さん、こんにちは。
未来と社員に愛される会社づくりの専門家
社会保険労務士の竹内誠一です。


すでにご承知のとおり、昨年平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。
逆に言えば、資格期間が10年ない人は年金がもらえません。
そこで、日本年金機構は昨年平成29年12月から毎月生年月日で区切って、資格期間が10年未満の方に「年金加入期間の確認のお知らせ(案内)」の送付を始めました。
では、短縮された資格期間とお知らせについて見てみましょう!

老齢年金受給に必要な資格期間が25年から10年に短縮されました。


これまでは、老齢年金を受け取るためには、国民年金や厚生年金の保険料を納めた期間と国民年金の保険料免除期間などを合わせた資格期間が原則として25年以上必要でした。
それが、今年平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。
そうです、今までは資格期間が25年に1ヶ月でも足りなければ年金はもらえなかったのが、10年以上の期間があれば、それに見合った年金がもらえるようになったのです。

資格期間「短縮」に該当する方には、年金加入期間の確認のお知らせ(案内)が!


資格期間10年「短縮」に該当の方には、日本年金機構から年金加入期間の確認のお知らせ(案内)や年金請求書が送られます。
届いた方は、「ねんきんダイヤル」でご予約のうえお早目にご相談・お手続きをお取りください。

資格期間が10年未満の方には「年金加入期間の確認のお知らせ(案内)が!


資格期間が10年未満で、下記の表の生年月日に該当する方には、基礎年金番号・氏名・住所及び年金加入記録が印字された「年金加入期間の確認のお知らせ(案内)」(緑色の三つ折りハガキ)が日本年金機構からご本人あてに順次送付されています。
このハガキが届いた方は、日本年金機構で確認が取れる資格期間が10年に至っていないという方です。そのため、「ねんきんダイヤル」でご予約のうえ、必ず年金事務所に確認・相談をしてください。 

 出典:日本年金機構HP

資格期間が10年以上25年未満の方には、黄色い封筒で「年金請求書(短縮用)」が!

資格期間が10年以上25年未満であって、下記の表の生年月日に該当する方にはすでに、基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所及び年金加入記録をあらかじめ印字した「年金請求書(短縮の用)(PDF 1,248KB)」及び年金の請求手続きのご案内を日本年金機構からご本人あてに送付されています。
お手続きがお済みでない方は「ねんきんダイヤル」でご予約のうえお早めに手続きを行ってください。


 出典:日本年金機構HP


年金請求の手続きを取り、支給の決定がされた後に、「年金証書・年金決定通知書」を送られてきます。請求手続きから、2〜3ヶ月後を目処に年金初回の支払い・振込みがされます。

今回の法改正で、新たに年金を受け取れるようになった資格期間が10年から25年未満の方はこれまでは受給資格を得ることができませんでした。

受給資格を得ることができるようになったとしても自動的にもらえるわけではありません。法改正によって得られるようになった受給権を活かすためにも、日本年金機構から送られた年金請求書の手続きは忘れずに必ず取られるようにしてください。

また、「年金加入期間の確認のお知らせ(案内)」が届いて、現時点で10年の資格期間がない方も、必ず年金事務所または当竹内FP
社労士事務所(https://www.stakeuchi.com/)ご相談いただき、可能な手続きを取り、ぜひ受給権を取得していただきますようにお願い致します。


今後もあなたに知ってほしい必要な情報をお届けしていきます。
どうぞ宜しくお願い致します。

それではまた、お会い致しましょう!

FP社労士
竹内誠一
https://www.stakeuchi.com/

この記事を書いたプロ

竹内FP社労士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 竹内誠一

東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]
TEL:090-2916-9537

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
年金と助成金に強い!人生設計のスペシャリスト 竹内誠一さん

年金、助成金を活用するため知っておきたい情報を提供(1/3)

 厚生労働省、日本年金機構で23年、年金行政職に従事していた竹内誠一さん。2016年7月に独立してからは、これまでの経験に加え、ファイナンシャルプランナー(FP)、社会保険労務士(社労士)の資格も生かして活躍しています。 「年金の相談業...

竹内誠一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

年金行政職23年の経験とFP、社労士資格で資産形成をサポート

事務所名 : 竹内FP社労士事務所
住所 : 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]
TEL : 090-2916-9537

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2916-9537

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹内誠一(たけうち)

竹内FP社労士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
平成30年度の助成金の活用ポイントはこれだ!
イメージ

 「働き方改革」と「助成金」を知ることで御社に合った活用ができ ◆労務・雇用問題を解決◆〜平成30年度...

[ 中小企業の助成金 ]

まだ間に合う国民年金保険料をお得に支払う2年前納‼〜
イメージ

皆さん、こんにちは。未来と社員に愛される会社づくりの専門家社会保険労務士の竹内誠一です。2018...

[ 国民年金保険料の2年前納‼ ]

ポイしないで! 紫のハガキが届いたら必ずチェック‼︎
イメージ

皆さん、こんにちは。未来と社員に愛される会社づくりの専門家社会保険労務士の竹内誠一です。今日は、直...

[ 国民年金未納保険料納付勧奨通知書 ]

助成金活用で今を変える、未来に愛されるために!
イメージ

 助成金活用して今と未来に愛されよう! 〜船橋ビジネス交流会〜皆さん、こんにちは。未来と社員に愛さ...

[ 助成金の活用について ]

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書が届きました‼
イメージ

皆さん、こんにちは。未来と社員に愛される会社づくりの専門家社会保険労務士の竹内誠一です。早いもので...

[ 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ