コラム

 公開日: 2017-08-28  最終更新日: 2017-09-03

中小企業の人材不足に活用したい、キャリアアップ助成金

大切な家族や仲間、会社でいう「従業員」「スタッフ」に愛される会社を作りたい事業主の皆さん!

いつの時代でも欠かせないもの・大事にしなくてはいけないもの
それが「人」です。

少子高齢化が進む日本では若い労働力の不足、そしてパートタイマーやアルバイトといった、いわゆる非正規社員の拡大など、特に中小企業の若手雇用はいくつもの問題を抱えています。

そうした中で、従業員の皆さんから、会社への満足度やロイヤリティを上げるにはどうすればいいのでしょう。

会社が経営を行う上で、全従業員の能力向上やモチベーション向上は欠かすことのできないポイントです。しかし、現実問題として、限られた費用や時間の中で、全従業員の育成やモチベーションを向上させる制度作りには限界があることも事実でしょう。

そこで、今回はそれらの課題を解決と生産性のアップにもつながる可能性を持つ制度であるキャリアアップ助成金について紹介していきます。

キャリアアップ助成金は、簡単に説明すると、非正規雇用者などのキャリアアップ促進や待遇改善、環境改善を目的とした制度となります。
そこでおすすめしたいのが、今回ご紹介するキャリアアップ助成金です。中小企業の人材不足の一助となるこの助成金には、どういった特徴があるのでしょう?

キャリアアップ助成金の概要

キャリアアップ助成金の対象となる中小企業は、飲食店を含む小売業、サービス業、卸売業、その他の業種です。それぞれに資本金の額や常時雇用の労働者数に違いはありますが、例えばサービス業では資本金の額・出資の総額が5,000万円以下、常時雇用の労働者数は100人以下です。

キャリアアップ助成金には目的別に6つのコースがあります。

1.正規雇用転換コース

2.人材育成コース

3.処遇改善コース

4.健康管理コース

5.短時間正社員コース

6.短時間労働者の週所定労働時間延長コース

正規雇用転換コースの概要

今回は特に「1.正規雇用転換コース」についてご説明します。正規雇用転換コースには3つのパターンがあります。
1.有期雇用社員を正規雇用労働者、無期雇用労働者、多様な正社員へ転換した場合

2.無期雇用労働者から正規雇用労働者、多様な正社員へ 転換した場合

3.派遣労働者を、直接雇用する場合

ちなみに多様な正社員とは、転勤のない勤務地限定正社員や職務限定正社員、短時間正社員などがあります。

正規雇用転換コースの申請までの期間

正規雇用転換コースで助成金を申請するには、第一条件として、3つのパターンどれも対象となる労働者を、正社員に転換する前に最低6ヶ月間、雇用していなくてはなりません。

そして正社員に転換後、6ヶ月間、賃金を支給した後、助成金の申請が行えるようになります。

受給額は「1」のパターンで30~60万円、「2」のパターンで10~30万円、「3」のパターンで25~90万円です(すべて1人あたり)。

転換前の状況によって受給額は大きく変わるため、詳細は社会保険労務士や関係省庁に確認をするようにしてください。

これからは「変化」の時代と言われます。
その「変化」に会社も個人もつねに成長し続けなくてはいけません。
成長するには、チャレンジをして経験を積むこと
そうです、キャリアを積んでいく・アップしていくことが欠かせません。

それが、「従業員」「仲間」にお考えた大切な思いやり・愛情だと思います。

「従業員」に愛される会社作りをするためにも、「従業員」を大切に愛していきましょう。

そのためにも、キャリアアップ助成金の積極的なご活用をお勧めいたします。
お問い合わせ・ご相談お待ちしております。

社会保険労務士
竹内誠一

この記事を書いたプロ

竹内社会保険労務士事務所 [ホームページ]

社会保険労務士 竹内誠一

東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]
TEL:090-2916-9537

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
年金と助成金に強い!人生設計のスペシャリスト 竹内誠一さん

年金、助成金を活用するため知っておきたい情報を提供(1/3)

 厚生労働省、日本年金機構で23年、年金行政職に従事していた竹内誠一さん。2016年7月に独立してからは、これまでの経験に加え、ファイナンシャルプランナー(FP)、社会保険労務士(社労士)の資格も生かして活躍しています。 「年金の相談業...

竹内誠一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

年金行政職23年の経験とFP、社労士資格で資産形成をサポート

事務所名 : 竹内社会保険労務士事務所
住所 : 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2階 [地図]
TEL : 090-2916-9537

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2916-9537

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

竹内誠一(たけうち)

竹内社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)はどんなところが変わった?
イメージ

社会情勢や労働環境の変化など、その時々の最適な状態に合わせ制度も移り変わるのが助成金。今日本では終身雇...

[ 中小企業の助成金 ]

65歳超雇用推進助成金とは? 高年齢者の就労機会の確保
イメージ

100年時代の到来に向けた「年齢に関係なく働ける職場づくり」へ!これからの時代、「100年時代」を迎え...

[ 中小企業の助成金 ]

職場定着支援助成金とは?離職率低下を目指す経営者必見
イメージ

今1番おすすめの助成金はこれです!これまで助成金について、申請できる条件から始まり、メリット・デメリッ...

[ 中小企業の助成金 ]

助成金の申請と受給までの流れ
イメージ

助成金の受給は基本的に後払いです。これから雇用をする、社員教育をするので申請して先に受給するといったこ...

[ 中小企業の助成金 ]

助成金の申請を専門家に任せるメリット
イメージ

事業主の皆さんに余計な手間はかけさせません。助成金の申請は社会保険労務士でなくても事業主の皆さんが単独...

[ 中小企業の助成金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ