コラム

 公開日: 2016-04-07 

レッツ健康経営

今日から「健康経営」について書きます。
社労士森田涼子は、「レッツ健康経営」と題して、不定期ですが情報提供させていただきたいと思います。
今回は「健康経営の時代背景」「今日からできること」を書きます。

なぜ従業員の健康管理を会社がやるのか?


中小企業においては、従業員の健康管理よりも企業の利益が優先というところが一昔前の考え方だったと
思われます。
労働者安全衛生法に基づく最低限の義務を企業が果たしていれば、他は各々の従業員の自己責任であったかと。
しかし、今後はいずれも両立させていかなければならない、単なる企業の福利厚生ではなく、
従業員の健康管理について考えることは、企業の重要な投資となってきます。

この投資が健康な従業員を育て、従業員を守ることで、従業員が定着し、
これにより、
生産性の向上、リスクマネジメント、
企業の成長、企業イメージアップににつながっていくのです。

従業員の健康管理は、健康診断を実施するだけで精一杯と嘆く事業主さんもいらっしゃることでしょう。

健康経営と聞くと、漠然としていて、よくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

私は、健康管理を、こう考えます。
「法令遵守は当たり前。あとは経営者のこまめな声かけと、ちょっとした工夫を会社がやって、
 従業員本人に健康について考えさせる気づきを与えること」

まさに、労使が手に手を取って、「コミュニケーション」できるかが、これを成功させる秘訣かと思います。

健康経営が注目されることとなった背景


超高齢化社会の到来により、労働力人口は大幅に減ってきています。
一人一人の役割が大きい中小企業においては、採用も難しくなっている中で
一人でも欠けると企業経営に大きなダメージを与えてしまいます。
ましてや、健康不良で休まれてしまうと、新たに採用するということもできません。

また、皆様ご存じのとおり、
年々、医療費、介護費は増大しています。
日本人の平均寿命は世界一クラスですが、健康寿命はそうでもありません。
寝たきり期間などは、欧米(7年前後)に比べむしろ長く(日本は10年以上)なっています。

通院率でみると、
40代で27.3%なのに対し、50代で41.9%、
60代では57.7%とも言われています。
今は定年後再雇用で働く人も多くなっています。中小企業は60代が戦力という会社も多いでしょう。
人材確保・定着化対策が必須の中小企業こそ健康経営の促進を進めるべきと考えます。

メンタル不調者が多い!


これは社労士として実感していることですが
どこの企業も、
傷病手当金の手続きが多く煩雑になってきています。
また、前職でも同じ病気で傷病手当金をもらい、ブラックリストに載りそうな方もいるくらいです。

ストレスチェック制度が昨年12月より入りましたが、
具体的な対策はこれからという企業も多いようです。
こちらはまたの機会に書きます。

お金かけない方法だってある


まずは何からすべきか。

さきほど「重要な投資」と書きました。
もちろんお金をかけて対策する方法もあろうかと思いますが、

まずは法令順守の中でやれることを考えましょう。
お金をかけてどのみち対策しなければならないことだからです。

「健康診断を100%受診させる」


人事部健康管理チームが「受診してください」
「各所属長は部下が受診できるよう配慮ください」と叫んだところで、

「我々は忙しいんだ。ふざけんな、人事部」って言われてしまうこともよくあります。

が、
社長のツルの一声で「みんな健康診断受けた?受けなきゃだめだよ」で、受診してくれます。

社長が近い中小企業では効果絶大です。

ね、お金かからないでしょ?

他にも、お金のかからない方法として
ホワイトボードで、
朝出勤したら部署のみんなで「今日の体調」を書いてもらいます。

A部長 寝不足でお疲れモード
B   朝食ぬきでお腹すいている
C   絶好調
D   二日酔い
E   腰痛、歯痛

等など。

これによって、今日の仕事、どう振っていこうか上司は考えやすくなると思います。
寝不足なら車の運転の無い外回りに行ってもらおう等。
まさに生産性が向上します。
二日酔いが続くとちょっと自分も恥ずかしいし、
自己管理含め、いろいろ考えさせられると思います。

すべては「健康経営」が始まり。手間暇かけて育てよう。


女性活躍、障害者雇用、高齢者雇用、ワークライフバランス等々いろいろ言われていますが、
対策すべきことは結局この「健康経営」に集約されているような気がしてなりません。

労務管理の一環として、
健康経営の目的、効果として
結局冒頭に書いたこの文章に行きつくからです。
「生産性の向上、リスクマネジメント、
 企業の成長、企業イメージアップににつながっていくのです。」

御社の健康経営、小さなことから始めて
御社の発展に大きく寄与するものと思っています。
お金かけず、「手間暇かけて」がポイントになってくるかと。

手間暇、どうかけるべきか、何を優先すべきか、まずはどんな効果を期待したいのか
等など、一緒に考えてみませんか。

まずは「法令遵守」すべきことは何か、社会保険労務士がきっちりチェックします。
そのうえで、他社事例等豊富に持っている森田にぜひご相談ください。

事業主の皆さまにぴったり合った「健康経営の手法」を、いくつかご提案できます。

また、その健康経営に力を入れているんだぞ!と、内外にアピールしていくことの大切さもあります。
これについては次回書きます。ご期待ください。

http://sr-ryokomorita.com/

社会保険労務士 森田涼子
http://sr-ryokomorita.com/

この記事を書いたプロ

社会保険労務士オフィスもりた [ホームページ]

社会保険労務士 森田涼子

東京都葛飾区 [地図]
TEL:03-5876-6059

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
社会保険労務士オフィスもりたの森田涼子

労務制度の理解と運用をサポート。「社外人事部」的立場で企業と社員の諸問題を解決(1/3)

 企業を構成するのが人である以上、企業内の「人と企業」「人と人」に関するトラブルを未然に防ぐことは重要になります。また問題が発生した場合でも、裁判になる前に早期に専門家に相談することは必要です。企業と足並みをそろえ、人事、労務に関する手続き...

森田涼子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

わかりやすさをモットーにした労務相談、社会保険・年金相談

事務所名 : 社会保険労務士オフィスもりた
住所 : 東京都葛飾区 [地図]
TEL : 03-5876-6059

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5876-6059

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田涼子(もりたりょうこ)

社会保険労務士オフィスもりた

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

年金のこと、まず何をしたらいいかがわかりました。

これまで年金のことについて、まったく何もわからずでした。...

匿名
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
マイナンバー、よちよち歩き

マイナンバー。いよいよ運用が開始されました。といっても、まだごく一部。時々新聞で、トラブルが「ささ...

[ マイナンバー豆知識 ]

従業員からマイナンバー提示を拒否されたら・・・

メリークリスマス!なんて気分にはまったくなれない今年の師走。仕事もようやく目鼻がついてきて何とか年が...

[ マイナンバー豆知識 ]

マイナンバー、これだけは!
イメージ

制度スタート前だっていうのに、もうマイナンバー詐欺があるようです。ホント、気をつけてくださいね。個人...

[ マイナンバー豆知識 ]

マイナンバー講師をつとめました&通知カードの使い方
イメージ

マイナンバー通知カード、そろそろ皆さまのお手元に届いたころではないでしょうか。「ようやく」といった感じで...

[ マイナンバー豆知識 ]

マイナンバーの「個人番号カード」を知っていますか

 通知カード届きましたか 届いていないご家庭もまだ多いと思います、年内までには届きますからもう少し待っ...

[ マイナンバー豆知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ