入江佐和

老舗企業の事業承継に特化したビジネスカウンセラー

入江佐和(いりえさわ)

老舗企業に新しいビジネスモデルを提案しながら事業承継をサポート

入江佐和さん パソコンでの仕事風景佐和 いりえさわ

ビジネスモデルを創出する「企画力」に強み

 パッケージの提案は、入江さんの得意とするところで、東京・浅草にオリジナル包材のアンテナショップを出店した実績もあります。
「商材以外で店の思いやストーリーを表現するには、オリジナルパッケージは最適。若い女性を中心にパッケージが欲しいからその商品を買う、というトレンドは続いています。簡易包装の流れはあっても、ギフトにはきちんとした包装で贈りたいという需要も根強くある。それは日本のおもてなしにも通じます」
 しかし、パッケージはあくまでひとつのツール。「その商材でいくら儲けたいのか、原価計算から取り組み、それが10年、20年と続くヒット商品になり得るように複合的に支援するのが仕事の本流です」
 
 事業承継において、入江さんの強みは、こうしたビジネスモデルを創出する「企画力」です。その冴えを見せるのが、"人づくり"のプロジェクト。現在、フィリピンのパラワン島で日本の技術の受け継いでくれる人材を育成する「パラワン・ソレイユ」が始動しています。

 「これまで、業態を変えながら屋号だけは残すという事例はたくさんありました。確かにそれは重要なことです。しかし、たとえそれが海外の人であっても、伝統の技術も誰かに伝承したい、という経営者もいます。そんな思いを汲んで、『パラワン・ソレイユ』を立ち上げました。現地の人たちにとっては日本の産業が根付くことで、対価を得て豊かな暮らしができるというWin-Winの関係が構築できます。その第1号として、日本の老舗はちみつ会社の製造技術をフィリピンに伝え、はちみつを生産してもらう試みが始まっています」

入江佐和プロに相談してみよう!

ページトップへ