事例・体験談

過食症・拒食症の摂食障害の事例 (対人関係療法)

25歳会社員の女性のケースで

過食嘔吐がほぼ毎日5年ほど続いていた。

療法は対人関係療法でカウンセリングを12回実施で終了。


主な摂食障害への誘因は家族との関係。


本人は真面目で我慢をしやすく、人への気遣いが人一倍ある良い子タイプ。

家族の中では母親に苦労が多くて、母親にとても気遣い、子どもの頃から

甘えらえず、我儘もほとんど言ったことがなかった。


そのようなもともとの性格と家庭環境の影響で周りにとても気を遣い

周りに合わせることが多く、本音が言えない、ノーが言えないということで

とても対人関係でストレスをためていました。


摂食障害の過食嘔吐の誘因のほとんどがこの言えないことを過食して吐きだしていたことが要因。

対処としては、本人はそこにほとんど気づいていなかったので、

まず、事実確認と気持ちの動き、それに伴う態度・行動を確認していきます。


そして、コミュニケーションのあり方の修正を一緒に図っていきました。


コミュニケーションの修正が図られるに従いストレスは軽減されて

過食嘔吐の回数は減っていき、

また、本人の気づきがとても多くあり、自分で修正も積極的に行っていったで、

比較的早く自信をつけて、一人でも回復していける目途は立ち終了となりました。 


このケースでは、一見職場のストレスがいちばんの要因のように見えましたが、

結局は母親との関係がいちばんのストレスとなっていました。

母親との問題が解決されたことにより回復への大きな自信へと繋がりました。



福山裕康(潜在意識から心の悩みをひもとく心理カウンセラー)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

  • 電話:03-5201-3847 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 受付時間:月~金 9:00~21:00
    土・日・祝 9:00~18:00
  • 定休日:なし

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ