コラム

 公開日: 2018-05-10 

ダイエットハイ!!と拒食症と・・・・

何でもできそう!!

といった、

   万能感!!

これは、ハイな状態で、躁鬱の躁の状態
である場合もあるのですが、

ダイエットでもこれが起きたりするものです。

ダイエットを始めて、
それがとてもうまく行っていると、

   ”気分がハイになって何でもOK!!”

といた感覚になることがあります。


すごい快感を感じている・・・・・・・

     ”ダイエットハイ!”

ですね。


心も体もとても軽くなっている!!


ハッピーホルモンで満たされていたり、
ケトジェニックの状態でもあります。


そのような経験を一度してしまうと、

食べて、食べ物が身体に入ったり、
留まっている感覚が、


      ”とても不快で嫌”


となってしまいます。


拒食症の人や過食嘔吐を抱えていて
低体重を維持している人
がよく訴える感覚です。


誰でも、ちょっと食べ過ぎると
何か不快になるというのはあるかとは
思いますが、それをとても極端に感じてしまいます。


普通の感覚では、

身体が浮腫む感覚や重い感じがあると、
やはり不快なので調整しよう
としまます。


そして、
食事を減らしたり、一食抜いたりすれば、
身体スッキリして軽くなって、
よかったとなるのは普通の感覚です。


一旦、調整がつけばまた元に戻して
いくということができます。


でも、
ここができないのが、摂食障害です。

何が違うのでしょうか???


やはり、そこには、通常の身体の
快や不快以上の何かが存在します。


カウンセリングしていて、よく出てくるのが、

     ”食べずに痩せていく快感”

です。


食べずに痩せていくと、身体も精神も
何かスッキリして、集中力がアップして
いく場合があります。 


ケトン体回路が働いている
ケトジェニックの状態でもあります。


初期の頃は結構そいういう感覚を味わいます。

   ”食べずにスッキリして、
      勉強にとても集中できて良かった”

というのはよくあります。


そして、そのあと痩せたことによって、

    ”周りの見る目が変わった!!”

といったように、食べずに痩せることによって、
成功体験をしているわけです。


食べずに痩せていると、

    ”何かいいことがある”

    ”物事がうまくいく”

    ”自分に自信が持てる”

といった体験が、痩せることでの安心感
をつくりあげていきます。

そして、
その反対の食べものが入っている感覚が
とても不快になってきます。


そこで、
更に嫌な身体記憶があるとそれに
拍車をかけてしまいます。

    ”太っている頃に嫌な思いをした!”

    ”太っている時は楽しくなかった”

    ”太っているとろくなことがない”

といった記憶が深く刻まれていると
ますます食べて身体の留まっている感覚が
とても不快になってきてしまいます。


つまり、

    ”痩せている快感”



    ”太っている不快”


の記憶が深く刻まれてしまっているわけです。


だから、拒食症を克服していくには、
その深く刻まれている記憶へと
アプローチしていくことがとても
大切になってきます。


ただ、痩せていることの安心感というのは
とても深い意味を持っている場合が
とても多いものです。

食べないで痩せていくというところに
深い重要な意味が潜んでいるのです。

そこを紐解いて拒食症を克服していくには、
深いカウンセリングとご家族の理解と
協力がとても大切になってくるところです。


拒食症の痩せる安心感を、
ご本人もご家族も充分に理解した上で、
その解決に向けてしっかり取り組んでいけば、
必ず克服への道は開けていくものです。


また、
その辺についてはまずは、メールレッスンや
摂食障害克服ハンドブックをまずご覧ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の初歩的なところは、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子摂食障害ハンドブックの特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えて...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

5,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
摂食障害はメカニズムをしっかり理解して治す!!

摂食障害は複雑でわかり難いしなかなか、その苦しみから抜け出せないもの。あなたは、そんな、摂食障...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

過食も拒食も食べる!食べない!で心のバランスをとっている!!

 摂食障害はその症状に惑わされないことが大事     食べる!!    食べない!!という、摂...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

本来大事なはずの我慢強さの善し悪し!!

 摂食障害を抱える人に実に多いもの 摂食障害の発症原因になりやすいものですね。この、      ...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

摂食障害の鍵となる”不安” 不安だから食べる!!食べない!! 

 摂食障害は不安の病気でもある 摂食障害を抱える人の      ”食べる!!”       ”食べ...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

摂食障害の”痩せ”へのこだわり!! 一体どうすればいい???

 簡単には抜けない痩せへのこだわり・・・・      ”痩せていなければ意味がない!!”摂食障害を抱...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ