コラム

 公開日: 2018-04-26 

女性の人間関係がダメ!!摂食障害のカウンセリングで多いものです・・・

男の方が話やすい・・・摂食障害の人に多いですね

私は男性カウンセラーなので不思議
に思う人も多いようなのですが、

   女性カウンセラーはダメ!!

という人も以外にいるもの。

それは、

やはり、

根本的に女性同士の関係が超苦手!!

という人です。

女性同士の問題から摂食障害・・・・・・


摂食障害の発症は、女子高生にとても多いのですが、

カウンセリングをしていて、その課題になりやすいのが、

     ”女子高生特有の問題”

やはり、男子ではあまりないもの・・・・・。


しかも、

大人になってからも、
それを引きずっている人は実に多いものです。

いつまでも、

      ”女の人が苦手”

と避けてしまうようです。


それは、

イジメまではいかないのだけれど、
その微妙な関係性・・・・・・


とても、女子は気を使うことが多いようです。


なんとなく、いやらしく絡んでくる女子がいたりします。


そして、グループの問題もやっかいなもの。


いやらしく微妙に絡んでくると言うのは、

    人の悪口を言ったり、

    自分の嫌なことを言ったり、

あまり一緒にいたくない様な人なのだけれども、

    その人に嫌われたら、

    立場が悪くなりそう・・・・

といったようなケース。


早ければ小学生ぐらいから
始まっているものです。


この場合の相手は、気の強い影響力
のある人の場合が多いようです。

    嫌なことを断れない・・・・・

    一緒にいたくないけれど離れられない・・・

    仲間外れにされて、一人ぼっちになるのが怖い・・・・


家庭で家族関係も大あり!!・・・・・母親????



これは、
学校特有の問題であり、家庭とは無関係
と思う人も多いかもしれませんが、


実はこれは、家庭との関係は大ありなのです。


このような場合のパターンの多くが親との
関係性のパターン
の中でつくられていたりするのです。

     “言ったら恐い”

     “言ったら嫌われそう”

     “言ったら見捨てられそう”

     ”黙るがいちばん・・・・・”

このような対処の仕方はまず家庭で
学んでいくものなのです。


このような対処の仕方が、イジメのエスカレートに
繋がったり、


ストレスとなって、摂食障害に繋がったり
という事はよくあることです。


しっかり、
怖がらずに強い人や立場が上の人に対して、
自分の意思を伝えられると言うことが
とても大切になってきます。


でも、

なんでも言えばいいというものでもありません。


適度に距離をとるべき時は距離を取る、


離れるべき時は離れて、影響を強く受けない
といった対処方法も大切です

そのようなコミュニケーションの基盤は、
まず家庭での親子関係で培われて
いくものです。


家庭での子どもとの関わり方というのは
とても大切なものです。


摂食障害を克服していくためには、
まずここを理解しておくことです。


そうして、
この問題を解決していくということを
やっていく必要があります。

それが、対人関係療法でやっていく、
ソーシャルスキルのアップでもあるわけです。

詳しくはこちらをどうぞ
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/contents01/


女子高生特有の対人関係が、
摂食障害の発症に繋がっていて、
実はその源は家庭にあったりする
わけです。

ですので、まずやっていくのは家庭での
コミュニケーションの見直し
になってきます。


そして、
そのあとで、学校でのコミュニケーションの
見直しをしていきます。


ここは社会人になる前に身につけて
おきたいところです。


社会人になってからでは、
更に問題が大きくなってしまい
修正に時間を要してしまうところです。


摂食障害も深刻になりがちです。
早めの対処をお薦めします。


また、
その辺についてはまずは、メールレッスンや
摂食障害克服ハンドブックをまずご覧ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の初歩的なところは、
過食や拒食などの摂食障害を治すための
30日間の無料メールレッスンにご登録ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/
無料小冊子摂食障害ハンドブックの特典付きです!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/eatingdisorder_handbook/ 
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えて...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

5,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
摂食障害は、愛されたい!!という渇望から・・・

 摂食障害の奥底にある満たされない欲求 摂食障害では、   ”愛されたい!!”という渇望・・・...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

【メンタルを極めて自分らしく生きる!!】

こんにちは。SINBIの福山です。昨日、登山家の栗城史多氏が、エベレスト山中で亡くなりました...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

摂食障害はメカニズムをしっかり理解して治す!!

摂食障害は複雑でわかり難いしなかなか、その苦しみから抜け出せないもの。あなたは、そんな、摂食障...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

過食も拒食も食べる!食べない!で心のバランスをとっている!!

 摂食障害はその症状に惑わされないことが大事     食べる!!    食べない!!という、摂...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

本来大事なはずの我慢強さの善し悪し!!

 摂食障害を抱える人に実に多いもの 摂食障害の発症原因になりやすいものですね。この、      ...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ