コラム

 公開日: 2016-05-30 

★摂食障害は、”嫌なことがあって・・・”から★

摂食障害は、何か外で嫌なことがあったり、うまくいかなくて・・・・

ということから始まることがとても多いもの。


例えば、よくあるのは、

学校で嫌なことがあって・・・・

学校でイジメられて・・・・

学校で太っていることをバカにされて・・・・


そうして、食べられなくなって、学校に行けなくなってしまう・・・・・

体重は急激に減少・・・・

といった拒食症。


このような場合、学校での問題が拒食症を生みだしたのだから、

学校の問題が解決されれば、拒食症は改善されていくはず・・・・・

と考えられるのですが、

そうはいかないのが拒食症です。


例えば、学校に問題があるのであれば、

”学校にはもういかない”

ということになれば、拒食症は治るはずなのですが、

治らない・・・・

さて、どうしたことでしょう。。。。


そこで、大切な視点が、対人関係療法の視点です。

対人関係療法では、重要な他者との関係性をとても重視しています。

母親が対象になるケースがほとんどですが、父親の場合もあります。

ここでまた、母親が悪いのか???

となってしまいがちですが、そうではありませんので、あまりお母さんは自分を

責めないでください。 お母さんはお母さんでベストを尽くしていたはずです。

大丈夫です。


いつも言ってますが、これは家族の関係性の問題です。


さて、

ここで、カウンセリングで問題になってくるのが、

”お母さんに悪いから”

”お母さんが可哀想だから”

ということで、本当の気持ちを言わない人がいるのですが、

ここで口を閉ざされてしまうと摂食障害の改善への道が閉ざされてしまいます。


ここは、お母さんが悪いのではなく、お母さんと私の間の2人の関係性の問題
なのだと捉えてください。


だから、正直に本心を話してください。

それが、お母さんのためにもなるのです。


そのご理解の上で、ここでポイントとなってくるところはどこか???


というと、

ご本人が、家庭で安心感を持てていたかどうか???

ということです。


学校で何があろうと、家に帰れば、

”安心できる”

という環境があったのかどうか???

ということです。

ここでも、母親がダメだったのか???

という発想になりがちですが、

大事なのは、

”本人の捉え方”

もあるということです。


お母さんが同じ様に接していても、姉妹でその捉え方は違うものなのです。

だから、それは本人の捉えカの問題でもあるわけです。

”母親の愛情をちゃんと受け取れていたかどうか????”

そして、家庭をどう捉えていたのか・・・・・

これも、家庭の状況と本人の捉え方に関わってくるところです。


学校で何があろうとも、家に帰れば、自分を迎えてくれて、
そのままの自分を受け容れてもらえる、安心・安全な環境が
あったかどうか・・・・・・

また、

本人は、そのような家庭をどう捉えていたのかどうか???

これも、家庭の状況と本人の捉え方に関わってくるところなのです。

だから、ここでは、ご本人の問題も浮き彫りにはなってくるのです。


学校であった嫌な事をお母さんに言えていたのかどうか???

自分の素直な気持ちを表現できていたのかどうか???

家庭のことをどのように思っていたのか???


ここで、家庭の安心・安全があれば、

多くの人は試練を乗り越えることができるのですが、

それがないと、暗礁に乗り上げてしまうわけす。


だから、対人関係療法ではここに焦点を絞ってカウンセリングを施して
いくわけです。


摂食障害の基本から克服についてはメールレッスンで詳しく説明
しています。 是非こちらからどうぞ

摂食障害克服のための無料メールレッスンスタート!!
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ