コラム

 公開日: 2016-03-17 

自分の心の傷なんて見たくない!!

摂食障害からなかなか抜け出せない!!

そんな人の多くが、

   ”自分に自信がない!!”

   ”自分が嫌い!!”

という人・・・・・

そして、そのような人は、愛情に飢えていて、でも、本当の感情を抑圧しています。

   自分が嫌いだし、自分はダメだから、好きになれない!!

だから、

そんな、ダメな自分を見せたくないし、知られたくない!!

そうして、本当の自分を隠すために、仮面をかぶるようになっていきます。

自分が理想像とする自分を演じるようになります。


仮面をかぶっているので、表面的には傍からみても、

とてもポジティブで元気で自信がありそうに見えてしまいます。


でも、内面で抱えている自分は、自信のないダメな自分・・・・・


こんなことをやっているとどこかで破綻してしまいます。


内面の自分と演じている仮面とのギャップがどんどん広がれれば
広がるほに苦しくなっていってしまいます。


これを、解決するには、仮面を手放して本来の自分を生きればいいのですが、

それが、なかなかできない!!

それが、なかなかできない人はどうすればいいのか???

ここのところです。


どやってこれを解決していけばいのか???


その解決のための強力なツールが、

   ”インナーチャイルドワーク”

   ”対人関係療法”

です。

さて、それがどのようなものなのか?

そこを少し具体的な事例でみていきたいと思います。


まず、大切なのは、

どのようにして、インナーチャイルドが出来上がっていくのか???


ということで、摂食障害のよくある典型的な事例をみていきたいと思います。


摂食障害でよくある典型的なタイプは、

子どもの頃は、聞き分けがよく、明るくてとてもいい子で、

泣いたり、我儘を言ったり、甘えたり決してしないようなタイプだった。

ということ。


ここが、とても重要なポイントとなってくるところです。

なぜ、そんなにいい子が???

というところです。


これが、もうすでに、仮面をかぶっているわけです。

いい子の仮面です。


そして、仮面の下には、インナーチャイルドが隠れています。

インナーチャイルドが、仮面をかぶらせているのです。


それでは、インナーチャイルドはどのようにして生まれていくのでしょうか???

これも、人によって様々なプロセスがあるのですが、よくあるケースをみていきたいと

思います。


インナーチャイルドは、傷つくことによって生まれていきます。

どのようにして傷つくのかというと、

実はとても些細なことで傷ついてしまうのです。


例えば、

兄弟が病気で、お母さんは兄弟にかかりきりであまり相手にしてもらえなかった。
だから、私はいい子にしていないとお母さんに迷惑だし、お母さんに嫌われてしまう。
絶対にお母さんには嫌われないようにしよう!!

また、多いのが、お母さんが忙しい、といった場合。
お母さんは、仕事に家事にとても忙しいから、迷惑をかけてはいけない、
我儘を言っちゃいけない、甘えちゃいけない・・・・・
とても寂しいのだけれども・・・・・

あと、多いのが、夫婦仲が悪かったり、家族内に不和がある場合。
なんとか私が平和保つようにしなければ家族は大変な事になってしまいます。
私は我慢しなきゃ、マイナスの事は絶対言っちゃいけない、我儘も絶対言えない・・・・・
常にみんなの顔色を見て、どうにか平和を保とう!!
と、健気な努力をすることになります。


どの、事例でも心には深い傷や満たされない気持を抱えることになります。
この、心の傷や満たされない気持が、そのまま過食とも結びついていってします。
寂しさや哀しさ、満たされないものを食べて紛らすということをしてしまうのです。
そうして、普段は仮面をかぶって、仮面のコミュニケーションや様々な行動をしていく
ことになります。


やがて、この仮面は、家庭だけではなく、学校や職場でもかぶるようになって、
更に同じような辛さを抱えるようになっていってしまいます。
これを、変えていくためのまず最初のステップが、
今日紹介した事例のようなプロセスを自分にあてはめていき、

   自分はどうなのか????

ということにまず気づいていくことです。

これだけではわかり難いかもしれませんが、実際に体験していただくのが
いちばんだと思います。

このようなインナーチャイルドワークは、カウンセリングでじっくり取り組んで
いくことが効果的ですが、ワークショップでも可能ですので、興味のある方は
どうぞこちらをご覧ください  ⇒ http://www.sinbiz.jp/innerchild/

そして、もうひとつのツールである対人関係療法ですが、これは、

  ”感情表現をしていく”

ということがいちばんのポイントでです。

自分の本当の気持ちを表現していくということです。
それが摂食障害の克服にとって重要なポイントになってくるところです。


摂食障害の基本から克服についてはメールレッスンで詳しく説明
しています。 是非こちらからどうぞ

摂食障害克服のための無料メールレッスンスタート!!
摂食障害克服の基本的な知識は、
まず無料メールレッスンにご登録ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  

摂食障害克服の基本について学ぶ基本レッスン。
全18回に渡りお届けします。

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。

まずは、摂食障害の基本知識を身につけて、
正しい努力をして摂食障害を克服して
いきましょう。

過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ