コラム

 公開日: 2015-12-07 

摂食障害克服 ”最後は自分!!”

摂食障害を克服していく上で、親や他の家族のサポートがとても大きな力

となるものなのですが、結局、最終的に大切なのは自分になります。

特に、親のサポートがあまり期待できない場合には自分でどうにかして

いくしかありません。


その場合の強力な力となってくるのが、本来の自分とインナーチャイルド

によるワークです。


ブログで何度も紹介している、仮面と本当の自分とインナーチャイルドの関係

をワークしていく方法です。


摂食障害は、自尊心の低下、自己否定感、それらをつくりだしてしまった、

”インナーチャイルド”

そして、インナーチャイルドを押し込め隠すための仮面が大きく関わっており、


最終的には、この仮面による対人関係が様々な問題を引き起こして、

持って行き場のない感情を抱えてしまい摂食障害へと繋がっていってしまう

というプロセスを経ています。


ここには、もちろん、

  ”強烈な痩せ願望”

というものが関わってきます。


この痩せ願望は、仮面による影響であり、その奥に押し込めたインナーチィルドも大きく

影響しています。


仮面には、

 ・いい人仮面

 ・強い人仮面

 ・クールな人仮面

の3タイプがあるということでした。

仮面は、よく言われている、”いい人仮面”だけではないのです。

ここがひとつのポイントです。

その仮面は、
幼少の頃に何らかの心の傷を母親との関係性の中で負ってしまい、それ以外の場合もありますが、
そのような心の傷を隠すために仮面をかぶっていくということでした。
本当の自分が傷ついてしまったので、どんどん本当の自分を隠していきます。

子どもにとって、お母さんは絶対的な存在で、ちょっとしたことで、傷ついてしまうのです。

特に対人関係のコミュニケーションに影響を与える心の傷としては、
    泣いて訴えたのにわかってもらえなかった

   何かしようと思っていたら先回りされてしまった、といった過干渉
   話かけたり、相談したりしたのに聴いてくれなかった

   自分の意見を言ったら否定された・・・・・・

などなど、ちょっとしたことで傷つき、自分を制限するようになってしまいます。

そうして、この傷によって、信念=コアビリーフを抱えてしまます。

コアビリーフとは、人生を制限してしまうような信念です。


特に、対人関係のコミュニケーションに影響を与えるコアビリーフには、
  
   ・どうせ私はダメ人間

   ・嫌われたらどうしよう

   ・批難されたらどうしよう

   ・見捨てられたらどうしよう    

   ・どうせわかってもらえない

   ・黙っているのが平和

   ・皆に合わせていればいい

   ・ノーは絶対に言えない

   ・強い自分でいなければいけない

   ・決して人に甘えたり頼ったりしてはいけない

といったようなものがあります。


子どもの頃の自分が傷つき、仮面をかぶるようになって、

仮面がこのような信念を抱え、その仮面で対人関係のコミュニケーションをしていくと、

様々な対人関係上のうまくいかないコミュニケーションをしてしまいます。


典型的なパターンが次のようなものです。

  ・あいまいで間接的な非言語コミュニケーション

  ・不必要に間接的な言語的コミュニケーション

  ・自分の言いたいことは伝わったという思い込み

  ・相手のことを自分が理解したという思い込み

  ・自分の本当の気持ちは決して表にはださない

  ・沈黙(言わないことが平和)

このようなコミュニケーションをやってしまうと対人関係はうまくいかなくて当然です。

そこに対人関係のストレスが生まれてしまい、持って行き場のない感情を抱えてしまい、

それが摂食障害のエネルギーになっていってしまいます。


さて、これを変えていくにはどうすればいいのか???


それは、仮面をかぶる原因となったインナーチャイルドの心の傷を癒してあげて、

インナーチャイルドが抱えてしまった人生を制限しているコアビリーフを変えて

いくということです。


そうすることによって、仮面を手放すことができるようになっていって、対人関係で
抱えてしまう持って行き場のない感情がなくなっていくことになります。



摂食障害ハンドブックに沿って、解説をしていく、
無料のオンラインビデオセミナーの公開中です。
全8回で7ステップで解説していく、7ステップの
無料オンラインセミナーです。

スマホでもOK!!

ご登録は今すぐこちらからどうぞ!!
 ⇒  http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
無料小冊子の摂食障害克服ハンドブックも
同時にダウンロードできます。


過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp
催眠療法はこちらから⇒ http://www.sinbi-s.com/

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ