コラム

 公開日: 2013-09-27 

なぜ?食べることに捉われ、なぜ?痩せに拘るのか???

過食嘔吐を治していく上で、ずっと重要なテーマとしている、

”食べる喜び”と

”痩せていなければ価値がない!”

というなかなか両立することが難しい価値観。


まず、なぜこの2つのテーマに捉われてしまうのかという理由をしっかり押さえていくことが

とても大切です。


それでまず、ここで重要なのが、昨日も触れた、

”バランスがよくて健康的な食事をして、運動すればいい!!”

はずなのですが、

”それが継続的にできない!!”

ま~、それが普通ですから、このことで、

”自分はダメだ!!”

とは思わないでください。  ここで自分責めることはありません。 ごく普通ですので・・・・


継続できずに摂食障害に陥っていってしまうと言うのは、やはりどこかで、

メンタルのバランスを崩しているということです。 昨日の、

”自分にOK我出せていないで、自分がNGの人”

ということでした。


ただ、メンタルバランスを崩すのは、これだけではなくて、とても不安が強かったり、

トラウマを抱えていたり、意識が外に向かい過ぎていたりといったように他にも要因はあります。


ですので、

自分は何でメンタルバランスを崩しているのか???

ということを押さえていくことがとても大切です。


ここで問題になってくるのが、

”自分では、よくわからい!”


それは、メンタルを崩す原因となる出来事が幼少の頃、7歳ぐらいまでに起きていて、

そのあとは、決まった心理パターンやコミュニケーションパターンや行動パターンを

とっていってしまうので、それがあたりまえになってしまい、自分の不安定さに気づか

ないという現象が起きてしまいがちなのです。


よくあるパターンとしては、

”泣いて我儘言ったら怒られた”

”お姉さんがいつも怒られている”

”家族がいつも仲が悪くケンカばかり”


このような状況を幼少の頃に体験して、

”我儘言っちゃいけない”

”怒られないようにいつもいい子でいなければ”

”家族の平和を保つために顔色をちゃんと見て機嫌を損ねないようにしなくちゃ”

といったような信念を抱えてしまうわけです。


そうすると、家族に対してだけではなく、外の世界でも同じ様にしていくことに

なってしまいます。


そうなると、いつも周りの顔色をうかがい、周りに気遣いをして、周りに合わせて、

自分を抑圧して出さないようにしていくようになってしまいます。


そうなると、自分を見失ってしまい、みるみる心のバランスを崩していくように

なっていってしまいます。

特に多くは思春期の頃に限界が来てしまうものです。 社会人になるまで大丈夫な

場合もありますが・・・・・


それで、なぜ? メンタルバランスが崩れると、食への捉われや痩せへの拘り、

が問題になってきてしまうのでしょうか????


ここもまた色々あるのですが、

まず、メンタルが崩れると ”食に捉われる”のは、

食べることで、感情を紛らせる、あるいは麻痺させる、そして満足を感じる事ができる

というスイッチが出来上がってしまっているということです。

摂食障害になりやすい人で、子どもの頃にやや太り気味であった人が実におおいのです。

これは、太っていることによるコンプレックスを大きく抱えてしまっているという大きな影響

も無視できないのですが、それ以前に、

なぜ、子どもの頃に太っていたのか???

というところがとても重要なところです。


子ども頃太っていたということは、太らざるを得ない状況がそこにはあったのではないか????

といういうことです。

そして、その、太らざるを得ない状況が、様々な制限的なパターンをつくり上げ、

食べることによって、感情を紛らせて、満足を得るというスイッチをつくり上げて

しまっていると言うことです。


これが、食べることに捉われるひとつの理由になっているのではないかと考えられます。


あとは、痩せへの拘りがなぜメンタルバランスへの崩れで起きてくるのか????

ということですが、

簡単に言えば、メンタルバランスが崩れているということは、

自分に自信がなくて、自分にOKが出せない、自分がNG状態なので、

自分が唯一成功できた、

”痩せ”

に捉われてしまうということです。


ここも重要なところで、これでは簡単過ぎますが、

ちょっと長くなってしまったので、つづきはまた・・・・



摂食障害の無料メールレッスンはこちらから ⇒ http://www.sinbi-s.info/mail_lesson/  
 
こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbiz.jp/freehandbook/
過食症・拒食症などの摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
⇒ http://www.sinbi-s.info/

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ