コラム

 公開日: 2012-12-11 

☆ダイエットとココロと体温と・・・☆

体温というのは、いい指標になるものです。



先日、



”体温が低いと気分がノラナイ”



という話をしましたが、



やはり、体温がココロに与える影響は大きなものです。




また、



最近は低体温の人が多くて、免疫力が下がるなどの健康面での



問題が大きく取り上げらえれるようになってきました。





無理なダイエットや更に進んでいって、拒食症のレベルまでいってしまうと、



低体温は避けられない状況に陥ってしまいます。




低体温になるとココロは不安底になり、体力もなくなり、免疫力も下がり、



健康面で深刻な状況になっていってしまいます。





体温は高いレベルをキープしたいものです。 体温が低いと代謝が落ちて太り



やすい体質になるという悪循環にも陥ります。





そこで、どうすれば体温が高いレベルへもっていけるのか?



ということですが、



まず大事なのが、身体の活性度が上がっていること。



そのためには、筋肉も大事なのですが、まずは適正な栄養がいき渡っていること。




そこで、問題になるのが前に触れたタンパク質と炭水化物の問題です。




一般的にダイエットは、ローカーボ(低炭水化物)ダイエットがとても多くなっています。



それは、低エネルギーダイエットとともいえます。



確かに体重は落ちるのですが、心身の健康は疑問がいっぱい!???




そのようにしている人のほとんどは冷え症になっています。




それは、身体を温めるエネルギーの不足と腸の活性度が影響しているようです。




タンパク質というのは、消化に困難が伴い腸の活動を停滞させます。



もちろん、タンパク質は、エネルギーとしても効率の悪い栄養素です。



筋肉をつくるのはいいのですが、タンパク質と炭水化物では明らかに役割が違うのです。




まずは、炭水化物はしっかり摂ることが大切です。




摂食障害で、過食の対象となる食品は炭水化物や甘いものなどで、



糖質を手っとり早く摂れる食品になる場合がほとんどです。




それは、炭水化物を控えて控えて、それでいてリバウンドで身体が炭水化物を欲するから、



結局、どか喰いしてしまうということです。



身体の自然の原理です。




炭水化物が人間にとってとても大事で必要なものであるということは、摂食障害の症状が



如術にに表しています。




ただ、炭水化物が太るというイメージがあるのは、



摂取する炭水化物に間違いがあるからです。




まず良くないのは普通の白いパン。



パンには、砂糖や脂肪分、更には様々添加物が入っていること・・・・



更には、パンと一緒に摂取してしまうバターやジャム、そして、おかずも脂肪の多いもの



になりがち。 注意が必要です。




あと、良くないのが白米。



白米が太るイメージをつくりだしているんかもしれません。



エネルギー効率を上げて体温を上げるには白米では心もとないところです。




そこはまた・・・・




こちらのハンドブックも参考にしてください↓↓↓↓↓↓
摂食障害克服のためのハンドブックが無料ダウンロードできます。
⇒ http://www.sinbiz.jp/freehandbook/
Facebookでいいね!をクリックするだけで、1,000円お得です。
⇒ http://www.facebook.com/SINBIZEN
摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ