コラム

 公開日: 2012-07-10 

フォーカシングの具体的なやり方

先日は、フォーカシングのフェルトセンスについて触れましたが、

今日は具体的なフォーカシングの手法についてご紹介していきたいと思います。



少し復習しておくと、フォーカシングは、



「今日は気がのらない」「言葉に胸がつまる」など、感情とも気持ちとも

身体状態とも言い難いような『感じ』、誰の中にもある『感じ』・・・。



その『感じ』をフォーカシング用語ではフェルトセンスと呼んでそこに

フォーカスしていきます。



最初に感じられるものが否定的なものでも肯定的なものでも、フォーカ

シングではその『感じ』の言い分を充分に聞いて、ごく親しい友人のように

寄り添ってみます。



ということでしたが、



さて、それでは具体的には、どうなのでしょうか?



まず、ひとりでするものなのか? 



ということですが



フォーカシングは、ひとりでも行うことができます。



フェルトセンスとどう対話するかの道筋を追えば、ひとりで行うことは可能です。



ただ、最初はガイド役に誘導してもらった方がより感じが掴めるかとは思います。

まずは、簡単な流れだけご紹介しておきます。



①体に質問する。

②フェルトセンスにあいさつする

③フェルトセンスと一緒にいてあげる

④名前をつける

⑤感謝する

⑥繰り返す


といった流れでやっていきます。



具体的にはこのようになります。



まず、



自分の体に、悩みが体の中にあるとすればどこだろう?



と聞いて、その声に応えることで癒していきます。


①体に質問する。

「今、一番私と話したがっている、体の部分はどこかな?...喉かな?



...胸かな?...みぞおちのあたり?...下腹?」



というように、一呼吸ごとにこの順番に、体の感覚を探っていきます。


そうすると、気になる部分がでてきます。



例えば、胸が苦しい、痛い、重い、とか、おなかが重い、痛い、締め付けられるなど、



体に何か違和感やどうしても気になる感じがでてきます。


その感じが「フェルトセンス」です。




②フェルトセンスにあいさつする

今度は、その違和感を感じたところに、あいさつします。


手でやさしく、そこを押さえながら、その感覚にそっと近づくような気持ちで

(おなかの子をいたわるような感じで)微笑みながらこういいます。



「こんにちは、あなたがそこにいるってことは、ちゃんと分かっているよ。

そのままでいいんだよ、大丈夫だよ。」



そして、フェルトセンスの反応を感じます。



そうすると何か、言葉のようなものが伝わってくるかもしれませんし、

テレパシーのような、あるいは心の声のような感じで何か感じるかもしれません。
その言葉や、感情を受け止めます。


③フェルトセンスと一緒にいてあげる

今感じているその感覚にもっと近づいていってあげます。そして、仲のいい友達と

並んで腰掛けているように、やさしさと好奇心をもって、隣にいてあげてください。



あるいは、泣いている赤ちゃんをあやすように、やさしい気持ちで抱きしめてあげてください。


そして、その感覚にやさしく微笑みかけてあげましょう。




④名前をつける

フェルトセンスに、自分が感じている感覚を伝えて確認します。


「おなかが重苦しいって感じがするんだけど、その感じでぴったりかな?」


すると、フェルトセンスが、「そうだ」とか「ちょっと違う」など、答えてくれます。



あるいはぴったりな気がするとか、何か違うなとか感じますから、その感じを受け止めてください。
そして、しっくりくるまで、その言葉をみつけてください。



今度は、名前をつけてあげましょう。


たとえば、重苦しいから二文字とって「おもちゃん」とか、「おもくん」とかかわいらしい名前を

つけてあげます。


そして、その感覚に聞きます。


「~ちゃんって呼んでもいいかな?」



その名前で呼んでも嫌がっていなければ、手をやさしくあてながら、
「~ちゃん、大丈夫だよ、そばにいるよ」
と寄り添うようにしてあげます。




⑤感謝する

その感覚に向かってこういってあげましょう。


「ありがとう。いつもあなたのことを大切に思ってるよ。」


感謝して、セラピーを終えます。




⑥繰り返す

もし、次、また嫌なことがあったり、思い出したりして、その感覚がでてきたらこういいます。


「~ちゃん大丈夫だよ...。大丈夫だよ...。」


すると、その感覚が暴れなくなって、心が落ち着いてきます。




これで終了です。



何か文字で見るだけだと、ふーん、それで???




と思うかもしれませんが、まずは実際にやってみてください。静かな場所で



リラックスしてやってみることがよいでしょう。




Facebookでいいね!をクリックするだけで、1,000円お得です。

⇒ http://www.facebook.com/SINBIZEN

摂食障害の対人関係療法カウンセリングはメンタルオフィスSINBIで
http://www.sinbiz.jp

この記事を書いたプロ

メンタル・オフィス SINBI(シンビ) [ホームページ]

心理カウンセラー 福山裕康

東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL:03-5201-3847

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事例・体験談

◆28歳 男性 東京都在住 会社員◆私は、長年過食嘔吐で苦しんでいました。カウンセリングを受ける時には相当長くかかるだろうな、下手をすれば一生ものかとまで考え...

メニュー・料金

問題解決のための基本カウンセリングである対人関係療法・認知行動療法・イメージ療法・催眠療法(ヒプノセラピー)◆特徴 潜在意識からの変容を促し現実を変えてい...

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラー 福山裕康さん

一人で悩まないで!まずは相談してください!(1/3)

 心の悩みはつらいものです。孤独や不安で目の前がふさがれ、社会から取り残されたような気持ちになります。 「でも、決してあきらめないで。一人で悩まないで。まずは相談してください。思っていること、感じていることを伝えるだけでも心は軽くなるもの...

福山裕康プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

3,000件を超える臨床実績

会社名 : メンタル・オフィス SINBI(シンビ)
住所 : 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 [地図]
TEL : 03-5201-3847

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5201-3847

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福山裕康(ふくやまひろやす)

メンタル・オフィス SINBI(シンビ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
★周りは敵ばかり! と・・・★

あなたは、周りにいる人は、敵と仲間はどちらが多いですか???敵とはまではいかないまでも、   ”周...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★過食嘔吐が止まりました!★

摂食障害のカウンセリングをやっていると、   ”過食嘔吐が止まりました!”という報告をよく聞くことに...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★強いのに摂食障害!?★

  ”摂食障害は、心の弱い人がなる病気だ!!”というのが一般的な常識になっていますが、実は、  ”...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

★太らない食事が太る食事!★

痩せたい! 痩せたい!太ったらどうしよう!太るのが恐い!そのためには、食べない、食べても野菜...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

食べたい!!食べたい!!でも痩せたい!!

いくら好きに食べても太らない身体を手に入れたい!!そんな身体に憧れてしまうもの・・・・・でも、まず...

[ 摂食障害のカウンセリング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ