>   >   >   >   >  サービス・商品

サービス・商品

薬剤処理によるシロアリ防除工事と方法

イメージ

●薬剤散布によるシロアリ防除施工の方法

シロアリ防除の“防除”とは予防の防と駆除の除を合わせたものです。
薬剤散布によるシロアリ防除施工の考え方の基本を紹介します。

・シロアリ被害の無いお宅に対しては、予防施工のみを行う。
・シロアリ被害の有るお宅に対しては、駆除施工と予防施工を併せて行う。

家屋内に侵入してしまっているシロアリに対しては、薬剤を散布することで駆除します。
木材や壁の中にいるシロアリをドリルで穿孔した穴から薬剤を注入します。
直接薬剤で殺すわけです。

そして次に新たなシロアリが侵入してこないように、あらかじめ薬剤を散布してバリアを作ります。 この薬剤のバリアは5年間効力が持続しますので、その間は万が一再侵入されてしまった場合でも、保証させていただいております。

具体的には以下のような段取りで施工致します。

●1.お客様と施工内容のご確認

最初に、調査担当者からの報告及び指示事項に基づき、シロアリ防除施工の内容と段取りをお客様と確認させていただきます。


●2.床下に入る場所を確保します

■ キッチンに床下収納庫が有る場合は、そこから床下に入って作業を行います。同様に、洗面所などに床下点検口が有る場合もそこから入ります。
■ 点検口が無い場合は新たに作成します。1階に和室が有る場合は畳を1枚上げて、床板を電動丸のこでカットして、そこから入ります。
■ 和室も無く、目立たないように床をカットすることも出来ない場合は、別途床下点検口を作成していただきます。その場合の費用はお客様にご負担いただきます。


●3.養生を行います。

薬剤散布は作業車の薬剤タンクからホースを伸ばして行います。そのため、お客様のお宅が汚れないように、玄関や勝手口等から侵入口まで養生シートで養生を行います。


●4.床下作業について

【木部穿孔】
いよいよ薬剤ホースをもって床下に潜り、散布を行います。
その前に、駆除施工の場合で必要のある場合のみ、シロアリ被害箇所の木材にドリルで穿孔しておきます。

【木材吹き付け処理】
床下に使用されている木材(土台、床束、大引き、根太等)に薬剤を吹付け、被害状況に応じて注入します。木材用の薬剤には防蟻成分に加えて防腐成分も含まれています。

【土壌処理】
そして、床下の土壌表面に薬剤を散布します。床下がコンクリートの場合でも表面に散布します。


●5.室内作業について

床下での施工だけでは完全に防除出来ない場合が有ります。その場合は必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

・まず、室内にシロアリの被害が有る場合はその被害部位に薬剤を行き渡らせます。
・タイル張りの浴室の場合には、床の土間部分と壁の立上り部分にドリルで穿孔し、  薬剤を注入します。処理後はできる限り目立たないように補修をいたします。
・玄関や勝手口など、床下空間の無い部分については、土間にドリルで穿孔し、  薬剤を注入します。処理後は同じく補修をいたします。
・浴室の土台で床下から作業できない部位は、外壁から穿孔し薬剤を注入します。

●6.施工後について

施工が終ったら作業漏れ、補修漏れ等が無いかチェックを行うと共に、清掃、後片づけを行います。お客様に施工完了のご報告を行いすべて完了です。

●当社で使用している薬剤について

シロアリ防除施工に使用する薬剤は、効力、安全性等について、日本木材保存剤審査機関の評価を受け、 社団法人日本しろあり対策協会で認定登録されています。下記に代表的な薬剤の毒性を示します。

▼クロルピリホス(有機リン系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】19【吸入毒性(mg/)(LC50)】2000

▼ホキシム(有機リン系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】16【吸入毒性(mg/)(LC50)】2550

▼ペルメトリン (ピレスロイド系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】 0.53【吸入毒性(mg/)(LC50)】685

▼ビフェントリン (ピレスロイド系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】 0.18【吸入毒性(mg/)(LC50)】495

▼シラフルオフェン(有機ケイ素系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】 0.019【吸入毒性(mg/)(LC50)】6610

▼イミダクロプリド(ネオニコチノイド系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】 0.0015【吸入毒性(mg/)(LC50)】5323

▼クロチアニジン(ネオニコチノイド系)
【蒸気圧(mmHg)×10-6】 0.00013【吸入毒性(mg/)(LC50)】6141

※蒸気圧は、薬剤成分の蒸発のしやすさを表しています。数字が小さいほど蒸発しにくい薬剤です。
※吸入毒性は、吸い込んだときの毒性の強さを表しています。数字が大きいほど安全です。

当社が主に使用しております薬剤はタケロック(有効成分:クロチアニジン)です。この薬剤は即効性が無いのが難点ですが、蒸気圧が非常に低いため、お住まいの方が吸入する可能性が低く、匂いもほとんど有りません。
詳しくは薬剤メーカー(日本エンバイロケミカルズ)ホームページをご覧ください
http://www.shiroari-kujyo.jp/products/chlothianidin/index.html

この記事のURL

シロアリ対策|薬剤を散布しない 維持管理型ベイト工法

イメージ

「維持管理型ベイト工法」とは一言でいうと薬剤を大量散布することなく、臭いもなく、人にもペットにもより安全で、巣ごと退治する防除工法です。

★維持管理型ベイト工法の特徴★

維持管理型ベイト工法は従来の処理法と較べて三つの大きな特徴があります。

第一は、シロアリの巣を丸ごと絶滅することが可能なことです。
第二は、薬剤の絶対量が少ないことです。薬物の量が少ないということは,人と環境の薬物への 暴露が低減されることを意味します。
第三は、維持管理型ベイト工法は従来工法とは違い、シロアリ防除薬剤を直接建物に処理しないことです。

★環境に優しい工法★
従来のシロアリ防除方法に較べて、維持管理型ベイト工法の薬物の使用量は約5000分の1です。しかも、ステーションにシロアリが来たときにだけしかベイト剤を使いません。

従来のシロアリ防除方法は、環境への影響が懸念されていますが、ベイト剤は川や湖に流れ込む心配は一切ありませんので、環境に対する負荷を軽減する事が出来る「環境に優しい工法」です。

★居住者やペットへの安全性★
従来のシロアリ防除方法が建物に直接薬剤を処理するのに較べて、維持管理型ベイト工法は、基本的に建物への薬剤処理は行いませんので、 住宅で生活している人やペットに触れることはありません。建物周辺の地中に設置され、常に施錠されていますので、子供達やペットがステーション内部に手が触れられないようになっております。  更に、ベイト剤に使用される薬剤の使用量それ自体が少なく、薬剤の原体の毒性は食卓塩よりも低く、ベイト剤には1%以下の原体が含まれているに過ぎません。

なので・・・

★こういう方でも安心です!!

1. 小さなお子様がおられるお宅
2. ペットがおられるお宅
3. 化学物質過敏症やアレルギーの方がおられるお宅
4. 健康志向の方


★建物からの撤去★
従来のシロアリ防除の場合は、建物に一度処理した後は処理した薬剤を取り除くことは出来ませんが、 維持管理型ベイト工法の場合は、必要な時は何時でも建築物から完全に撤去することが出来ます。

★巣を絶滅させる有効成分について★
シロアリを含む昆虫類は、体内骨ではなく"外骨格"と言う体外骨で体を支えています。シロアリが成長する場合は、 外骨格を捨てて新しい外骨格との交代、即ち脱皮をしなければなりません。シロアリにとって脱皮出来ないことは、死を意味します。

維持管理型ベイト工法のベイト剤は、脱皮を阻害する有効成分です(有効成分名はクロルフルアズロン、またはヘキサフロムロン)

ベイト剤を食したシロアリの全ての集団が一度に脱皮する訳ではありません、ベイト剤の集団に対する効果は遅効的で段階的に集団の仲間を死亡させます。

ベイト剤を摂食したシロアリの集団の全てが絶滅するには数ヶ月以上かかる場合がありますが、食べ始めてから三週間以内にシロアリの集団に異変が生じ加害の進行を抑え始めます。

集団が絶滅した後シロアリの集団はベイト剤によって絶滅しますが、絶滅した集団が占有していたテリトリーへ、近くのテリトリーに生息している他のシロアリの集団の進出、また、羽アリの飛来によって新たな集団形成があります。これらに備えて、シロアリの集団が絶滅した後は、維持管理型ベイト工法を継続し、シロアリの行動を監視する必要があります。

◎維持管理型ベイト工法の施工法をご説明
▼ステップ1 独自のツールを家の周辺にセット ★まずはここから!
専門の施工技術者が、白ありによる被害状況や活動範囲をあらかじめ調査します。その調査に基づいてステーションを設置します。
おうちのまわりの地中に専用ステーションをセット
▼ステップ2 シロアリの活動状況を調べます  ★ここが大切!
ステーションにおさめた餌木を定期的に点検します。シロアリの痕跡と腐朽との見極め、他の生物の生息状況などを細かくチェックします。
餌木を抜き出して確認
▼ステップ3 シロアリの生息を確認!! ★ここでベイト剤を用意!
それによってシロアリがいるかどうか、きちんと餌木を食害しているかを確認します。
シロアリを発見!
▼ステップ4 ベイト剤を投入します ★シロアリが喜んで食べます!
もしシロアリの存在が確認されたら、シロアリが餌と間違えるように調整した薬剤入りのベイト剤を用意します。
ベイト剤は粉末状に作られているので、水で練ってステーションに投入します。
ベイト剤を投入
▼ステップ5 シロアリを確実に根絶します  ★確実に絶滅させます!
シロアリが薬剤を摂取しすることで、コロニー(巣)が全滅します。シロアリの習性を利用することで、巣からシロアリを根絶できます。
ベイト剤に集まるシロアリ
▼ステップ6 新たな被害を未然に防ぎます  ★二度と被害を出しません!
シロアリを根絶した後も、定期的に再モニタリングを行い、新たなシロアリの侵入を監視していきます。
駆除後も再モニタリング
そして、再びシロアリが発生した場合はすばやく対処します。
ベイト剤を再投入

◎維持管理型ベイト工法の取り扱い商品
【C&Fベイトシステム】
製造元  :株式会社バックアップ
有効成分:クロルフルアズロン
【セントリコン・システム】
製造元  :ダウ・アグロサイエンス社
有効成分:ヘキサフロムロン

※東京営業所の取り扱い商品はC&Fベイトシステム、千葉営業所の取り扱い商品はセントリコン・システムになります。効果はどちらも変わりません

◎定期点検の詳細
【前回餌木のみ設置の場合】

・・・ステーション設置後、次回の調査はここからになります。

・蟻害腐朽及びシロアリの生息の確認。
①蟻害腐朽のある場合は、ベイト剤を設置します。
②餌木の劣化が激しい場合は餌木交換をします。
③シロアリの食害もなく、餌木の劣化もない場合は周囲のステーションの状況などから判断し、作業を行ないます。
【前回ベイト剤を設置している場合】

・シロアリ生息とベイト剤の消費量確認
①シロアリの生息を確認→ベイト剤の補充
②ベイト剤の消費のみ→ベイト剤の補充
③ベイト剤の劣化→ベイト剤の交換
④シロアリの生息が全く見られない(駆除完了と想定される場合)→モニタリング用
餌木に戻し、再侵入を確認した際にベイト剤に切り替える。

上記の調査を終えたあと、完了のご報告を致します。報告書は基本的に後日郵送となります。

年間管理費用には、1年分の調査費用及び材料費(ベイト剤・モニタリング用餌木)が含まれます。

Q1:ベイト工法における「管理費用」って?

A1: ベイト工法は年間3~4回の定期点検が必要です。(工法により異なります)そのため、年毎に管理費用が発生します。

※ベイト工法は当社の営業所エリアにより取扱商品が異なります。ご了承下さい。(価格・駆除効果に変わりはありません)
■東京営業所(東京・神奈川・埼玉エリア):
C&Fベイトシステム…年間3回の定期点検
■千葉営業所(千葉・茨城南部エリア):
セントリコンシステム…年間4回の定期点検


Q2:ベイト工法の「契約更新」とは?

A2:ベイト工法の契約は1年単位となります。年最後の調査時に更新の有無を確認致します。
契約書は次回更新時に調査員がお持ち致します。

この記事のURL

ネズミ駆除・対策・方法・価格費用料金

【ネズミ駆除施工費用目安】・・・・封鎖箇所や構造・規模により前後する場合がありますので、あくまで目安とさせていただきます。

ネズミ駆除施工(木造・一般家屋の場合)・・・駆除完了まで。
100,000円~200,000円

定期(年間)管理・・・通常の駆除ができない構造の場合のみ。1年毎の年間契約になります。
120,000円~(月に一回お伺い)


【ネズミ駆除の詳細】

まずは、建物調査の結果を基にして、駆除計画を立てます。

着工初日は侵入路の封鎖をします。状況に応じて金網、防鼠(ぼうそ)ブラシ、
パテなどを使い分けて直接塞ぎます。

クマネズミは人差し指一本の隙間で十分侵入可能なので、見落としがないよう念入りに塞ぎます。
その後、建物内にネズミが残ってしまうので、定期的にお伺いし、中に閉じ込められたネズミを

粘着トラップで捕獲

捕まったネズミを回収

という作業を定期的に行います。
お客様から「もう出なくなったよ」と確認を頂き、完了のサインを頂きます。

実は業者さんの中には、定期的に管理するといってずっと捕獲作業のみを続けるところもありますが侵入口を塞がなければ、日本中のねずみを相手にしているようなものです。結果的に沢山のネズミを捕獲はできたとしても、侵入口がある限り、止まることはほとんどありません。

※古い建物や店舗など、構造上侵入口を封鎖することが不可能で、定期管理のみのご提案となるケースも有り得ます。この点に関しては現地調査で建物の状況を加味した上での判断になります。

この記事のURL

蟻害・腐朽検査|建物検査診断サービス|シロアリトラブル対策

イメージ

中古住宅の売買に当たって、シロアリ被害に関わるトラブルが後を絶ちません。重要事項説明の中では“シロアリ被害なし”と明示されていた物件が、引渡し後に被害が見つけることが良くあります。売主の自己申告に基づく場合、実際に売主も気づいていないケースも多いのです。また、買主にしても気づいたときは既に時効になっていた、ということで泣き寝入りになってしまいます。

蟻害腐朽検査とは社団法人日本しろあり対策協会が制定した建物検査診断サービスです。専門の有資格者“蟻害腐朽検査員”が建物をくまなく調査し、写真つきの報告書にまとめます。さらに、その診断内容が適正であることを協会が証明します。これによって中古物件の売買に関わるシロアリ、腐れに関するトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

この度は丁寧なお仕事をして下さって、有難うございました。7月13日に薬剤散布が無事終了し、ホッと一安心です!良い業者さんに出会えて、本当に良かったと思っておりま...

サービス・商品
イメージ

●薬剤散布によるシロアリ防除施工の方法シロアリ防除の“防除”とは予防の防と駆除の除を合わせたものです。薬剤散布によるシロアリ防除施工の考え方の基本を紹介しま...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
東京のシロアリ対策の専門家 南山和也さん

家を守る、という視点。シロアリは駆除よりも予防が大切(1/3)

 「200年住宅」という言葉を耳にする機会が増えました。これを支えているのが、2009年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」。日本の住宅寿命は約30年と短いのですが、これはせっかくの建物の価値が減ってしまい、さらに大量の廃棄...

南山和也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

安心・誠実なシロアリ予防・駆除対策の専門家

会社名 : 株式会社テオリアハウスクリニック
住所 : 東京都練馬区関町南4-16-19  南関町ビル2F [地図]
TEL : 03-5948-5332

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5948-5332

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

南山和也(みなみやまかずや)

株式会社テオリアハウスクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

信頼のおける会社様でした!

定期的に貴社で工事施工をしていただいています。 今回は前回...

E・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
玄関に見られるシロアリ被害と駆除工事
シロアリの食害を受けた玄関框(かまち)

土の中に暮らすシロアリにとって玄関の框(かまち)や巾木(はばき)、ドア枠は地面から近くにある木材なので、玄関...

[ シロアリ駆除 ]

コンクリート床下でも白蟻予防が必要なわけ
コンクリートに発生するヒビ・継ぎ目

お客様からよく聞かれる質問で、「この家の床下はコンクリートだけど防蟻工事が必要なの?」というものがあります...

[ シロアリ予防 ]

和室での白蟻(シロアリ)被害事例
床板の食害

シロアリによる和室の被害事例についてご紹介します。こちらの建物では、侵入・被害状況の確認のために和室の畳...

[ シロアリ駆除 ]

白蟻(シロアリ)を呼ぶ廃材の放置
床下に散らばる木片

当社が建物の床下点検・調査にお伺いする際、しばしば以下の様な状況が見受けられます。 これは、床下に散...

[ シロアリ対策 ]

新型ターマトラックを使った共同調査
新型ターマトラック T3i

当社が使用しているシロアリ探知機の「ターマトラック」ですが、この度、新型ターマトラック「T3i」を新たに導入...

[ 蟻害腐朽検査 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ