プロTOP:田儀雅芳プロのご紹介

代替わりで成長する企業と沈む企業。命運を握るのは経営の弱体化を防ぐ「質の高い事業継承」です(1/3)

資本戦略研究所の事業継承コンサルタント田儀雅芳さん

知らなかった」ではすまされない。オーナー引退後におこる数々のトラブル

 オーナー企業の事業継承はトラブルが多い。そう聞いて「相続税の問題?」と思われた経営者は既に危機の淵に立っていると言えるかもしれません。
「相続税対策はもちろん課題の一つですが最大の問題は『経営権』と『財産権』の承継の失敗すなわち資本戦略の失敗です。事業継承から傾く会社は後をたちません」
資本戦略研究所の経営コンサルタント田儀雅芳さんは、国内トップレベルの件数の事業継承を成功させてきた専門家として実感を込めて語ります。

「具体的には自社株の取り扱いです。非上場企業やオーナー企業では通常オーナーが多数の株を所有していますが、相続で持ち株が分散すれば『保有株数=株主総会の議決権』ですから経営権の弱体化・複雑化に直結します。その結果、後継者の解任、経営にノータッチの相続人からの高額での株買取請求といったお家騒動にいともたやすく発展します。『まさか、うちが』とお考えでしょうが、規模は関係なく自社株のある会社はすべてトラブル予備軍で、逆に中小企業ほど複数の親族が経営に参加している、古参社員が多いなど人間関係・利益関係が密接に絡み、揉めだすとひどくなるのも残念ながら事実です。事前に目をこらして問題の芽を一つずつ摘んでおくことが大切です」

 経営権を衰退させないために何ができる? 親族の争いを防ぐ納得のゆく資産分配法は? 現金がない場合は? 会社資産はどう処置すべき? 相続税対策は? そもそも後継者はどう選ぶ?……問題の芽は自社株をはじめ法律、税金、金融、経営、人事と多層にわたることから、各分野の専門家に相談しても各論的に解決できるだけとなり、その複雑さも事業継承が困難とされるゆえん。全体を俯瞰して各課題に適切な手を考えて各専門家を動かす司令塔の役割が必要。そう気付いた経営者が頼るのが、法律から経済、人心に通じ、事業承継のプロである田儀さんです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 事業継承で試される経営者の心と手腕。企業人生の総仕上げにふさわしい大仕事

田儀雅芳プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

事業継承のトラブルを防ぎ、企業成長に導く資本戦略術

事務所名 : 資本戦略研究所
住所 : 東京都新宿区西新宿6-2-3 新宿アイランドアネックス302号 [地図]
TEL : 03-3343-5557

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3343-5557

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田儀雅芳(たぎまさよし)

資本戦略研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ