>   >   >   >   >  受講生の声

受講生の声

大学入試も通過点なんですね (合格体験記)

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違う学校に行く自分に納得できないでいました。しかし今思えば、よく塾長がおっしゃる「行くところには必ずご縁がある」という言葉の通り、あの時の私にベストな高校であり、ご縁だったのだと思います。

私立の高校に入学後、はじめは勉強に集中しようと考えていた私ですが、担任が顧問だったこともありあまり深く考えずに演劇部に入部しました。これがまた何のご縁か、その部活は過去に全国大会、関東大会に出場している都内でも有数の強豪校だったのです。2年にあがり部長になった私は、一年の時に都大会出場を逃した悔しさからさらに部活に明け暮れるようになりました。

1年の夏頃までは定期的に通っていた塾も、このころには週に1度行けるか行けないかという月もありました。その時ふと、高校にあがってすぐのころに水谷先生がおっしゃっていた「高校で部活に入ると勉強との両立がとても大変だ」という言葉が頭をよぎることがありましたが、部活の忙しさにかまけてその言葉から逃げていました。

その年部活は関東大会に進み、引退したのは3年生の4月でした。慌てて志学ゼミに通い、改めて自分の現状を痛感しました。それからは週3回の授業のほかに、塾長に英単語、熟語をクラス全体で暗記する時間を作って頂き、さらに水谷先生の授業ではセンター演習や実力からやや難しめの過去問などを解いたりなどして少しずつ力をつけていきました。

夏にはセンター模試で英語が8割を超えるようになり、何とか受験生としてのスタートラインに立てたかと思いました。しかし学校では試験のために覚えては忘れていた日本史は1年間で覚えなおすのには非常に苦労しましたし、古文、漢文などもほぼ一から教わるようなレベルでした。当然部活をやっていても上手く両立して大学受験に備えている人はまわりにいましたので、ただただ自分の計画性の無さが生んだ結果でした。

そして現役での大学受験は、一般試験ではすべて不合格、最後に受けた第一志望の津田塾大学の試験は補欠となり、3月下旬に繰り上げなしの通知がきました。高校、大学と2度もあと一歩のところで不合格となった私に、父は「あの状況からここまでよくやった。あともう一歩だったな」と言ってくれました。その時、高校大学受験とず。っと応援してくれていた父に本当に申し訳なかった、という気持ちがこみあげてきました

浪人となり迎えた日々は決して楽な毎日ではありませんでした。なによりも学校の仲間が新たな場所で頑張っている一方で、自分が何にも属していない状況が耐え難く感じられました。

それから何となく英語が好きでいいなと思っていた志望学部の国際関係について気にするようになりました。新聞のコラムや国連で働く人などのブログを読むうちに、この学問を学ぶことが確かに有意義なことである、という確信を持てるようになりましたし、勉強のモチベーションにもなりました。

勉強面では去年勉強した蓄積もあり、自分で進められるところ、そうでないところが出てきました。個人個人で対応してくれた志学ゼミだったからこそ、自分にあったペースで勉強ができました。また、何度も先生と面談して自分の希望大学がどこに行っても後悔のないものに決定できました。

それでも、大学受験は簡単なものではありませんでした。今年もなかなか受からず、最後にまた津田塾大学の試験が残りました。後がないというプレッシャーが強くありましたが、ここまで自分を信じて応援してくれた両親の為にも、自分の為にも、2月の最後まで試験に臨みました。

そして、結果は合格。3度目の正直で、ようやくあと一歩に手が届きました。あまり実感が沸かなかったのか、冷静でいた私よりも両親のほうがずっと喜んでくれていたのを、今でも鮮明に覚えています。

先日、志学ゼミで行われた祝賀会で塾長に「今の自分に合った言葉を引くよ」と言われながら、相田みつをさんのカードをいただきました。そこには「自分が自分にならないでだれが自分になる」という言葉がありました。自分の魅力とは何か、自分なりの価値観を持つこと、これがこれからの私の課題なのだ、と気づきました。これまでのご縁を無駄にせず、そしてこれからのご縁を大切に、自分を作っていきたいと思います。

塾長がよく言う言葉「受験は人生の通過点」なんですね。

ここまで私を支えて来てくださった両親、塾長をはじめ志学ゼミの先生方、そのほか多くの方々に感謝します。

この記事のURL

国立医学部合格ありがとうございました 鉄人に感謝

国立、都立高校入試に失敗し、その足で志学ゼミに来ました。「1秒前は過去」という塾長の言葉は今でも心に残っています。医者が足らない世界の諸地域の医者になりたいという気持ちはありましたが、医学部に合格することはとても困難な道だということもわかっていました。中学からやってきた野球も続けたいう気持ちもありました。そんな時私は鉄人に出会ったのです。

「部活をやってもいいけれど、疲れ果てて塾に来て授業に集中できないようであれば部活はやらない方がいい」とずばり言われました。そこで部活と勉強の両立を決意しました。また進学した学校では野球と勉強の両立が十分可能でした。もし国立等に受かっていたらそうはいかなかったかもしれません。成績上位をキープしながら部活もできました。しかし何より鉄人こと水谷先生は部活で遅くなって塾に来てもつき合ってくれましたし、素朴な疑問にも丁寧に答えていただきました。鉄人はTOEFL満点だけあってその知識、分析は素晴らしく、英語に関する質問はすべて即答していただきました。1年からみっちり英文法を鍛えていってよかったと思っています。高3の部活が終わってからの受験勉強ではおそらく間に合っていなかったと思います。

そのおかげで高1でセンターレベルなら8割が見え、高2のセンター同日模試では9割はが取れました。ここで何とかやれそうだという気持ちにはなってきました。実際、国立の2次の英語は楽に見え、手ごたえを感じました。センターでボーダーライン上でしたので浪人は確かに頭を過りました。私立は経済的に無理がありましたので国立に受からなければ浪人という状況でした。

甲子園予選で勉強が中断することもありましたが、何としても国立の医学部に進学したいという気持ちは変わりませんでした。肩を壊し練習に参加できない時も肩の治療をしながら塾に来たことは懐かしい思い出となりました。そして5教科7科目の勉強に明け暮れながら、小論文、面接の練習にも指導していただきました。小論文は何をどう書いていいのかがつかめずに苦労していましたが、自分お話をしっかり聴きいていただき自分の特性を踏み込んで将来やりたいこと、その動機、理由を書いては指導を受けました。面接も同様です。自分でこれだなと思えるまでつき合っていただきました。ほんとに夜中に行っても話を聞いてくれました。よく終電で帰らせたこともありました。

文章や、面接で迷った時は原点に戻ってその動機を考えることを塾長からも指摘を受けました。「そうだ、医者が足りない地域にいって医者になるんだ」という気持ちが受験でだめかもしれないと思った時に、よく思い返しました。

鉄人は感情的になりません。すべて理屈で考えて説明してくれますので、話が非常に論理的です。感情的に話されるとついていけない場合もあります。しかし愚痴も聞いてくれました。

鉄人はよく「僕といたら受かるよ」と半分本気で言います。そうかなあと半信半疑でいましたが、鉄人と2月、3月の受験を過ごした人はみんな合格しているから不思議です。夜に少しでも不安材料が浮かぶと鉄人詣で?をしました。聞いてすぐ答えていただける安心感はなによりでした。頼りになる存在の方が近くにいることは必要です。

鉄人、塾長、ありがとうございました。医師が少ない地域で活躍できる医師を目指して頑張ります!

この記事のURL

ありがとうございました 高校生の保護者より

TOEFUL満点の鉄人をはじめ大学入試まで各教科で専門の講師がいます。志学出身者が多く、和気あいあいとした雰囲気がありますが、試験の成績でクラスが移動になります。常駐している講師の方が早くからいらしていますし、時間外でも補習、質問に答えていただきました。集団クラスの講師はハッピ、個別は白衣を着ていて清潔感があります。

各学校の定期対策を学校の試験日程に合わせてやって頂けたので内申がアップしましました。毎回英語の教科書の単語、内容チェック、数学の確認テストがあり、学校より先をやっていましたので「学校は復習」というスタイルができていました。また問題集等をこなしながら偏差値アップも図られています。予定がこなせていない場合は補習があります。勉強以外にも将来の夢、生き方の話があるようです。

駅から近く、明るいですし、コンビニもあります。電車で通う生徒は軽食をとることもできるようです。また交番も目の前ですし、セコムも完備されています。外から高等部の明かりが夜遅くまでともっていますので地元の方にの治安にも役立っているのではないでしょうか。

全部屋にスリッパがあります。高等部の自習室は40席、別室です。中学部の自習には補習を兼ねて講師がいるようです。補習は何をするために来なさいと言われていますので、目的をもって塾に行けたようです。授業は講義形式ではなく、双方向の対話式です。どんどんあてられるようですがわからない場合はしっかりと何度でも教えていただけるようです。できた生徒には別の内容が指示されているようで待っていなくてもいいように配慮がされています。高校生の教室にはびっしりと英語のイディオム等が張り出され音読をしているとのこと。ただし毎日のように通塾する生徒が多いので満席のクラスが多いようです。みんなで合格しようとする雰囲気が好きなお子さんには向いていますがみんなと関わりたくないという生徒には個別をおすすめします。

個別指導部では自習用のブースも用意されています。

決めたことを期日までやることを言われますので、のんびりとやりたい方には向かない場合もあるかと思います。集団と個別がありますので、個別のほうが向いている場合はアドバイスをいただき1対1、1対2の個別に移映れます。英語は集団、数学は個別といったハイブリット式の授業もあります。基礎からトコトンやってもらえますので、成績を上げたいという気持ちのある方には毎日のように面倒を見てくれます。その意識がない場合は生徒に面談をしてくれます。普通の子が早慶GMARCH、日東駒専等を目指して頑張るにはいい塾です。入学手続き等の締切日を踏まえた受験スケジュールを作ってくれます。大学の先生が特別講義をしてくれたり、OBの弁護士、医師等が講演をしてくれたりします。また保護者の座談会「茶話会」もあり無学年で交流もできます。コーチング等の社団の本部でもあり将来の自分の夢「未来地図」を作るセミナーもありました。

この記事のURL

熱血指導、良かったです。卒塾生

専任講師、アルバイトスタッフも志学出身者が多く、高等部は東大生がアシスタント、高等部個別も東大生が多いことが魅力だと思う。TOEFUL満点で8か国語話す鉄人の大学入試即答は魅力です。個別、補習も1教科だけでなく他教科に対応できることはなかなかできないのでは。法被を着た専任講師は塾長譲りの熱血型だけでなく、コーチングを生かして生徒の話をしっかりと聞いてくれる兄貴のような存在が話しやすく、頼もしい存在でした。


集団クラスは年間計画が作られ、途中入塾者は追い付くまで個別対応が行われます。特に英語は大学生での目標まで設定されています。なた、集団で合わなければ個別で対応して頂けるところがいいですね。個別クラスはコーチングによって自分で計画を立てられるように指導してくれます。各自の目標、自己ベストを目指すところがいい。「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」、とにかく試験前の全教科の無料補習は助かりました。

田端駅から歩いて3分。学校帰りによる高校生も多く、京浜東北線で埼玉に帰る生徒も多いようです。駐輪所も完備しているため地元の小学生、中学生も多い。明るい環境で目の前が交番。セコムも全部屋にあり安心。コンビニも目の前にあり軽食は塾で食べることが出来ます。

各クラスとも定員制。志学の集団授業の特色は双方向。一方的な講義形式ではありません。ドンドン当てられます。あてられるのが嫌な人は1対2の個別指導もあります。毎回ルーティングといって小学生は漢字検定、算数検定、速読、英語の読み、書き、教科書の暗記があります。中学生はこれに加えて教科書の単語等のチェックがあります。高等部は1,2年生は英文法、数学の授業に加えて学校の理科社会などの全教科を見る日も用意されています。理解力によって、科目によってクラスが変わります。クラスが変えられるので緊張感はあります。高等部3Fには完全自習室(40席)が完成。中学部も必ず1室は質問が出来る講師のいる自習室があることは強み。中学部の自習室がもう少し欲しいところ。

個別面談は頻繁に行ってくれますし、メール等の連絡も多いです。気になったことをメールで尋ねてもすぐに応えてくれます。また教育セミナー、OBのお母さまによる茶話会、進学ガイダンス等、毎月何かが行われています。塾長の友人には大学教授も多く、先日も明治大学の政経学部の高橋教授が来塾され講演をされました。塾出身者との付き合いも長くOBがよく来塾されます。出身者が顧問弁護士をされています。塾長が書いた「心の時代」「わが子が合格するために親ができること、してはいけないこと」は書店、アマゾンでも扱われています。補習を受けるのが当たり前という体制なので、曜日以外には塾に行きたくない子には難しいかもしれません。どうしても成績をあげたい子には向いていますがその気がないのなら楽なところへ行ったほうが良いかもしれません。

この記事のURL

お世話になりました。卒塾生・元講師

塾生としてアシスタント講師として志学ゼミでお世話になりました。
勉強がわからない、できないことは叱られませんが補習に来なかったり、サボったりしますとすると理由を聞いた上で真剣にしかられました。本気で叱られたことが今でも懐かしい思い出です。後になって思うのは先生の愛情なんだなあと思いました。

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」とにかく1度で、できなかったら2度、3度と手を変えて教えていただきました。わからないのは教え方に問題があるという視点は今も 昔も変わらない姿勢です。志学出身のアシスタント講師が各教室にいます。体験学習、新たに入られたみなさんに個別対応で集団授業に移行するまで見させていただいています。ここは個別対応、ここは集団授業と細かく指導できるのは大手には出来ないことなのではと思いました。

定期テスト対策は学校別に全て用意されます。学校の提出物、ノートをチェックしプリントを作るという地道な作業が裏方で行われていたんだなあと講師になって改めて思いました。

田端駅からも近い(歩いて3分)なので埼玉を始め電車で通われるみなさんも多かったです。高校生の場合ですと、学校の帰りによって勉強できることも大きかったですね。塾の目の前にコンビニもあり明るいので治安は安心です。セコムも完備されていますし、目の前には交番もあります。

 小学生、中学生は授業は楽しい集団授業が行われています。2人ないしは3人が1つのチームとなり、先生が一方的な講義形式で授業を教えるのではなく、当てて答えてもらい、その都度チームにポイントが入りゲーム感覚で授業を楽しんでいます。いま思い出しても楽しい授業で、あっという間に時間がすぎていたという感じでした。休み時間の罰ゲームも楽しい思い出です。

 高校生はどんどん塾生に質問をして答える形式ですので、参加型の授業形態が取られています。東大生がアシスタントですから、学校の授業内容について質問するときなど全教科型ですので大いに助かりました。新たに入られたみなさんにはやはり最初は個別対応をしていますで途中から入られても大丈夫です。自習室もありますが毎日同じ顔ぶれの講師の先生がいますので、曜日以外にも質問が出来ることも大きかったですね。

コーチングを取り入れた面談。塾長の教育セミナーが毎月のようにあります。各講師との距離が近いので直接、学習方法や悩みを相談できるのが強みです。またアシスタント講師も志学出身なので気軽に話しかけられたことがよかったですね。

この記事のURL

話を聞いてくれる先生方に感謝しています。元塾生保護者

進路に悩んでいた時、本人がコーチングを受け自分の目標がなんとなくからしっかりしたものになってきたようでした。

漠然と偏差値がいくつだからこの辺かなあと感じていましたが、コーチングで将来の夢、なりたい自分を描き、のちに写真付きで自分の将来像を地図にした時から目の色が変わってきました。やらされる勉強からやる勉強に変わるものだなあと思いました。

また塾内で度々行われた保護者セミナーで子どもとの接し方を学び、他のお母さまからも体験談等で学ばさせて頂いたことは大きかったと思います。面接も一時間以上も何度も行っていただきました。私にとっては話を聞いていただく場所でもありました。ありがとうございました。

この記事のURL

お世話になります。小学生の保護者より

楽しく、時には厳しく指導してくれます。
わからないところは、時間をオーバーしても教えてくれます。
とても面倒見のいい先生です。

子供のペースに合わせて指導してくれます。
難関校を目指してというより、子供が自分から進んで勉強するように指導してくれます。

都の駐輪場と契約をしていますので志学ゼミのシールを貼れば自転車は置けるようになっています。駐輪場は塾の目の前です。毎日とめても費用は塾負担ですので助かっています。向かいにコンビニがあるので夕飯を買って塾で食べる高校生もいるようです。

自習室はあるようですがうちの子は利用していないようです。
先生は授業をする教室にいつでもいるので、時間より早く行ってみてもらっています。

とても親身になってくれます。
先生と塾生がみんな家族のような結束があります。
頑張るととてもほめてくれるので、信じられないことでしたが勉強するのがたのしいそうです。

この記事のURL

第一志望の都立高校に合格できました。しかし高校で休んでしまい大学入試では苦戦しました。

 中3で通い授業時間外にも毎日のように補習(無料)を受けて繰り返し勉強しました。英熟語300をマスターし、英語長文読解が徐々にできるようになるのが分かりました。そうして第一志望の都立高校に入ることが出来ました。

 しかし、高校入学と共に休塾し、高3の部活終了と共に戻りました。高校の2年間のブランクは大きく、標準クラスには到底出られるレベルではありませんでした。

 高1から継続していた諸君との間には大きな差が付いていました。彼らはそのときすでにセンターレベルで7~8割は越していました。正直焦りました。浪人も覚悟しましたが、毎日塾に来ては授業外に質問をしたり、アドバイスをもらいながら進めました。日本史、古典等も不得意でしたので担当の先生と何度も話をしてました。

 しかし最終模試でもE判定でした。周りの友人、先生に励まされ、とにかく「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」行いました。進路指導でどこを受けるか、どこを滑り止めにしていくか。発表と支払いの締めまでの表を作って受験に臨みました。

センターで受かり癖を付けるという方針通り、センターでいくつか合格を頂き、一般入試に突入しました。
 
第一志望は無理でしたが現役合格は勝ち得ました。

もっと早くからやっていればと何度も思いました。後輩の皆さんは高校になって手を抜かないで頑張って通塾してください。高校は中学と違いだれも助けてくれません。自分がやる気にならないと仕方がないところです。何を優先するかを考えて行動することを受験を終了してみて感じたことです。

この記事のURL

全教科指導を行ってもらっています。受験生保護者

授業に対して前向きで何度も教えてくれているようです。
自習時間は、他の教科も聞ける親しさがあるようです。年齢も若いので兄貴分できで、親身になってくれているようです。

予習・復習のノルマがあり大変そうですが、やっただけの結果がでてきている様です。
結果がでなければクラス落ちがあるので、本人もテスト前は必死です。
塾生とも競争となる様です。

塾自体は駅の付近なので、電車が止まらないかぎり塾はやっています。
うちは自転車通塾なので、雨の日は大変そうですが、遅くなってもだいたい時間が読めます。

授業の教室と自習の教室があり、塾の日でなくても塾に行き、自習や宿題、課題等をやってもいいようです。
プリントも塾日でなくてもプリントが配られるようです。

中学三年生ということもあり、こまめにメールにて連絡をいただいたり、進路講習会等もあり、進路決断の予定等をアドバイスしてもらっています。

この記事のURL

親身になって相談に乗っていただけました。元塾生保護者

塾長先生が非常に熱い方で、ついつい「これはやらねば!」とひきこまれました。講師の先生方も志学ゼミの卒業生の方が多く、息子もとても懐いていました。

息子はあまり理解力のない方でしたが、出来るようになるまで徹底的に面倒を見てくれました。無料の補習授業もあり、最初はきつそうにしていましたが、やれば点数が上がるとわかり、そのうち自分から行くようになりました。

田端駅の近くで治安もよく、不安に思うこともありませんでした。

自習室完備で先生にもすぐに質問できるので、今でも授業のない日に行っているようです。宿題をさぼるときつく叱られていましたが、その他は非常に楽しそうです。

進路指導の際に非常にお世話になりました。無理に高い学校を勧めたりはせず、こちらの希望をよく聞いてからアドバイスをいただきました。受験が近くなってから志望校を変えたいと言った時も、嫌な顔一つなく親身に相談にのってくれました。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「わが子が合格するために親ができること、してはいけないこと」を読み終えて

「わが子が合格するために親ができること、してはいけないこ...

保護者S
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
皆さんの笑顔のために
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの中井川です☆6月に入りましたね!梅雨入りが近いですが、体調に気を付けて元...

[ 中井川講師 ]

悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ