コラム

 公開日: 2018-05-05 

英語の読解力を上げるには PART1


皆さん、がっばっていますか? 鉄人です。本日は「読解力」を実力アップするには?です。

志学ゼミでは、高校1年生から、毎月のセンター模試に参加してもらっています。もちろん、センター模試の主役は受験生で、1、2年生はセンターの出題形式への慣れと文法、語法の知識のチェックが中心です。

北区、荒川区の学習塾,志学ゼミの鉄人こと水谷です

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください

鉄人の1ポイント英語はこちら→https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/video

しかし、受験への意識の高い塾生は高1生でも、センター模試のスコアの上下に敏感で、高1で5割、高2で7割、受験直前には9割という私(鉄人)の立てたセンター模試の各学年目標をクリアしようとしています。

センター試験は知識問題3割、読解問題7割で構成されていますので、どうしても配点の高い読解問題のスコアアップを図りたいのは分かります。高校1、2年には金曜日に「教科書の日」を設け、リーダーの教科書訳を中心に指導しています。

塾生各自に定期テスト範囲となるリーダーの教科書本文を自力で和訳させ、一人一人を私(鉄人)が回って間違いを正し、より良い和訳を考えてもらっています。「単にキレイなノートを作るのではなく、分りやすい日本語による和訳を考えてもらう」がモットーです。センター模試の後のコーチングで、ある高1生と以下のようなやりとりがありました。

Dさん:先生、高1生はみんな読解力が高いですね。速読の時間にいつも驚くんですけど。

私:いや、そんなこともないよ。確かに高1レベルではよく読めているけど、単語や熟語の力もまだまだだし、「ひたすら英文法」も終わっていないからね。みんな、まだまだ「大体」の読解力しか持っていないのが現状だ。

Dさん:でも、私よりはよく読めていると思うんですが。

私:それは、君が中、高一貫で、受験勉強を特にしなかったから、読解問題慣れしていないだけだよ。速読は毎回の授業にあるわけだし、その内慣れてくる。

Dさん:読解力を上げるのに、何か効果的な方法はありませんか?

私:即席の実力アップ法は、特にないよ。しかし、君はまだ高1生になったばかりだし、真面目だから、1年間キッチリ学習して行けば、かなり読解力はつくだろう。まずは、教科書の本文を自力で和訳する習慣をつけることだね。

Dさん:和訳するだけで、良いのですか?

私:和訳した後、その内容を要約出来ればもっと良いね。教科書に出てきた新出単語や熟語は、必ず覚えること。金曜日に、学校の勉強の質問を受けているのはそのためなんだ。

Dさん:分かりました。でも、学校の教科書が読めたら、センター模試の読解問題も読めるようになりますか?

私:いや、教科書の学習だけでセンターレベルの読解力がつくのは、相当「国語力」のある人だよ。英語の出来る人には「語学的勘の鋭い人」、「国語力のある人」、「努力家」の3タイプがいるけど、普通の人は「努力家」なわけだから、練習問題もたくさんこなす必要がある。そのために、「センター攻略」を授業に取り入れているよね。

Dさん:教科書をキチッと訳して、センター攻略を続けていけば良いのですね。

私:その通り。ただ、「正確な」読解力には「英文法」のベースがどうしても必要だから、「ひたすら英文法」の復習も必ずして欲しい。君の和訳を見ていると、「大体」がまだ多すぎる気がするからね。「正確な和訳」が出来なければ、「正確な読解」にはつながらない。
Dさん:分かりました。

高校1年生は、まず「英文法」の基礎固めをし、その知識に基づいた正確な和訳が出来るようにすることが重要です。中学レベルでは「大体どういう意味だったか」で済んでいたのが「この文章は何が言いたいのか?」だけでなく、個々の文の正確な和訳が求められるのが、高校の英文読解です。

「英文法」を無視し、和訳の練習を怠っていると、受験生になった際に、英語の偏差値が 60 前後で止まってしまうことになります(私自身が、そうでした)。基礎から積み上げて行った学生に壁はありません。上述のコーチングの中で、「英語の出来る人には『語学的勘の鋭い人』、『国語力のある人』、『努力家』の3タイプがいる」と言いましたが、伸び切った時、一番強いのはやはり「努力家」です。それは、「英語の勉強の仕方」を身に付けるからだと私は思います。

「ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。

http://shigakuzemi.info/

田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時

この記事を書いたプロ

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室 [ホームページ]

塾講師 阿部泰志

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL:03-3894-0568

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

地元で30年、面倒見がいい塾です

友人の紹介で無料体験をして入塾をしました。 なんども繰り...

ミッキーさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(27

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

自分を信じろ 
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミ塾長の芳賀です。田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績U...

[ 芳賀講師 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ