コラム

 公開日: 2015-06-04  最終更新日: 2015-06-12

和文英訳の必要性 

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。


「英文和訳の必要性について」です。さあ本日も話しますよ。

高校1、2年生は通常月は毎週金曜日、学校の英語の予習、定期テスト対策を行っています。英文法(グラマー/ライティング)は月曜日、水曜日の文法授業で定期テスト対策はほぼ間に合うのですが、リーダー(読み物)は学校によって別々の教科書を扱っていますので、その教科書に沿った学習が必要だからです。

テスト直前にはオリジナルの英単語、熟語穴埋め問題や定期テスト用まとめ問題をやってもらいますが、日ごろは教科書の和訳や学校でもらったプリントについての質問が中心です。ややもすると、学校の英語の授業であてられた場合に備えて、ガイドブックに載っている和訳を丸写しする学生が多いのですが、私は「まず自分で和訳してからガイドブックでチェックしなさい。分からなければ質問しなさい」と授業で繰り返し言っています。

すると、ある時何人かが英文和訳の必要性を疑問視するような質問をしてきました。以下はそのやりとりの模様です。

Aくん: 英文和訳なんて必要ないと思うのですけど。読んでいて内容が理解できれば良いのですよね。僕は分かりますから。
私 : でも君が分かっているかどうか私には分からない。

Aくん: 口で言ったら分かるじゃないですか。書くのは面倒くさくって。
Sさん: そうよね。私の学校も和訳が宿題みたいになっていて、毎回の予習が大変なんですけど。
Iくん: そうですよ。外人だって英語で理解しているんですから、和訳なんて要らないんじゃないですか?

私 : 部活をしているSさんは特にそうだろうね。でも、英文和訳をノートに書くことは重要なことなんだよ。元々、日本の英語教育は英国、アメリカの文化を日本に広めるためのエリートを育てる教育の一環として始まったんだ。だから、英文和訳の能力を育成することが第一義とされてきたわけだ。その伝統が今でも日本の英語教育には残っていてね。君達が目指している大学入試の英語にもその伝統が受け継がれている。

Iくん: 大学入試問題って和訳ばかりなんですか?でもセンター試験はマーク方式ですよね。英語の文章を読んで大体の意味が分かったら、内容把握問題は何とかなりますよ。時々勘であたる場合もあるし。

私 : 確かに私立大学の入試問題も含め、ほとんどの大学入試問題はマーク方式だと言える。でも、Iくんが例として言った英文の内容把握問題にせよ、書き換え問題にせよ、英文和訳の力があればより正確な解答が導き出せるだろう。英語の総合力を高める上でやはり英文和訳は必要なんだ。

Aくん: でも英語には発音や文法の問題もありますよね。それらはみんなマーク式の選択なんでしょ。

私 : その通り。しかし、発音や文法問題に比べ、英文解釈の問題は一般的に配点が高い。だから、学校の英語は大学入試に直結しないとよく言うけれど、英文和訳の習慣をつけておくと、いざ高校3年生になった時でも長文を正確に読む能力が身についているわけだから、入試問題を見ても驚かないだけの自信も付く。
Iくん: でも高校生活は忙しいんですよ。和訳なんてしてる暇がないんです。だから、予習の段階で大体の意味をおさえて、授業で確認しています。友達なんかは教科書ガイドの和訳を丸写ししていますよ。

私 : 目先のことだけを考えていればその方が楽だろうね。ただ、頭を使わず作業だけに終わっていると、受験生になった時、和訳が全く出来ない自分に気付くことになるよ。
Sさん: 怖いですね。でも、和訳をノートに書くことって意味があるんですか?

私 : 大いにあるよ。自分の和訳を何回くらい読み直す?
Sさん: 1回くらいです。

私 : 自分の和訳は日本語として通じるかな?つまり、自分で作った和訳は日本語としてごく自然だろうか?

Sさん: 自然な場合とそうでない場合があります。
私 : できるだけ自然な日本語になるように頭を使おう。時には意訳も必要だよ。まずは自分が分かる和訳にしよう。余力があれば、人が読んでも分かる和訳にしよう。私でも友達でもいいから、出来た和訳を読んでもらうといいだろうね。

学校のリーダーの学習はきちんとやれば大学入試を始める前の基礎学力養成につながると思います。「私は学校の勉強だけでセンター試験で高得点をとった」という話を時々聞きますが、そういう学生は予習の段階で自分なりの英文和訳を用意し、復習の段階ではそれ推敲しているのです。

私は学生時代怠け者で予習、復習の習慣がありませんでしたが、受験期に英文和訳を徹底的にやりこんだ記憶があります。和訳をどんどん推敲して行って「模範解答よりも良い和訳を作ってやる」と燃えたものでした。その時の経験で培われた和訳技術が「英語即答の鉄人先生」と呼ばれる現在の私の英語力につながっていると自負しています。

高校1年生は受験まで時間がありますので、和訳の練習を繰り返し、英語力については「第二の鉄人」を目指して欲しいと思っています。

鉄人
http://shigakuzemi.info/
https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/videos

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。資料請求はお気軽に。(出版部より)

http://shigaku.biz/

この記事を書いたプロ

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室 [ホームページ]

塾講師 阿部泰志

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL:03-3894-0568

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

地元で30年、面倒見がいい塾です

友人の紹介で無料体験をして入塾をしました。 なんども繰り...

ミッキーさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
皆さんの笑顔のために
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの中井川です☆6月に入りましたね!梅雨入りが近いですが、体調に気を付けて元...

[ 中井川講師 ]

悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ