コラム

 公開日: 2015-05-23  最終更新日: 2015-06-13

英文法の習熟度で行ける大学が決まる 


北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

英文法の習熟度で、行ける大学が決まる??

重ね重ね「英文法」の重要性を強調する鉄人ですが、今月は英文法の必要度による大学のランキングについて話したいと思います。

「英文法」は重要ですが、全ての大学が「完璧な英文法力」を求めているわけではありません。例えば、早稲田大学文学部に合格したTさんも英文法力はそれほどありませんでしたし、何年か前に早稲田大学文学部に合格したWさんも、高3になって初めて「英文法力」強化に力を入れたのを覚えています。毎年上智大学に合格する学生は帰国子女が多いのが有名ですが、帰国子女は英会話は出来ても、英文法力はそれほどないのが普通です。

こういう話をすると、「『英文法』がそれほど出来なくても早慶レベルまで行けるのなら、『英文法』を強化する意味ってなんだろう?」と思われるかもしれません。

確かに、英語はコミュニケーションの道具であり、書かれていることが理解でき、言いたいことが表現できれば、英文法の知識が少なくても用はたせます。しかし、ここに落とし穴があります。「英文法」の代わりに「コミュニケーション力」を磨くことは非常に難しいのです。

「コミュニケーション力」は日本語に置き換えれば「国語力」ですが、志学ゼミに限らず最近のほとんどの高校生の諸君は「国語力」が低いのが現状です。敬語が使えず、文字離れが顕著な高校生に「国語力」を求めるのは酷だと思います。そこで、やはり「英文法力」が重要なのですが、この「英文法力」の必要度は大学によって異なります。

まず国公立大学は、ほとんどの大学で和訳、英作文などの出題がありますので、やはり「英文法重視型」と言えます。今年国立大学に合格したT君もI君もかなりの英文法力を有していました。英文法力抜きにして国公立大学を目指すのは無謀だと言っても過言ではありません。

次に日東駒専はどれも偏差値的には同じくらいですが、実は、日大以外はそれほど英文法力を必要としません。例文をいくつか覚えていて、英文のパターンが頭に入っている学生なら、英文法に詳しくなくても合格可能です。

専修大に合格したSさんや駒沢大に合格したIさんは、中学レベルプラスくらいの英文法力しかありませんでしたが(2人とも3年生時に入塾)、例文暗記と長文読解演習で合格できました。

その上のレベルで英文法重視型でないのは、成城大学、明治学院大学です。成蹊大学はやや英文法重視型です。前述のIさんは成城大学も合格しましたが、これは実力勝ちというよりは英文法を重視しない大学を選んだ作戦勝ちと言った方が良いでしょう。

Gマーチにも同じように、「英文法重視型」とそうでない大学があります。学習院、明治、立教は英文法力をそれ程求めません。それに対して、青山学院大学は英作文がありますし、中央大学は堅苦しい長文の下線部約等がありますので、文法力を要します。

ですから、鉄人は高2、高3から入塾し、英文法力に自身のない学生には法政大学、立教大学、明治大学を勧めます。

高1から通塾していましたが、部活や学校行事で欠席、遅刻の多かったMさんには明治大学勧め、高2で入塾し、分析力に乏しかったTさんには法政大学、明治大学を勧めました。

それに対し、英文法をガリガリに固めたS君は中央大学法学部に合格しましたし、暗記が得意だったUさんは中央大学文学部に合格しました。

理科系のマーチと言われる東京理科大学は理科系だけあって、分析力を求めるせいか、やや「英文法重視型」と言えます。最後に早慶上智ですが、これら3大学は実は英文法重視型ではありません。むしろ、コミュニケーション力を重視します。国語の成績が良い人でないと、合格は難しいでしょう。3大学の中でやや文法重視なのは、慶応大学です。

そこで、「英文法力」レベル別の大学合格可能性が明らかになります。高1から英文法を始め、キッチリと知識を蓄えた学生は、私立では日大、中央大、慶応大の系列を受けると良いでしょう。

5教科7科目に対応出来れば、国公立大も目指せます。それに対し、高2、高3から入塾し、英文法に自信のない学生は、東洋大、駒沢大、専修大あるいは成城大、明治学院大に目標を絞るのが無難でしょう。

http://shigakuzemi.info/

鉄人の1ポイント英語講座をYOUTUBUにて配信中

人気blogランキングへ←あなたの心に何かが残ったら、一日ワンクリックお願いします。励みにしています。

ひたすら英文法」をご利用いただきありがとうございます。皆様からのご意見は非常に参考になります。

英語の基礎は英文法にあります。「ひたすら英文法」(志学ゼミ出版部)は現場の声から生まれた大学入試の英文法解説書です。洛南高校をはじめ多くの学校、塾でも採用されています。

今回、「ひたすら英文法」の例文書き換え集として「ひたすら書き換えA.B」が出来上がりました。志学出版直販です。資料請求はお気軽に。(出版部より)

今回B5サイズ、2色刷り、基本例文暗記CD付きにて好評発売中。

DVD22巻購入者にはひたすら英文法基本例文暗記CD・プリントを無料配布中。


http://shigaku.biz/

この記事を書いたプロ

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室 [ホームページ]

塾講師 阿部泰志

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL:03-3894-0568

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

前向きな気分になりました

「やる気がないわけではないでしょうが勉強をしないんですね...

保護者K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(11

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
皆さんの笑顔のために
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの中井川です☆6月に入りましたね!梅雨入りが近いですが、体調に気を付けて元...

[ 中井川講師 ]

悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ