コラム

 公開日: 2015-05-10  最終更新日: 2015-06-12

火について 


北区、荒川の学習塾、志学ゼミの飯倉です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

今日は「火」について書いていこうと思います。

そもそも人間は大昔に「火」を使うようになったと社会の教科書にも書いてあります。
道具を使う動物は他にいても、火を使うのは人間くらいなものです。
今でこそ火は当たり前のように使っていますが、最初に使い始めた頃はどうだったのでしょう?
それまでは火のない生活をしてきていたはずです。
火がなくて当たり前、火がないから困ったなんていう思いもなかったのです。
そんな頃に、新たに火を使い始めたのです。
それまで火のない直接的な行動を取っていた人間が、生活の間に火を使うという一段階間接的な行動や思考をするようになっていったのです。
人間の行動や思考がより間接的になるというのは、人類の歴史においても大きな一歩だったはずです。
また、今までにない火という特殊なものを扱える人間は部族の中でも特別な存在になっていたのかもしれません。
人類は火という新たなエネルギーを手にして、今まで出来なかったことが出来るようになり、それ以前よりも発達しました。

初期の火をおこす材料は木でした。
その後、より強い火のエネルギーを求めて人間は木炭を使うようになります。
木炭は木を燃やすよりも高い温度が出て、それまで温度が低くてできなかったことができるようになります。
金属を溶かすことにより青銅器などが作れるようになったのです。
それまでの金属のない生活から金属を利用した生活に変化していきました。
新たな木炭というエネルギー源のおかげで人類はさらに発展しました。
その次に使われるようになったのが石炭です。
人類は石炭を利用する蒸気機関を作りました。
また新たなエネルギー源のおかげで、人類はさらなる発展を遂げました。
そして、その次に使われるようになったのが石油です。
石油を利用する内燃機関を作りだし、人類は空も飛べるようになりました。
また火力発電を利用し電気を生み出すようになりました。
電気が安定して供給できるようになり、電気製品が増え、人間の生活環境が一気に変わりました。

現在、生活するうえで電気はなくてはならないものです。
そして、日本は今でも電力の約半分を火力発電に頼っています。
石油というエネルギー源が毎日の生活を支えているのです。
何をするにも石油が係わってきます。
例えば今着ている服。
化学繊維で作られていなくても、手織りでなければ作る際に機械が織っています。
機械を動かすには電気が必要で、電気を作るには石油が必要です。
また、作ったところから運ぶ際にも石油が使われています。
運ぶ際に電気自動車を使ったとしても、その電気自動車を走らせる電気にはやはり石油が使われているはずです。
そう考えていくとキリがありません。

今、人類には石油の使いすぎで大きな問題が降りかかってきています。
一つは石油の燃焼による大気汚染です。
日本は京都議定書を作成し、世界に呼び掛けました。
空はつながっています。
日本だけがきれいにしようとしてもしかたがないのです。
世界規模で大気汚染を考えていこうということです。
もう一つの問題は石油自体の枯渇です。
石油が減れば値段が上がり生活の様々な部分に影響が出始めます。
限りある資源なので終わりはあります。
日本は過去にオイルショックを経験し、石油以外のエネルギー源が必要だと考え始めました。
まだリスクは残りますが原子力発電や、クリーンなエネルギー源の水力発電、風力発電、太陽光発電です。
日本は豊かになりエネルギーの消費量が増えました。
その増えたエネルギー消費を石油以外のエネルギー源ではまだまかなえません。
石油のない生活、それは大人でも暗い生活を想像してしまいます。
ましてや自分の子供にそんな生活を送ってほしいとは思わないでしょう。

明るい未来を残したい。
そう願うのは当然のことで、そうしようと新たなエネルギー源を研究する動きが、日本だけでなく世界中のあちこちで起こりました。
高効率な太陽電池や、水から電気を作る方法です。
そして、その研究結果が実用化に向けて少しずつ動き出しているのでした。
人類は「火」のエネルギーを利用して大きく発展してきました。
そして今、その次のエネルギーに変わろうとしています。

「明るい未来」はそう遠くなさそうです。
志学ゼミホームページはこちら
http://shigakuzemi.info/
田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)
北区 荒川区の学習塾 志学ゼミ鉄人からのメッセージ
鉄人の1ポイント英語講座YouTubuはこちら
https://www.youtube.com/channel/UC4XXZj1ELoWO7sO7tRflZNg/videos
http://shigakuzemi.info/

この記事を書いたプロ

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室 [ホームページ]

塾講師 阿部泰志

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL:03-3894-0568

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

保護者の会に参加してみました

先日の土曜日に月一恒例の茶話会が開かれます。 いつも子育...

Y・Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(37

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
皆さんの笑顔のために
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの中井川です☆6月に入りましたね!梅雨入りが近いですが、体調に気を付けて元...

[ 中井川講師 ]

悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ