コラム

 公開日: 2015-04-03  最終更新日: 2015-06-15

英文法読解へ

鉄人
北区、荒川の学習塾、志学ゼミの鉄人です。

田端で30年の実績を持つ学習塾 
志学ゼミの合格実績成績UP実績はこちらをご覧ください。

本講習での高2生の狙いは、高1生の間に培った「英文法」を英文の「読解」に使えるようにすることでした。

高2生の講習中の授業で重点を置いたのは、「リードB」という英文法の演習用問題集です。この問題集は全22章で構成され、各章が基本的な知識を復習するStep1と大学入試レベルの問題を集めたStep2から成り立っています

。高1で培った英文法の知識の総ざらいとそれを実践に応用するための英文和訳を載せた、非常に有意義な問題集です。

新高2生諸君は「ひたすら英文法」を2回繰り返し、英頻(緑)(センターレベルの英文法問題集)を何回転かさせたはずですが、忘れたり、すぐに使えなかったり、応用出来なかったりするだろうと予想はしていました。

進めてみると、やはり思った通り、初回の出来はStep1で、50%程度、Step2では30%程度とひどいものでした。

Step1について「どうして、そんなに忘れているんだ?」と聞くと、「いやぁ、解答を聞くと、確かに学習したという記憶はあるんですが、すぐに使えるまでにはなっていません。」という返事、

Step2については「どうして、『分かりません』ばかりなんだい?」と聞くと、「だって、『一橋大学』とか『東京大学』とかの出題校を見れば、ビビリますよ。」と言う始末。

そこで、「ビビル必要は、ない。ダメもとで、無茶苦茶でもいいから、自分なりの和訳を書きなさい。」と指示すると、本当に意味不明な和訳を用意してきました。以下が、そのやりとりです。

鉄人:The test of intelligence is... の和訳は、どうなる?
K君:intelligence って「知性」で良いんですか?

鉄人:そうだよ。
K君:知性のテストは、...

鉄人:はぁ?知性のテストだって?何だ、そりゃ?
K君:そんなこと言われてもぉ。そう書いてあるんですもん。

鉄人:直訳しすぎだよ。もっと、頭を柔らかくして、意訳しろよ。
K君:えー?じゃあ、分かりません。僕、頭が固いですから。

鉄人:本当にマイナス発言の多い奴だな。じゃあ、... の部分は?
K君:「物事のやり方をどれだけ知っているかではなく、未知の状況に置かれた時、何をするか」ですよね?

鉄人:おお、その通りだとも。結構、和訳能力あるじゃないか。じゃあ、なぜ the test of intelligence is の部分は、分からないんだ?
K君:だって、後ろの部分は辞書を引いて単語の意味が分かれば、何とか訳せるんですよ。でも、the test of intelligence って、「知能テスト」とか、「IQのテスト」の類ですか?

鉄人:そんなワケないだろ。前文を読んでみろよ。「人間は動物と違って、知性がある」とか書いてあるんだぜ。じゃあ、ネズミや鳥やおサルさんにもIQテストを受けさせるってのかい?
M君:大体言ってることは、分かるんですよ。「知性があるかどうかをテストするには、~を知れば良い」とか言いたいんですよね。

鉄人:そうそう。その通り。それで、内容は理解出来るよな。でも、人に伝えるにはもっと分かりやすく伝えた方が良いと思うんだが。
M君:内容が分かれば、それでいいんじゃないですか?
鉄人:いや、自分だけ分かってそれでOKなのは、私立大学までだ。選択肢から選べば、良いんだからね。しかし、M君。君は国立大学志望だから、2次試験、つまり、記述試験が課される。記述をクリアするには、採点官にも分かりやすく書かなければならないぜ。
M君:うーむ。

鉄人:いいか、ここは「物事のやり方をどれだけ知っているかではなく、未知の状況に置かれた時の行動パターンで、知性の程度は決まる」と訳せば、良いのさ。つまり、「丸暗記がいくら出来ても、それが使えなければ、豚に真珠」ってとこかな。君たちも「宿題が難しい」とかブーブー言ってないで、早く豚さんから人間になってくれよ。

高2に必要なのは、培った英文法の知識を使えるようにするために考えることです。そのため、「リードB」のStep2の最後の問題には必ず、英文和訳の問題が用意されています。

受験生の選抜クラスの授業では、この英文和訳の難関問題を集めた原仙作著の「英文標準問題精講」のブラッシュアップ問題を利用していますが、これもその考える力を養うためです。

国立大学を目指す諸君は二次試験が記述形式であるためもちろんのことですが、Gマーチ以上レベルの大学では私立大学であろうと、考える力が不可欠です。

偏差値50レベル(日東駒専レベル)と60以上レベルの大学の差はこの考える力の必要性の度合いといっても、過言ではないでしょう。

また、考える力を伸ばすのに最も適切な時期こそ高2だと言えると思います。ぼんやりとであるが自分の位置が見えてきた今、高2こそ自分の将来についてだけでなく、英文読解においても考える力を伸ばしてもらいたいものです。

志学ゼミ
鉄人
田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミ
小学生クラス中学生クラス高校生クラスのご紹介
教室長からのメッセージはこちらからご覧ください。
無料体験の受付はこちらから。
保護者の皆様からの声もご紹介しています。

志学ゼミ
教室長:阿部泰志
東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F
電話:03-3894-0568(代表)
HP:http://shigakuzemi.info/index.html
お気軽にお問合せ下さい(受付時間帯:10時~23時)

この記事を書いたプロ

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室 [ホームページ]

塾講師 阿部泰志

東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL:03-3894-0568

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
受講生の声

中学の頃からお世話になっている志学ゼミ。高校受験では合格するだろうと考えていた都立高校が、結果は不合格。行きたかった都立高校しか真剣に見ていなかった私は、違...

志学ゼミの特色・教室案内

地元で愛されて30年。今や親子2代で通っていただいております。普通の子が頑張れば夢かなうことを多くの出身者が教えてくれています。志学ゼミには顧問弁護士...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
阿部泰志先生プロフィール画像

「くりかえし」「できるまで」「わかるまで」。コーチングを生かしてやる気を育てる徹底指導。(1/3)

 「当ゼミは、大学入試が前提の小学生から高校生までのクラスがあります。入塾時は“将来の夢、目標、やってみたいこと”からお話をお聴きします。自分の中の将来像を踏まえたうえで“なんで勉強するのか?”ということに気付いていただきます」と暖かい笑顔...

阿部泰志プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

「自立した人間像」を目指し、自ら勉強する意志を育てる塾長

会社名 : 有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室
住所 : 東京都北区東田端1丁目12-3 稲垣ビル2F~4F(事務所4F) [地図]
TEL : 03-3894-0568

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3894-0568

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

阿部泰志(あべやすし)

有限会社ベアーズ 志学ゼミ田端進学教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

地元で30年、面倒見がいい塾です

友人の紹介で無料体験をして入塾をしました。 なんども繰り...

ミッキーさん
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(21

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
皆さんの笑顔のために
イメージ

北区、荒川の学習塾、志学ゼミの中井川です☆6月に入りましたね!梅雨入りが近いですが、体調に気を付けて元...

[ 中井川講師 ]

悔しいと思うこと
イメージ

北区、荒川区の学習塾の芳賀です田端で30年の実績を持つ学習塾 志学ゼミの合格実績、成績UP実績はこちら...

[ 芳賀講師 ]

ノルマの数学を作ってみて
イメージ

今年の夏、高3生の数学の絶対量が少ないことに気付いてチャートレベルのプリントを白、黄色、青と数1、A、2、...

[ 塾長ブログ ]

掃除をする意味
イメージ

受験生が掃除をする光景が今年は見られませんでした。先輩の姿を見ていないのか、余裕がないのか全くやろうとし...

[ 塾長ブログ ]

夏休みに親がしておくこと
イメージ

夏休み、大人にとって通常の仕事が続きますが夏休みを取らたかたもいらっしゃるかとかと思います。 夏休みに...

[ 塾長ブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ