コラム

 公開日: 2016-08-19 

筋肉痛はなぜ起こる?

運動をされている方には馴染み深いと思いますが、運動後に数時間から数日たって痛みが出てきます。
安静にしていれば特に痛むことはありませんが、何かしら筋肉を動かそうとすると痛みが走ります。
筋肉痛はなぜ起るのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、筋肉痛は筋肉が部分的に破壊されることによって起きます。
筋肉の許容量を超えた負荷がかかった場合に起り、急激な運動をしたり過度な筋トレが原因になります。
以前指圧のコラムを書かせていただいた時にも説明させていただきましたが、無資格者の施術を受けて出る「もみかえし」も筋肉痛の一種です。
指でぐりぐりやられて筋肉が傷ついてしまった状態です。
だから重だるく感じたり、からだ熱がを持ったように感じます。

筋肉痛にしても、もみ返しにしても筋肉が傷ついてしまっているわけですから、筋繊維は傷を修復しようとします。
だいたい2日ほどかけて筋肉は再生していきます。
このとき、筋肉の超回復という現象が起きます。
筋肉痛になった箇所の筋繊維は、以前の状態よりも強く結びつこうとします。
結果、筋肉は以前よりも強い筋力を発揮できる状態に変化します。
これを利用して筋力を上げようとするのが、筋トレの意図です。

筋肉痛になるということは、以前よりも力が出せる状態になるという保証のようなものです。
ただし、上にも書いたとおり筋肉が回復するには二日程度の時間がかかりますので、闇雲の過度のトレーニングをすることはお勧めできません。
ある程度筋肉に負荷を掛ける運動をしたら、体が回復するまでは柔軟体操をしたり、負荷の軽い運動をするなどして筋肉に酸素と血液を補充してあげることが大切です。

筋繊維の結びつきが強くなるということは、それだけ柔軟性が低下するということですのでバランスをみて上手に運動してあげることが大切です。
そうすれば強くて柔軟性のある、しなやかな身体に変えていくことができるでしょう。

この記事を書いたプロ

指圧虎臣 [ホームページ]

あん摩マッサージ指圧師 松本卓也

東京都千代田区猿楽町2丁目5-8 葵ビル 1F [地図]
TEL:03-3294-4560

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
松本卓也 まつもとたくや

日本発祥の指圧。全身のバランスを整え真の健康に導く(1/3)

さまざまな手技療法があるなかで「指圧」をご存知でしょうか。指圧は東洋医学の理論を軸に、日本で生まれた医療です。千代田区にある「指圧虎臣(こしん)」では、さまざまな症状でお悩みの人全てに全身指圧を提供しています。また、指圧師の安定した施術と患...

松本卓也プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

全身指圧で全身のバランスを整え身体の問題を根本から解決に導く

会社名 : 指圧虎臣
住所 : 東京都千代田区猿楽町2丁目5-8 葵ビル 1F [地図]
TEL : 03-3294-4560

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-3294-4560

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本卓也(まつもとたくや)

指圧虎臣

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
全身指圧へのこだわり・2

病気や怪我というものには全て原因があります。骨格のゆがみであったり、筋肉のコリであったり何らかの原因があ...

[ 指圧のお話 ]

全身指圧へのこだわり・1

指圧虎臣では、基本的に全身を指圧させて頂いております。腰が痛い方も、首が痛い方も、何となく体調が優れない...

[ 指圧のお話 ]

”刺激”が引き起こす身体の力み

以前のコラムで強く押されると身体が壊れてしまうというお話をさせて頂きました。本当の指圧は痛みを伴うことは...

[ 身体のお話 ]

「技術」を考える

指圧にしても武術にしても、そこには「技術」というものが存在します。指圧をするのも「技術」ですし、武術を使...

[ 身体のお話 ]

護身術 自分の身を護るという事

武術をやっていると、たまに護身術を教えて欲しいと言われることがあります。何を教えて欲しいのか聞いてみると...

[ 身体のお話 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ