コラム

 公開日: 2017-03-08 

企業内で実施するキャリアコンサルティング

一昨年、従業員が自らの働き方、キャリアを考える事を
人材育成の一環として、企業が取り組めるよう
導入企業に対しての助成金がスタートしました。

現在は「セルフキャリアドック制度」という名称で
引き続き企業は助成が受けられます。

また今年から、教育訓練給付金対象のコースを受講する際に
キャリアコンサルティングを受けた場合、その費用も
給付金の対象とすることができるようにもなりました。

なぜ、そんなに「キャリアコンサルティング」?
何に役立つの?
って思われる方も多いかも知れません。

また、企業も大変使いやすい助成金にも拘らず
導入に二の足を踏まれるケースが多いと伺います。

なぜでしょうか?

そもそも、キャリアコンサルティング
をどう使いたいか、どう使うか

が分からない人が多いからだと思います。

これは、私達キャリアコンサルタントと称する者たちの
発信不足もあるのかなぁって思います。


企業内キャリアコンサルティング


今回は、「企業内」でのキャリアコンサルティングについて
書かせて頂きます。

ShareThatとしての実績ですが
企業内で導入する場合のケースとして

■従業員への福利厚生として
 会社には「相談窓口」がある。というサービスにされています。
 悩みを抱える社員に対して、第三者的立場のコンサルタントが
 悩みや課題を聴き、ガス抜き、冷静な判断ができるようになっていただく
 
 定期的な所感報告をする為、従業員の状況や課題、問題点なども
 大きくなる前の、アラートとしても利用されています。


■意識調査
 前述と重なりますが、現状の従業員の状態を図ります。
 人材育成課題や企業内の滞り、採用課題等の材料として利用されています。

■人材育成として
A)キャリア形成
 働く意識を自己確認し、自分の強み・弱み、働く意味を認識し、
 将来を観て現在の仕事を再確認し、自立的な働き方の促進。
B)働く意識形成
 なぜ働くのか?自分の働きは何の為、何の誰の役に立っているのか?立ちたいのか。
 そもそもの働く意識を持つという事からスタート。

従業員ひとりひとりの働く価値観は企業の価値観を創ります。
インナーブランディングと呼ばれたりしますが、企業のブランドは商材で作られるより
「人」で創られると考え、ひとりひとりの「働く価値観」の育成は企業価値を高めます。

■定着支援
 現在の自分の仕事に「遣り甲斐」「楽しさ」を持つ
 与えられている職務の中に、何を見つけ、何を観て、
 その仕事を自分なりの仕事として理解し、従事できるか
 自分は何が得意で、何が好きで、何が苦手で、何が嫌いで
 自分をどう理解し活かせるかを考え、知る事で現状の仕事への
 遣り甲斐に気が付いて頂く。

今、これが分からない人が転職しても、同じことの繰り返し
結果として給与は下がり、環境や条件も悪くなってしまうケースが
本当に多いのです。


代表的な利用例を書かせて頂きました。

企業の方が最も心配されるのは
キャリアコンサルティングなんてやったら、転職を勧められるんじゃないの?

いえいえ
そんな事はありません。
キャリアコンサルタントも色々な方が居ますので、そんな事をされる方も
絶対にいないとは言えませんが、本来はそんなことはすべきではありません。

勿論、本人が転職の意思があり、自己と向き合った結果、転職を決められる
というケースは無いとは言えません。

ですが、私がこれまで1000人以上、企業内で実施したケースの中で
恐らく数名です。

キャリアコンサルティングの目的を決める


そもそも、企業内のキャリアコンサルティングは企業が主催です。
担当するコンサルタントもここを忘れてはいけない。
そして、ここを軽視しては結果として、従業員の人にとっても
ハッピーなコンサルティングにはならないのです。

企業の現状、企業側の従業員への意向
場合によっては、上司の意向

これらをしっかりとヒアリングします。
それらを頭に入れた上で、キャリアコンサルタントは、従業員の方と
実施すべきです。

繰り返しますが、企業内のキャリアコンサルティングの主催は企業です。

だから、この企業側のスタンスを認識していないというのは
非常にもったいない利用の仕方なんです。

コンサルタントが認識した上で従業員と対峙する事で
冷静に、そしてより、従業員ひとりひとりに寄り添い、彼らを理解することができます、

このスタートを間違わず、適切なスキルを持ったコンサルタントで実施をすれば
前述のような、企業が心配されるような事態には安易になる事はありません。
そして、とても効果的な人材育成として活用して頂けるのです。

助成金を推進されている社労士の方々やコンサルタントの方々
そして助成金の活用を検討されている企業人事の方々には
是非、知って頂きたいです。

助成金の要件を満たせば良いのではなく
本来の制度導入の活用がなされて、初めて助成金の価値となるのではないでしょうか。

正しく、価値ある助成金活用をして頂けるように、ShareThatとしても推進してまいります。

この記事を書いたプロ

ShareThat [ホームページ]

キャリアコンサルタント 小関陽子

東京都品川区西五反田8-7-9 ストークMIZUQビル2F [地図]
TEL:03-6417-0525

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ShareThatの小関陽子さん

個人の「働く価値観」を高め、組織の成長を促しましょう!(1/3)

 「時代は、個人が輝くことを求めています。一人ひとりが『自分を喜ばせる仕事』を見つけましょう!企業は個人の集団です。個人が輝けばもちろん企業も輝きます」と笑顔を見せるのは、ShareThat代表でキャリアコンサルタントの小関陽子さん。親近感...

小関陽子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

従業員に自分を喜ばせる仕事に気付かせ、組織の成長につなげる!

事務所名 : ShareThat
住所 : 東京都品川区西五反田8-7-9 ストークMIZUQビル2F [地図]
TEL : 03-6417-0525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-6417-0525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小関陽子(こせきようこ)

ShareThat

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
従業員のキャリア形成と経営者の戸惑い

前回、「セルフキャリアドック制度」というキャリアコンサルティングを従業員に実施する事でキャリア形成促進助...

[ 人材育成 ]

【キャリアカウンセリング】 を受ける

先月ぐらいから、スカイプでのキャリアコンサルティングを始めていますセミナーページからご確認ください...

[ キャリアコンサルティング ]

自己受容 って何?  ~キャリアコンサルティング~

最近、風邪でもないのですが・・・・くしゃみと鼻水に悩まされています(´;ω;`)アレルギーかなぁ~(>_<)今...

[ セルフカウンセリング ]

キャリアコンサルティングを受けてみたい! と思ったら

きゃぁ~一気にアッツくなりましたねぇ(^^;)沖縄は梅雨明けのようですが東京はまだもう少しですかね(・ω・)...

[ キャリアコンサルティング ]

キャリアコンサルティングを受ける ③

今日も東京はどんよりなお天気(*_*;意外と涼しいので、過ごしやすいかな(^-^;キャリアコンサルティングを受...

[ キャリアカウンセリング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ