コラム

 公開日: 2016-05-12  最終更新日: 2016-05-23

会田玲二「立地調査」を読む(第8章 ドミナント・エリア作戦の徹底)

今日は、立地探しのバイブル「立地調査」(会田玲二)、この第8章を読んでいきます。

立地調査(会田玲二)Amazonで「立地調査」を見る

第8章-ドミナント・エリア作戦の徹底


第8章は 「ドミナント・エリア作戦の徹底」 です。

「ドミナント」とは、「支配的な」「優勢な」「優位に立つ」という意味を持つ言葉です。 小売業がチェーン展開をする場合に、地域を特定し、その特定地域内に集中した店舗展開を行うことで経営効率を高める一方で、地域内でのシェアを拡大し、他小売業の優位に立つことを狙う戦略をドミナント戦略といいます。

すきまなく展開=インクブロット戦略


ドミナント戦略の中でも、特定地域の中で隙間なく店舗を展開していくことを「インクブロット戦略」といいますが、現在の都内のコンビニエンス・ストアは、まさにインクブロットで展開されていますね。かつて1万人の商圏で展開していたコンビニエンスストアも、最近は5000人規模の商圏(=より狭い商圏)で出店を行っています。

他の業種・業態でも、従来2万人の商圏を「1.5万人にできないか、1万人にできないか」と考えていくことが重要です。

分割商圏と相乗商圏


分割商圏はある店の出店によって他の店の客数が食われてしまう商圏特性。適度な距離を置くことで自社の客数を確保することができます。同業種同士の出店は、一般に分割商圏になります。

一方相乗商圏は、ある店の出店によって他の店が相乗的に客数・売上が伸びる、という特性。郊外の国道沿いにイオンができ、その周辺にレストランができ、家電量販店ができ、tsutayaができ、気づけば一帯が店だらけになっていることがありますが、異業種同士の場合には、相乗商圏の効果を出すことができます。

その商圏の特性を見て、分割商圏・相乗商圏、それぞれに合った店を出店しましょう。

この章チェックリスト(第8章P187)


(1)ドミナント・エリアを作らずに自社の店を飛び飛びに出店配置したままでいれば、やがて必ず敗退する

(2)ドミナント・エリア作りに徹するには、自社の店間の隙間をくまなく埋めるインクブロット戦略を採ることが望ましい

(3)イングブロットとはインクを垂らした時に隙間なく染みわたることであり、商勢圏内を隙間なしに埋めれば、競争相手の入り込む余地もなくなる

(4)ドミナント・エリア作りのためのインクブロット戦略を進めるには、拠点店(旗艦店)と標準店と、小商圏店を組み合わせて出店する例が多い

(5)インクブロット戦略の際の小商圏店は、拠点店や標準店が面展開したあとでも、その間の隙間立地に出店できるフォーマットである

(6)相乗商圏とは、そこに複数の店が集まることによって商圏を拡大し、拡大された商圏の購買力をお互いに取り合う商圏だ。

(7)分割商圏とは、ある業態類型の商圏の大きさに区分された商圏で、次の店が出てくる余地がほとんどない商圏だ

(8)ホームデポは田舎の人口数万人の町にクロスロード店を出店して、20万人以上の商圏人口を狙ったが、思惑がはずれて失敗した。

(9)昔50~70坪のペイント&ハードウェアを実験したシアーズは、適正規模の考え方を間違えたのである。

(10)分割商圏の場合は特に、その商圏での独占的な立場にたつための適正規模が決め手になる


--------------------------------
●関連するバックナンバー
立地探しのバイブル、会田玲二「立地調査」を読む(序章)
第1章 調査計画立案の基本原則
第2章 立地選定のための資料調査
第3章 サンプリングと集計分析の急所
第4章 出店戦略のための商勢圏分析
第5章 商圏設定と商圏調査の技術
第6章 車時代の立地調査の急所
第7章 売上推定の方法
第8章 ドミナント・エリア作戦の徹底
第9章 店舗改善のための自店調査
第10章 客数と売上げを左右する駐車場
--------------------------------

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
”経営を変える、人生が変わる” 経営変革をサポートする専門家
中小企業診断士 本 由美子 
◆ 最新情報はFacebookでどうぞ ◆ 公式WEBサイト

この記事を書いたプロ

株式会社Sente [ホームページ]

中小企業診断士 本由美子

東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL:0422-31-8003

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー等のご依頼
20160405がんばるやめれば経営はうまくいく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・セミナー・ワークショップ・講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・経営戦略、マー...

経営相談について

 ◎顧問・社外取締役 ◎有料相談 ◎補助金・助成金申請支援  ◎http://mbp-tokyo.com/sente/service1/無料相談

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
本由美子 もとゆみこ

創業・新規事業を勝てる戦略・実践的手法で成長へ導く(1/3)

 「ビジネスにおいて、『なんとかなるだろう』という楽観的な結論は正しいです。基本的に、なんとかなるだろう、しかないのですね。ですが、将来を見とおせず道筋が見えないままでは、経営は危険です」。小柄で可憐な見た目とは正反対の、内側からみなぎる熱...

本由美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ロジカルな分析力・リサーチ力・勝てる戦略・CF・数字に強い

会社名 : 株式会社Sente
住所 : 東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL : 0422-31-8003

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-31-8003

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本由美子(もとゆみこ)

株式会社Sente

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

うちでもセミナーしてほしいです

本由美子様 先日は大変勉強になるお話をお聞かせいただき...

TK
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
公式④客単価を上げるには「品種」を増やす
イメージ

 Q4 客単価=品種数×品目数×品目当たり単価 について <全業態>ここで客単価を増やすとしたら、「品種...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

公式②「客数」と「客単価」なら、「客数」を増やす
イメージ

 Q2 売上高=客数×客単価 について <小売業・飲食業>小売業・飲食業で、1店舗あたりの売上を伸ばすと...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

経営戦略で一番重要な数字は”ROI”
イメージ

以前、経営戦略では「マネジメント=計測・数字管理することが重要」、というお話をしたんですが、今回は、その計測...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

「集客力を上げたい」なら、場所と商品を変える

「集客力を上げたい」「集客力を上げるにはどうしたらいいですか」という、経営者のお悩みをよく聞きます。は...

[ Q&A ]

90分で数字感覚は身につく(月に1回30分×3か月)

さて。ここまでたくさん数字をご紹介してきましたが。 人間はそもそも計算が苦手ですが... 人間は、...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ