コラム

 公開日: 2016-03-11  最終更新日: 2016-03-25

日本で一番わかりやすい経営戦略(4)新しい事業の落とし穴

前々回と前回で、次のような話をしました。
(1)今さらですが「経営」って何ですか?
(2)あなたは目標にたどり着く地図を持っているか?
(3)競合が少なくお客さんが多い道を探せ

そして、(3)の競合が少なくお客さんが多い道を探せでは、

 ◎先制主義:競合がいないビジネスチャンスを見つけること
 ◎マネジメント:計測すること

が大事だというお話しをしました。目先の戦術だけではなく、目標までの道筋が見えていることが大事、ということです。

でも、経営戦略には落とし穴が2つありますので注意してください。

落とし穴


経営戦略の落とし穴(1):過剰投資


一つは、「過大投資/過大借入」です。大きな目標にたどり着くには、現状のビジネスを大きく変化させる必要があります。新しい店を出したり、新しい工場をつくったり。このときに、早まって大きな借入をしないことです。

予想売上が月に100万円、年間1200万円で、利益が10%(年間120万)の事業を計画したとしましょう。
ここで年間120万の返済をする借入をおこしたとします。

あなたがラッキーで売上も順調に年間1200万、利益もちゃんと年間120万あればそれを返済できます。
でも、残念ながら売上が当初から思ったように上がらないというパターンであることが一般的です。(人は計画を立てるときに楽観的になります。)

また、売上が最初はよかったけど下がっていく、というパターンもよくあります。(特に、飲食店やケーキ屋さんなどは開店時が最も売上が高く、リピートするお客さんが少なければ、だんだん売上が減っていく可能性があります)

こうすると、借りたお金を返すのが苦しい、返済するために今日も必死にがんばる、返済しないといけないので、将来性がないビジネスをやめられない、といった苦しい状況になります。

こういった成否は、知識と経験である程度のところまでは読めますが、本当のところ、やってみないと分かりません。

ですから、新しいビジネスをしようと思ったら、試作品を作り、先に小さな規模で販売の実験をしてみること。既存のお客さん、知人・友人に売ってみる、ちょっとお客さんを開拓してみる、他社とよく比べてみる、お客さんのフィードバックをもらってよくないところは改善する、そういった「テストマーケティング」のステップをちゃん踏みましょう。投資は最小限に。

(たまに、パトロンさんがいて、その人が出してくれる、というパターンもありますねどね。それでも、やっぱり手順は踏んだほうがいいですよ。)

経営戦略の落とし穴(2):流行

もう一つの落とし穴は、「流行」です。
今後こんなニーズがありそうだ!と新しいビジネスを見つけた時に、それが一時的な流行なのか、安定的に伸びる確かなニーズなのかを確かめましょう。そうじゃないと、その流行が終わったときに、あなたのビジネスも終わりを迎えてしまいます。

見極め方のひとつは、その「新しい流れ」の源流をたどることです。一時的な流行の源流には仕掛け人がいて、その人(その団体。メディアや企業)が何かを流行らせたくて世の中を動かしている可能性があります。かつて「ロハス」という言葉が大流行しましたが、これはとある雑誌社が数億円の広告をかけて作ったブームでした。ふなっしーやくまもんなどのゆるキャラは、それぞれの自治体の「地域を活性化したい」という意図が働いて、あれだけ露出があったわけで、人々が生活の中で、心底求めているニーズとは違います。

また、防災・テロ・流行病などに関しては、そのニュースに触れたとたんに国じゅうが一斉に一時的に恐怖を見せます。だから、この恐怖に対応するための商品(例えばマスクや防災グッズ)がよく売れました。、でもこれは「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、一時的な現象です。

経営戦略の重要性、どうやって経営戦略を作るか、経営戦略の落とし穴、お分かりいただけましたか??

あなたも質問しませんか?<お問い合わせフォームをクリックしてお気軽にどうぞ。>

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
”経営を変える、人生が変わる” 経営変革をサポートする専門家
中小企業診断士 本 由美子 
◆ 最新情報はFacebookでどうぞ ◆ 公式WEBサイト

この記事を書いたプロ

株式会社Sente [ホームページ]

中小企業診断士 本由美子

東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL:0422-31-8003

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー等のご依頼
20160405がんばるやめれば経営はうまくいく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・セミナー・ワークショップ・講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・経営戦略、マー...

経営相談について

 ◎顧問・社外取締役 ◎有料相談 ◎補助金・助成金申請支援  ◎http://mbp-tokyo.com/sente/service1/無料相談

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
本由美子 もとゆみこ

創業・新規事業を勝てる戦略・実践的手法で成長へ導く(1/3)

 「ビジネスにおいて、『なんとかなるだろう』という楽観的な結論は正しいです。基本的に、なんとかなるだろう、しかないのですね。ですが、将来を見とおせず道筋が見えないままでは、経営は危険です」。小柄で可憐な見た目とは正反対の、内側からみなぎる熱...

本由美子プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ロジカルな分析力・リサーチ力・勝てる戦略・CF・数字に強い

会社名 : 株式会社Sente
住所 : 東京都三鷹市深大寺2-2-6-306 [地図]
TEL : 0422-31-8003

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0422-31-8003

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

本由美子(もとゆみこ)

株式会社Sente

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「サービス業は告知産業である」等の言葉は目からウロコが落ちる思いでした

本由美子 先生 先日の講演ありがとうございました。 終...

OO
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
公式④客単価を上げるには「品種」を増やす
イメージ

 Q4 客単価=品種数×品目数×品目当たり単価 について <全業態>ここで客単価を増やすとしたら、「品種...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

公式②「客数」と「客単価」なら、「客数」を増やす
イメージ

 Q2 売上高=客数×客単価 について <小売業・飲食業>小売業・飲食業で、1店舗あたりの売上を伸ばすと...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

経営戦略で一番重要な数字は”ROI”
イメージ

以前、経営戦略では「マネジメント=計測・数字管理することが重要」、というお話をしたんですが、今回は、その計測...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

「集客力を上げたい」なら、場所と商品を変える

「集客力を上げたい」「集客力を上げるにはどうしたらいいですか」という、経営者のお悩みをよく聞きます。は...

[ Q&A ]

90分で数字感覚は身につく(月に1回30分×3か月)

さて。ここまでたくさん数字をご紹介してきましたが。 人間はそもそも計算が苦手ですが... 人間は、...

[ 売上1億円を100億円にする公式 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ